タグ別アーカイブ: ヘルニア

「ヘルニア予備軍」と診断された右鼡径部から大腿に広がる痛み 40代男性

【症例】40代男性

【初回日】2018年10月4日(施術回数2回)

【現病歴】
2018年8月末日の起床時から右の脚の付け根(鼡径部~大腿部)に痛みを感じるようになった。
思い当たる原因としては、前日の夜に開脚の柔軟体操をしたことくらいしだが、これも今年の始め頃から習慣として行っていることなので、いつもと違うことをやった訳ではない。
普通に立っている分には全く問題はない。
前屈みになったり、しゃがんだりすると痛みが出る。
日によっては、寝る時にも痛みが出る。
9月20日頃に整形外科を受診し、レントゲン検査の結果「ヘルニア予備軍」と言われ、安静を指示された。
週末(3日後)に子供の運動会があり、親として参加するプログラムがあるので、できればそこに参加したい。
症状がよくなれば方法は何でも構わない。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(±)左(-)
回旋:右(-)左(-)

しゃがむ(+)
腿上げ:右(-)左(-)

〈仰臥位〉
足上げ:右(-)左(-)
上体起こし(+)

〈側臥位〉
右(-)左(+)

【触診】

◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

右の大腿部には圧痛が検出できなかった一方、右の鼡径部と側腹部、臀部に圧痛を検出できました。
特に右側腹部は強圧痛でした。

【施術】
「痛みを感じる部分は脚の付け根(鼡径部)から太腿(大腿部)とのことですが、腹圧が掛かる運動をした際に痛みが生じているので、押して痛かった部分の筋肉には腹圧を上げる働きがあるので、そういった筋肉をストレッチやマッサージで柔らかくすれば、痛みは軽くなると思います」と説明。
また触診時のリアクションから、やや圧刺激に敏感な様子だったので、まずはストレッチで臀部の筋肉をほぐし、その後にマッサージで臀部をほぐすことを提案し、承諾をいただきました。

まず仰向けになってもらい、右臀筋にストレッチを施しました。
可動域が増し、筋肉が柔らかくなったのを確認してから、次にうつ伏せになってもらいました。
この体勢で右臀部と側腹部にマッサージを施しました。
もう一度仰向けになってもらい、右足部にマッサージを施しました。
起き上がってもらい、最初と同じ様に痛みの確認をしました。
前後屈共にまだ痛みがありましたが、しゃがむ動作では痛みが無くなっていました。
ベッドに腰掛けてもらい、右の鼡径部周囲を触診すると大腿筋膜張筋の筋腹部にも圧痛が検出できたので、同部位と鼡径部にマッサージを施しました。
再度、前後屈をしてもらうと、前屈での痛みは消失し、後屈も痛みが残るものの、可動域は増していました。
更に左側臥位での痛みも消失していました。

最後に「今日の施術で痛みは軽くなりましたが、1か月以上も運動に制限があったので、3日後の運動会で急に激しい運動をすると、再発したり別の場所を痛めるリスクが高いです。最終的にやるかやらないかの判断はお任せします」と説明し、初回を終了しました。


《第2回》2018年10月6日(初回の2日後)

【経過】
「前屈みがまだ辛いが、100あった痛みが30くらいまで減り、寝る時の痛みも無くなってきて、だいぶ良くなった」
「明日の運動会は出ない事にしたが、11月中旬に1km走るイベントがあるので、そこまでには回復したい」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(±)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(-)
斜め前屈:右(-)左(-)

※斜め前屈は腰の負担が大きい体勢なので、普段は行わないのですが、通常の動作では痛みが確認できなかったので追加しました。

〈仰臥位〉
足上げ:左右(+)
上体起こし(+)

【施術】
基本的には初回と同様の考えで行おうと思いましたが、より痛みが少ない鍼施術を提案し承諾をいただきました。

まずはうつ伏せになってもらい、屈伸穴などの右臀部と帯脈穴に単刺術を施し、その後、同部位にマッサージを施しました。
仰向けになってもらい、上体起こしと脚上げを行ってもらいましたが、前者は痛みが残りましたが、後者は痛みが消失していました。
更に仰向けのまま右膝を立てた状態で右鼡径部にマッサージを施したところ、上体起こしでの痛みがさらに改善し、「(前回施術前が100だとしたら)今は10~20まで軽減している」とのことでした。

最後に仰向けでの臀筋のストレッチを指導し、「11月に1km走るのは全く問題無いと思います」と伝え、施術を終了しました。

「軽度のヘルニア」と言われた腰痛 30代男性

【症例】30代男性 会社員

【初回日】2017年8月5日(施術回数2回)

【現病歴】
学生でバスケットボールをやっていた2002年頃から腰痛を感じ始めた。
特に運動後に腰に疲労感を感じる。
病院ではMRIの結果「軽度のヘルニア」と言われた。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(+)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(+)左(±)
靴下を履く動作:右(-)左(±)

後屈、右側屈、右回旋では腰の中央に、左側屈では右腰に痛みが出ます。

【触診】

〇:圧痛あり
×:圧痛なし

痛みを感じる腰には、志室穴の辺りに圧痛を検出できたものの、それ以外には圧痛を検出できませんでした。
一方、臀筋の起始部には、左右共に広範囲に圧痛を検出できました。

【視診】
臀部の筋量が少ない一方、ふくらはぎの筋量が多い。

【施術】
「鍼での施術が苦手」とのことだったので、ストレッチでの施術をお勧めし了解を得ました。
まずは仰向けになってもらい、左右の臀筋に入念にストレッチを施しました。
股関節の可動域が大きくなり、臀筋が柔らかくなったのを確認してから、起き上がってもらいました。
ここで最初と同じ様に動いてもらうと、後屈、右側屈、右回旋、左側屈での痛みが違和感程度にまで改善していました。

自宅でもできる臀筋のセルフストレッチを指導し、最後に座った状態で肩上部にマッサージを施して初回を終了しました。

《第2回》2017年8月14日(初回の9日後)

【経過】
「8月12・13日と車を片道2時間程度運転し、腰がだるくなった」
「眼にも疲労感がある」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(+)
側屈:右(-)左(±)
回旋:右(-)左(-)
靴下を履く動作:右(-)左(-)

長時間の車の運転があって、腰に重さを感じたそうですが、初回の施術前よりはだいぶ痛みが出る動きは少なくなっています。

【施術】
施術の方向性は間違っていないようだったので、初回同様、まずは仰向けになってもらい、臀筋のストレッチを入念に施しました。
次いで、うつ伏せになってもらい、臀部を中心に下肢全体と、眼精疲労のために肩頚背部にマッサージを施しました。
起き上がってもらい、痛みを確認したところ、後屈は違和感程度、左側屈は違和感が消失していました。

引き続き、自宅で臀筋のストレッチを行うよう指示して、施術を終了しました。

「椎間板ヘルニア予備軍」と診断された腰痛 20代女性

【症例】20代女性

【初回日】’14年2月24日(施術回数1回)

【現病歴】
4年前の学生時代から、腰に痛みを感じるようになった。
’10年に整形外科に掛かった際には「椎間板ヘルニア予備軍」と言われた。
’12年にはストレスも多大だったせいか、足を引きずりながら歩くくらいに痛みがあった。
痛みは、入浴後にストレッチをすると一瞬だけだが楽になる。
しかし、ストレッチをしないと寝付きにくいので、ストレッチはよく行っている。
逆に座りっ放しでいると、痛みが悪化する。

【副訴】
腰痛の影響からか、首肩にも重だるいコリ感がある。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(+)
側屈:右(-)左(±)
回旋:右(±)左(-)

後屈のみ明確に痛みが確認できたので、こちらを効果測定の目安としました。

【施術】
施術方法に関する希望は特に頂かなかったので、セルフ・ケアが容易な体操でまずは改善を図りました。
後屈で痛みが出る一方、前屈では痛みが無かったので、操体法の考えから立位のまま前屈のストレッチを軽く行ってもらいました。
可動域が大きくなって、筋肉が多少ほぐれてきたことが確認できた後に、再度後屈してもらいました。
すると、先ほどまであった痛みが消失していました。
「痛みは体からの『その方向には動かさないで』というサインだと思って、反対方向にストレッチすると改善することがあります」と説明し、腰痛が再燃した際には、痛みが出る方向とは逆方向へのストレッチを行ってみるようアドバイスしました。
腰への施術は以上で終了し、その後、副訴の首肩の痛みに対する施術を行いました。

【その後】
同年3月1日(初回の5日後)にお電話で腰の状態を伺うと、「首肩も含め、状態はいい」とのことでした。

【所感】
問診の段階で、患者が「入浴後のストレッチで痛みが改善する」、「座りっ放し、ストレスで悪化する」と言っているとおり、本症例の腰痛の原因は筋肉のコリ(硬化)だったと思われます。
ストレッチで改善したという事実も、そのことを支持していると思います。
なお、整形外科医がよく腰痛の原因として説明・診断する椎間板ヘルニアなどによる「神経の圧迫」で痛みが出ることも無くはないですが、かなり限定的なケースです。
「ヘルニアと診断されて痛みの改善を諦めている」という方は、是非一度鍼灸やマッサージをお試しください。
詳しくは、痛みの生理学「椎間板ヘルニアについて」もご覧ください。

妊娠してから続く腰痛 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’12年12月15日(施術回数1回)

【現病歴】
1年半前に妊娠してからずっと腰痛、背部痛がある。
今は育児で抱っこをする機会が多く、腰痛、肩こりが取れない。
3年前にギックリ腰をやって以来、年に数回ギックリ腰になる。
3年前のギックリ腰の時は腰椎椎間板ヘルニアと言われ、整骨院で1~2週に1度の間隔で2年近く治療を受けた。

【動作時の痛みの確認】
後屈で左右の腰に、左回旋で右の腰にそれぞれ痛みを感じます。
前屈、右側屈、左右回旋では痛みはありません。

【治療】
股関節揺らし、膝倒し、カエルを行うと、後屈・左側屈の痛みが改善しました。

残った痛みに対して左右衝陽にパイオネックス・イエローを貼付すると、
後屈・左側屈の痛みが無くなりました。

時間が余ってしまったので、首の痛みの治療、指もみ、揺らしを行い、股関節揺らし、膝倒し、カエルを日々励行するよう指導して治療を終了しました。