タグ別アーカイブ: 側屈

腰痛と連動して悪化した頚痛 20代女性

【症例】20代女性

【初回日】’14年2月24日(施術回数1回)

【現病歴】
’10年に腰が痛くなりだしてから、首肩も痛み出すようになった。
痛みはストレッチで一瞬だけだが改善する。

【症状の確認】
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(+)左(±)
斜め前:右(+)左(+)
斜め後:右(+)左(+)

特に側屈で頭を横に倒した際に、倒したのと反対側の首に出る痛みが気になるとのことだったので、この痛みを効果判定の基準として優先することにしました。

【触診】
IMG_0335
〇:圧痛あり

左右の肩外兪穴と翳明穴に圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法に関する希望は特に無かったので、首肩の痛みで一番効果が出やすく、また効果の判定も容易な座位での施術を試みました。
まず側屈時の痛みだったので、経絡(皮膚のつながり)から左右の中渚穴にパイオネックス・イエローを貼付。
これで側屈時の痛みが少し改善しました。
次に圧痛を検出した左右の翳明穴にもパイオネックス・イエローを貼付。
これで側屈の痛みがほとんど無くなったので、その他の動きでも確認してみると、前屈、後屈、右斜め前屈&後屈での痛みも無くなっていました。
残った左斜め前屈&後屈に対しての施術を進めました。

まず、右合谷穴にパイオネックス・イエローを貼付。
これで左斜め前後屈の痛みが無くなりましたが、「左右の斜め後屈での詰まり感が残る」そうです。
触診の段階で圧痛を検出していた、左右の肩外兪穴にもパイオネックス・イエローを貼付。
すると、この左右の斜め後屈での詰まり感も消失しました。

【その後】
’14年3月1日にその後の状態について伺うと、「あれ以来調子が良い」とのことでした。

【所感】
この症例の時点ではそれほど気にしていなかったのですが、最近、首肩周りの動きの制限や痛みの原因として、肩外兪穴(肩甲挙筋)の辺りが非常に重要なのでは?と考えています。

階段を昇るのが辛い右腰痛 40代女性

【症例】40代女性

【初回日】’15年11月7日(施術回数1回)

【現病歴】
’15年10月下旬から右の腰が痛み出した。
7年間やっているエアロビで捻ったことが原因として思い当たる。
発症当初よりは痛みは改善してきている。
痛みはマッサージを受けると改善し、動かないでいれば痛みは出ない。
逆に走ったり、階段を昇る動作で痛みが出る。
医者ではレントゲン撮影で「骨には異常が無い」「中臀筋の痛み」と言われ、湿布と鎮痛剤が処方された。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(+)左(-)

〈階段昇降〉
昇:(+)
降:(-)

〈仰臥位〉
足振り:右(-)左(+)
膝倒し:右(-)左(+)

【触診】
IMG_0325
◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

痛みを感じている右腰には圧痛は検出できませんでした。
逆にお尻の横側(側臀部)の上方、筋肉で言うと「中臀筋の起始部」辺りに強圧痛と圧痛を検出できました。

【施術】
マッサージや体操での施術を希望されたので、まずうつ伏せになってもらい、圧痛を検出した部位を中心に臀部全体にマッサージを施しました。
十分に筋肉がほぐれたのを確認して、施術前と同様に痛みの確認を行いました。
すると、階段を昇る動作でまだ痛みが残るものの、それ以外は痛みが無くなっていました。
階段を昇る動作での痛みも「10あった痛みが3まで減った」とのことです。

最後に、今回の腰の痛みの原因について「医者の診断どおり、筋肉、特にお尻の筋肉が硬いことが根本的な原因の可能性が高い」と説明し、筋肉を軟らかく保つために「意識的に体を動かすこと」をお勧めして、初回を終了しました。

旅行後に発症した側屈と回旋で生じる腰痛 50代女性

【症例】50代女性

【初診日】’15年3月24日(施術回数1回)

【現病歴】
’05年頃から時々腰が気になりだすようになり、昨日からかなり痛むようになった。
痛みは今朝が一番ひどい(来院時間は11時30分)。
最近の出来事だと、3月22日に旅行に行った先で、柔らかいマットレスで寝たことが原因として思い当たる。
1990年頃に育児でずっと中腰だったことも影響しているかもと考えている。
痛みは動いていると楽になる気がする。
腰痛で病院に行ったことはない。

【既往歴】
30代の時、肩の辺りに帯状庖疹が出て、それ以来発疹が出た箇所が時々痛む。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(+)左(-)

〈仰臥位〉
足振り:右(-)左(+)
膝倒し:右(+)左(-)
上体起こし(-)

【触診】
IMG_0293
〇:圧痛あり
✖:圧痛無し

痛みを感じる腰には圧痛は無く、右臀筋の起始部に圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法に関する希望は特に無く、鍼も一度しか受けたことがないとのことだったので、まずは仰臥位で右臀筋に対して入念にストレッチを施しました。
ベッド上で右への足振りと左への膝倒しを行うと、それぞれ痛みが無くなっていました。
起き上がってもらい左側屈と右回旋してもらうと、こちらも痛みが無くなっていました。
時間が余ってしまったので、仰臥位になってもらい頭顔面部へのマッサージと揺らしを施して施術を終了しました。

横に曲げると痛みが生じる右腰痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’15年5月25日(施術回数1回)

【現病歴】
’15年5月12日に軽いお盆を持った際に体を捻り、それ以来右の腰に痛みを感じる。
発症当初よりは痛みは良くなっているが、治り切らない。
カイロプラクティックに掛かってみたが、「ぎっくり腰の軽い物、時期に良くなる」と言われた。

【疼痛部位】
IMG_0292

【既往歴】
特に無し。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(-)左(-)
靴下を履く動作:右(+)左(+)

〈仰臥位〉
足振り:右(+)左(+)
膝倒し:右(-)左(+)
上体起こし(-)

【触診】
IMG_0291

〇:圧痛あり
✖:圧痛無し

右中臀筋起始部と左屈伸穴付近に圧痛を検出できました。
腰(腰部脊柱起立筋)には圧痛は検出できませんでした。

【施術】
施術方法に関する希望は特にありませんでしたが、鍼は受けたことがないとのことだったので、まずはストレッチでの施術を試みました。
右臀筋に入念にストレッチを施すと、左足振りと左膝倒しでの痛みが無くなっていました。
更に、左臀筋にストレッチを施そうとしましたが、ストレッチの体勢を取ると腰に痛みが出るので、右側臥位で左臀筋にマッサージを施しました。
再び仰臥位になってもらい左臀筋にストレッチを施すと、今度は痛みなく施術できました。
左臀筋をストレッチでほぐした後に、再度ベッド上で腰の状態を確認すると、右への脚振りで痛みが出ます。
再度、右臀筋にストレッチを施すと、この右脚振りでの痛みも無くなりました。
ベッド上での痛みがほとんど無くなったので、起き上がってもらい立位での腰の状態を確認。
左右側屈での痛みは無くなっていましたが、靴下を履く動作ではまだ痛みが残ります。
「かなり楽になった」とのことだったので、初回の施術を終了しました。

【その後】
約1か月後の7月4日に頚肩の痛みで来院された際に腰の様子を伺うと、「右腰は痛みは無い」とのことでした。

抱っこで生じた右頚部の痛み 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’17年2月21日(施術回数1回)

【現病歴】
3日前の2月18日の夕方から首が痛くなりだした。
横を向いたり、左に捻ると痛む。
子供を抱っこしたことと、疲労が原因として思い当たる。
痛みの程度は発症時からほぼ平行線で、湿布を貼ったり、睡眠後は楽になる。
新しい仕事を始めてまだ間もないので、なるべく早く痛みを改善させて仕事に集中できるようにしたい。

【既往歴】
20代で自然気胸。

【触診】
IMG_0272
右の天柱穴と肩外兪穴に強圧痛、曲池穴、巨骨穴、合谷穴といった箇所に圧痛を検出できました。

【症状の確認】
頚部の動き
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(+)
※痛みは全て右側に出ます。

【施術】
弱い刺激での施術を希望されたことと、触診時の押圧ですら痛がったことから鍼での施術を選択。
まず伏臥位で圧痛を検出した天柱穴や肩外兪穴を中心に僧帽筋上部線維、曲池穴、合谷穴に単刺術を施しました。
起き上がってもらい頚を左回旋してもらうと、可動域が広くなったものの痛みは「最初と変わらない」とのこと。
座位のまま痛みを感じるという、頚百労穴に運動鍼を施すと、可動域が更に広がり、痛みも「少なくなった」とのこと。
咬筋が右の方が発達していたことと、奥歯も右の方がすり減っていたことから、夜間に食い縛りがあることが考えられ、それが頚の筋肉を硬くしている可能性について説明。
筋肉を柔らかく保つために、頚周りの保温と運動を心掛けるよう指示しました。
説明後に再度頚を動かしてもらうと、少し冷えたせいか痛みが再燃していたので、把握揉捏や手掌軽擦で頚部を刺激して温めると痛みが改善しました。

【その後】
9日後にお電話で「スッカリ良くなった」とご報告いただきました。

起床時に痛む左腰痛 70代男性

【症例】70代男性 運転手

【初診日】’16年11月14日(施術回数1回)

【現病歴】
’16年11月1日から左の腰に痛みが出始めた。
20年前にくしゃみでぎっくり腰になったことがあるが、今回は思い当たる節がない。
体を動かしていると楽になるが、起床時や運転中に痛みが悪化する。
整骨院では「座りっ放しがよくない」と言われた。
11月6日に整骨院の施術で改善したが、翌日から再度痛み出した。
知人に「腰痛には鍼が効く」と言われたので、鍼を受けたい。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(-)
靴下を履く動作:右(-)左(+)

〈仰臥位〉
脚振り:右(-)左(+)
レッグレイズ:右(-)左(+)
上体起こし(+)

【触診】
img_0260
〇:圧痛あり
✕:圧痛無し

左の腰部と鼡径部、更に左右の中足骨間部に圧痛を検出できました。

【施術】
まずは仰臥位で単刺術を左右の中足骨間部に施しました。左のレッグレイズでの痛みが改善しました。
次に臀筋のペアストレッチを施しました。しかし左に脚振りすると、まだ左腰に痛みが出ます。
「もうちょっと良くなってもいいはずなんだけどなぁ」と思いながらも、手を止めずに左鼡径部に指圧を施すと左脚振りでの痛みが無くなりました。
起き上がってもらい症状を確認すると、前屈、後屈、左側屈、靴下を履く動作での痛みがありませんでした。

施術後に「筋肉が硬くなったことによる痛みだったと思います」と説明し、仕事の合間に体操するよう指示して初診を終了しました。

抱っこによって生じた急性腰痛 20代男性

【症例】20代男性

【初診日】’14年2月2日(施術回数1回)

【現病歴】
昨日の夜から急に腰が痛み出した。
疲労と生後2ヶ月の子供を抱っこしたことが原因として考えられる。
一昨年、引越し作業でギックリ腰になったが、それは1週間休んだら治った。

【痛みの確認】
立位では後屈で左腰に、右側屈で腰の中央に痛みが出ます。
前屈、左側屈、左右回旋では痛みは出ません。

仰臥位ではSLRと股関節を屈曲させる時、下肢を自力で挙上させると腰に痛みが出ます。
右のソケイ部に圧痛があります。

【治療】
仰臥位で右ソケイ部を指圧すると、股関節屈曲での痛みが無くなり、SLRでの痛みが背骨上のみになりました。
右崑崙にパイオネックス・イエローを貼付すると、SLRでの痛みが無くなりました。

伏臥位で左右の膝を屈曲させると、右膝屈曲で腰に痛みが出ます。
右足臨泣にパイネックス・イエローを貼付すると、この痛みが無くなり、立位での後屈も痛みも無くなっていました。
まだ右側屈での腰の中央の痛みがあります。

左足臨泣・太衝へのパイオネックス、左F5’・2’へのピソマⅡそれぞれで右側屈での痛みが減弱しました。

左側屈のストレッチをしてもらうと、若干痛みがぶり返してしました。

伏臥位で腰陽関と下命門にパイオネックス・イエローを貼付すると、カエルでの痛みが無くなり、ベッドの昇降、寝返りでの痛みが無くなりました。

臀部の刺激で著効した腰の奥の痛み 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’14年3月5日(施術回数1回)

【現病歴】
3年前の出産後から不定期に腰痛になり、腰痛時は同時にお尻付近のシビレもある。
今回は昨年12月から腰周囲がしびれ、左足後面全体に電気が走ったような痛みが出たりダルさがある。
運動量と痛みの程度に関連は無いように感じている。
自転車から降りる瞬間に激痛が走る。

【痛みの確認】
腰の前屈で左足に、左側屈で左脇腹に、仰臥位で左腰に痛みが出ます。
後屈、右側屈、左右回旋、立位から座位への動作、座位から立位への動作では痛みがありません。

痛みを感じる場所を押しても痛みは無く、「その奥の方が痛む」とのことですが、大臀筋の起始部(屈伸穴付近)に激痛の圧痛点があります。

【治療】
右側屈のストレッチを行うと、左側屈の痛みが軽減し、股関節揺らしを行うと仰臥位の痛みが無くなりました。

ここで再度、前屈動作をしてもらうと、前に倒しきった時点では痛みが無くなりましたが、倒していく途中で左腰に痛みがあります。
座位で靴下を履く動作をしてもらうと、左足を上げた時だけ左腰に痛みがあります。

要するに腹圧が高まった時に痛みを感じているようです。

左屈伸部3点にパイオネックス・イエローを貼付すると、靴下履くように脚を持ち上げた時の痛みが軽減しました。

座位で腰椎を伸展させるとまだ左腰に痛みが出ます。
ソケイ部を指圧しながら伸展してもらいましたが、痛みに変化はありませんでした。

屈伸部にもう1点圧痛点を検出し、そこにパイオネックス・イエローを貼付すると、座位での後屈、靴下を履く動作での痛みが無くなりました。

左臀部の筋緊張が今回の腰痛に原因だと思われること、自分で左臀部をさすったり、ストレッチするよう指導して治療を終了しました。

【感想】
最近こういった前屈の途中で痛みを感じる方を診る機会が多く、そのほとんどが屈伸部の刺激で改善しています。
腹筋と臀筋での前後のバランスのくるいによる腰痛なのでしょうか。

長時間の立ち仕事後に生じた腰痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’14年1月28日(施術回数1回)

【現病歴】
昨日長時間立ち仕事をしていたら腰がジンジン痛むようになった。
痛みはあったがその後も仕事を続け、帰宅途中に徐々に悪化してきた。
2年前にはギックリ腰になったころがある。
横になると楽だが、歩くと痛みが悪化し、お風呂に入って体を温めても変化はない。
2年前も足に鍼をしてもらったら、痛みが無くなったそうで、鍼での治療を希望される。

【痛みの確認】
後屈、左側屈・回旋、前屈の途中で痛みが出ます。
前屈しきってしまうと痛みがなくなります。
また痛みのためか、まっすぐに立つことができません。

【施術】
仰臥位で足臨泣を刺激しながら脚を左右に動かす(立位での側屈と似た動き)と、痛みが減ったので、同部位に刺鍼。
更にF5に3~4壮施灸するとこの動きでの痛みが無くなりました。
立ち上がってもらい痛みを確認すると、まっすぐ立てるようになり、前屈での痛みがなくなり、後屈、左側屈・回旋での痛みも減っています。

もう一度足臨泣周囲を丁寧に触診すると、激痛の圧痛点を検出したので、同点にパイオネックス・イエローを貼付。
すると後屈、左側屈・回旋での痛みがなくなりました。

揺らしを行い、肩こり体操をお伝えして治療を終了しました。

10日後に様子を伺うと、少し痛むそうですが、長時間座った後に立ち上がる時くらいだそうなので略治としました。

腰椎分離症と言われた腰の真ん中の痛み 10代男性

【症例】10代男性

【初診日】’14年1月20日(施術回数1回)

【現病歴】
去年11月から腰の痛みがあり、1週間前に激しく動いた後から腰の痛みが良くならない。
病院では腰椎分離症と言われた。

痛みは休息で改善し、運動すると悪化する。
以前は腰の横に痛みを感じていたが、ストレッチで改善していた。
今回はストレッチしても痛みが良くならない。

【既往歴】
中学生の時から腰椎分離症と言われている。

【痛みの確認】
立位で後屈、左右側屈させると腰の真ん中に痛みが出ます。
前屈、左右回旋では痛みは出ません。

【触診】
痛みを感じる部分を押圧すると痛みがあります。

【施術】
圧痛を検出した右大腸兪にピソマⅢを貼付すると、左右側屈の痛みが無くなり、後屈の痛みも左に移動しました。

細かく触診すると左外関元兪に圧痛を検出。
同点にピソマⅢを貼付すると、後屈時の左腰の痛みも消失しました。

もし再発してしまった場合は、患部にピソマを貼付するよう指導して治療を終了しました。

一穴で消失した後屈・座位での右腰痛 10代男性

【症例】10代男性

【初診日】’14年1月20日(施術回数1回)

【現病歴】
半年前から右の腰が特にぶつけたりした訳でもないが痛む。
部活をしているのでその疲労が考えられるとのこと。
座る姿勢で痛みが増悪する、痛みの程度は発症時からあまり変化がない、練習はできている、そうです。

【痛みの確認】
立位で腰を後屈、左側屈させると右の腰に痛みが出ます。
前屈、左右回旋、右側屈では痛みは出ません。
座るとすぐに痛みが出ます。
座ったままの前屈、後屈では痛みはありません。

【治療】
右大腿部全面のストレッチをしてもらいますが、後屈に痛みには変化がありませんでした。
右衝陽にパイオネックス・イエローを貼付すると、後屈、左側屈、座位での痛みが消失しました。
運動をしているので動きに無理があると再発することがあることと、大きな筋肉を使った方が理想的な動きであることを説明し、再発時も自分で衝陽のあたりをマッサージするよう指導して治療を終了しました。

施術当日の夜に再発してしまった左腰痛 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’14年1月4日(施術回数1回)

【現病歴】
大晦日に腰に激痛が走り、1月3日には何とか動けるようにはなったが、家事がほとんどできず困っている。
体を温めると痛みは楽になるが、椅子に座っていると痛みが悪化する。

【痛みの確認】
立位で腰の前屈、後屈、右側屈で左の腰に痛みが出ます。
左側屈、左右回旋では痛みはありません。
座位で前後屈しても左腰に痛みが出ます。
痛みを感じている部分を押しても痛む点は特に無く、むしろ気持ちいい程度でした。

【治療】
座位が辛いとのことなので、操体法による治療を試みました。
股関節揺らしでは腰に痛みはなく、膝倒し、カエルでも痛みはありませんでした。
再度ベッド上で前後屈してもらうと、まだ左腰に痛みがありました。
ソケイ部を母指で押すと痛みがあったので、押圧したまま前後屈してもらうと左腰の痛みが軽くなったので、そのまま前後にゆっくり3回動いてもらいました。
母指の押圧を無くした状態で、ベッド上での前後屈で痛みがないことを確認してから立った状態で動いてもらうと、先ほど痛みがあった前後屈、右側屈、座位での痛みが消失していました。
約4日間ろくに動いていないので、2~3日は控えめに動くこと、股関節揺らしを励行するよう指導して、治療を終了しました。

4日後に様子を伺うと、治療当日の夜に痛みがぶり返してしまったそうです。

寝違え以来1週間続いた左腰痛 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’13年9月21日(施術回数1回)

【現病歴】
1週間前に寝違えてから左腰に重たい痛みがあり、足にシビレも感じる。
一日の中では寝起きが最もつらく、お風呂に入ると少し良くなる。

【痛みの確認】
立位の前屈と左側屈で右腰に、後屈、右側屈で左腰に痛みが出ます。
左側屈、右回旋では痛みがありません。
座位で腰を反らしても左腰に痛みが出ます。

【治療】
座位で左ソケイ部を指圧すると、後屈時の痛みが右腰に移りました。
右外衝陽にパイオネックスを貼付すると、後屈時の痛みの「位置が変わった」そうです。
更に右志室にパイオネックス・イエローを貼付すると、後屈、前屈、右側屈、左回旋での痛みが無くなりました。

9日後に右肩の痛みで来院されましたが、腰の痛みはほとんど無いとのことでした。

3日間会社を休んだ左腰痛 50代男性

【症例】50代男性

【初診日】’13年9月19日(施術回数1回)

【現病歴】
9月17日に腰痛のため動けなくなり、今日まで3日間会社を休んでいる。
8~10年前にも同じ場所を痛めたことがある。
特に思い当たる原因はない。
医者にはかかっていないが、中国の鍼、整体で多少良くなり、背中が丸まっていたのが、真っ直ぐになった。

【痛みの確認】
立位で前屈、後屈、右側屈、右回旋で左腰に痛みが出ます。
左側屈・回旋では痛みがありません。

座位では前後屈では痛みがなく、側屈と回旋は立位と同じ姿勢で痛みが出ます。
腰を押しても痛む点は特にありませんでした。

【治療】
左足臨泣にパイオネックス・イエローを貼付すると、右回旋・側屈の痛みが無くなりました。
前後屈の痛みは変化がありません。

左崑崙にパイオネックス・イエローを貼付すると、後屈の痛みが無くなりました。
前屈の痛みだけが残りました。

左委中の指圧・小趾々端(十宣)のソマレゾンでは前屈時の痛みに変化がありません。

伏臥位で左腰眼・屈伸・太谿・崑崙に刺鍼すると前屈の痛みも無くなりました。

施術後、「真っ直ぐ立てる!」と喜んでいただきました。

20年近く患った原因不明の右腰痛 50代男性

【症例】50代男性

【初診日】’13年8月18日受診(施術回数1回)※以前に腹部の症状で来院

【現病歴】
20年程前から痛み出し、整形外科でレントゲンを撮ったが、特に問題は見つからなかった。

【痛みの確認】
前後屈、左側屈、左右回旋で右腰に痛みが出ます。
右側屈では痛みは出ません。

【治療】
股関節揺らし、操体法の膝倒し、カエルを行うと、前屈の痛みが減り、右回旋では痛みが無くなりました。
後屈、左側屈・回旋では痛みががかなりあります。

座位で右京門と大腸兪に2点ずつパイオネックス・イエローを貼付すると、座位での左側屈の痛みが減りましたが、立位ではまだ痛みが出ます。

左足臨泣にパイオネックス・イエローを貼付すると、立位での左側屈の痛みが改善しました。
同時に「胃のあたりも少し楽になってきた」そうです。

バレーボールのレシーブ動作で生じる腰痛 20代男性

【症例】20代男性 バレーボール部所属

【初診日】’13年8月19日(施術回数1回)

【現病歴】
3年前の大学入学時に受験勉強で体を動かしていない状態からいきなり練習を開始して以来、左右の腰の痛みが消えない。
痛みは捻る際が一番ひどく、椅子に座っていても痛むことがあり、プレー中はレシーブ動作が一番痛む。
整骨院には定期的に通っている。

【痛みの確認】
前屈、右側屈、左右回旋で右腰に、後屈とレシーブ動作で左右の腰に痛みがあります。
左側屈だけは痛みがありません。

【施術】
再発時にも自力で対処可能なように、まずは操体法の股関節揺らし、膝倒し、カエルを行いました。
前屈とレシーブ動作での痛みが無くなりましたが、後屈、右側屈、左右回旋の痛みは残り、右回旋が最も痛むとのこと。

右足臨泣・外衝陽・太衝へのパイオネックス・イエロー、右行間へのソマレゾン、右孔最へのソマセプトで右回旋の痛みが減り、左右の衝陽へのパイオネックス・イエローで、その次に気なっていた後屈時の痛みも消失しました。

操体法を励行するよう指導して治療を終了しました。

腰を刺激せずに著効した疲労による腰痛 50代女性

【症例】50代女性

【初診日】’13年4月30日(施術回数1回)

【現病歴】
4日前の仕事終わりに左腰に違和感を感じだし、その後日に日に痛みが増している。
昨日が痛みのピークだった。
人を抱えて運ぶ作業がここ2~3日続いたことが原因として考えられる。
動き始めが特に痛む。
整形外科にはかかっていない。

【痛みの確認】
後屈で腰全体、右側屈で腰の中央、左側屈で右腰、左右回旋で左腰に痛みが出ます。
前屈では痛みはありません。

【治療】
左足臨泣へのパイオネックス・イエローで右側屈、右F5へのピソマⅡで左回旋での痛みが減りました。
百会に単刺術を施すと左回旋での痛みは無くなりました。

操体法を試みようと仰向けになったもらい、股関節揺らしと膝倒しをしようとすると、全ての動作で痛みがありました。

百会にもう一度単刺術すると、左右の膝倒しが楽になりました。
左右尺沢へのソマセプトと、再度の百会の単刺で膝倒しでの痛みは無くなりました。

ここで立位での動作を確認すると、左右側屈と靴下を履くように右脚を上げると、右腰に痛みが出ますが、それ以外は痛まなくなっていました。

右崑崙にパイオネックス・イエローを貼付しましたが、右側屈の痛みに変化はありません。

右足臨泣にパイオネックス・イエローを貼付すると、左側屈が痛くなくなりましたが、まだ右側屈で痛みが出ます。
左陽稜泉にパイオネックス・イエローを貼付すると、右側屈での痛みが無くなり、右脚を上げても痛みは出なくなりました。

少し休んだだけで筋肉は衰えていること、仕事には徐々に復帰するよう指導しました。
帰り際「楽になった」と仰っていただきました。

3日後に様子を伺うと、翌日に少し痛みが出たそうですが、それ以降は痛みがないとのことだったので略治としました。

1つのツボで改善した右側屈時の右腰痛 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’13年2月15日(施術回数1回)

【現病歴】
先週からずっと右の腰が痛む。
ジワジワ痛み出し、ピークは過ぎたが治りきらない。
以前ヨガで治ったことがあり、試したが今回は悪化してしまった。
姿勢が悪いことが原因かもしれない。

【痛みの確認】
右側屈で右腰に痛みがありますが、前屈、後屈、左側屈、左右回旋では痛みはありません。

【治療】
左側屈のストレッチをやってもらうと痛みの範囲が狭まりました。

股関節揺らしと操体法の膝倒しとカエルを行いましたが、右側屈の痛みは変わりませんでした。

左足臨泣を指で押してみましたが、これでも痛みは変わりません。

右足臨泣を指で抑えると右側屈の痛みが無くなったので、同点にパイオネックス・イエローを貼付しました。

時間が余ってしまったので後頚部の指圧と指もみ、揺らしを施し、股関節揺らし、膝倒し、カエルの励行、スクワットと腹筋(運動不足のため)を行うよう指示して治療を終了しました。

疲労によるギックリ腰 50代男性

【症例】50代男性

【初診日】’13年1月2日(施術回数1回)

【現病歴】
1週間前に寝不足のまま畑仕事をしていたら、急に腰が痛くなった。

【動作時の痛みの確認】
椅子に座った状態では痛みがないが、立つと腰の真ん中が痛くて真っ直ぐに立てず、腰が80度くらい曲がってしまう。

【治療】
正中線上の痛みなので、百会穴に数回鍼すると、それだけで仰向けになれました。

股関節の揺らしを行い、立って痛みが無いか確認してもらうと、左右側屈で両腎兪付近に痛みがあるとのことなので、左右の崑崙を押圧しながら再度側屈してもらうと、痛みがないとのことなので同点にパイオネックスを貼付。

「疲労による痛みだと思いますので、恐らく再発することはないと思います」と説明して、治療を終了しました。

1ヶ月後にお会いした際に様子を伺うと、あれ以来腰が痛くなることはないそうです。

「老人性」と言われた育児で生じた右腰痛 50代女性

【症例】50代女性

【初診日】’12年12月11日(施術回数1回)

【現病歴】
孫3人と同居しており、3人とも育児が必要で、そのためか常に腰に重い感じがある。
病院では老人性の腰痛と言われた。

【動作時の痛みの確認】
腰の前屈は痛みが無く、後屈、左右の側屈、左右の回旋で右腰に痛みがある。

【治療】
操体法を4種行うが、後屈の痛みが減った程度の改善でした。

患部を触診すると、右大腸兪付近に2点圧痛を検出しました。
同点にパイオネックス・イエローを貼付すると、すべての動作で痛みが消失しました。

時間が余ったので、右足親指と左膝の治療も行いました。

再発しても治療いらずになった腰痛 20代男性

【症例】20代男性

【初診日】’12年12月1日(施術回数1回)

【現病歴】
高校時代運動部に所属していてそれ以来腰の痛みが常にある。
牽引やバランスを整える筋トレを行ったが痛みは変わらない。

【動作時の痛みの確認】
腰の前屈、後屈はそれほど痛みが無く、右側屈と左右の回旋動作で左腰に痛みがある。

【治療】
現在も運動を続けていて、再発の可能性があると考えられたので、再発時も自力で回復できるよう操体法による治療を試みました。
股関節揺らし、膝倒し、うつ伏せでの腿上げを行ってもらい、再度痛みを確認するとすべての動作で「10から3に減った」とのこと。
左足臨泣にパイオネックスを貼付すると、3あった痛みも消失。
操体法の復習を行い、普段から行うよう指導して治療を終了しました。

【その後】
偶然会った際に様子を伺うと、「痛くなったら体操をして治している」とのことでした。

痛む動作と反対に動くだけで改善した右腰痛 20代男性

【症例】20代男性

【初診日】’12年11月24日(施術回数1回)

頭痛が主訴でしたが、腰も痛むとのことだったので治療しました。

【現病歴】
仕事で前屈みになる時間が長いせいか夕方以降腰が痛くなってくる。

【痛みの確認】
左側屈と右回旋で右腰に痛みが出ます。
前後屈、右側屈、左回旋では痛みは出ません。

【施術】
側屈、回旋ともに痛む動作と反対方向にストレッチすると痛みが無くなりました。

【感想とか】
恐らく仕事中の無理な姿勢による筋緊張からくる痛みだったと思われます。
この場合、仕事中の姿勢を見直さない限りは根本的な解決にはなりません。
ただすぐに姿勢を変えられかは、職場の環境などの条件が整うまでできないこともありますので、とりあえず「痛む動きと反対方向にストレッチする」ことで痛みが軽減・消失することを知っておくことも重要だと思います。