タグ別アーカイブ: 鼡径部

「ヘルニア予備軍」と診断された右鼡径部から大腿に広がる痛み 40代男性

【症例】40代男性

【初回日】2018年10月4日(施術回数2回)

【現病歴】
2018年8月末日の起床時から右の脚の付け根(鼡径部~大腿部)に痛みを感じるようになった。
思い当たる原因としては、前日の夜に開脚の柔軟体操をしたことくらいしだが、これも今年の始め頃から習慣として行っていることなので、いつもと違うことをやった訳ではない。
普通に立っている分には全く問題はない。
前屈みになったり、しゃがんだりすると痛みが出る。
日によっては、寝る時にも痛みが出る。
9月20日頃に整形外科を受診し、レントゲン検査の結果「ヘルニア予備軍」と言われ、安静を指示された。
週末(3日後)に子供の運動会があり、親として参加するプログラムがあるので、できればそこに参加したい。
症状がよくなれば方法は何でも構わない。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(±)左(-)
回旋:右(-)左(-)

しゃがむ(+)
腿上げ:右(-)左(-)

〈仰臥位〉
足上げ:右(-)左(-)
上体起こし(+)

〈側臥位〉
右(-)左(+)

【触診】

◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

右の大腿部には圧痛が検出できなかった一方、右の鼡径部と側腹部、臀部に圧痛を検出できました。
特に右側腹部は強圧痛でした。

【施術】
「痛みを感じる部分は脚の付け根(鼡径部)から太腿(大腿部)とのことですが、腹圧が掛かる運動をした際に痛みが生じているので、押して痛かった部分の筋肉には腹圧を上げる働きがあるので、そういった筋肉をストレッチやマッサージで柔らかくすれば、痛みは軽くなると思います」と説明。
また触診時のリアクションから、やや圧刺激に敏感な様子だったので、まずはストレッチで臀部の筋肉をほぐし、その後にマッサージで臀部をほぐすことを提案し、承諾をいただきました。

まず仰向けになってもらい、右臀筋にストレッチを施しました。
可動域が増し、筋肉が柔らかくなったのを確認してから、次にうつ伏せになってもらいました。
この体勢で右臀部と側腹部にマッサージを施しました。
もう一度仰向けになってもらい、右足部にマッサージを施しました。
起き上がってもらい、最初と同じ様に痛みの確認をしました。
前後屈共にまだ痛みがありましたが、しゃがむ動作では痛みが無くなっていました。
ベッドに腰掛けてもらい、右の鼡径部周囲を触診すると大腿筋膜張筋の筋腹部にも圧痛が検出できたので、同部位と鼡径部にマッサージを施しました。
再度、前後屈をしてもらうと、前屈での痛みは消失し、後屈も痛みが残るものの、可動域は増していました。
更に左側臥位での痛みも消失していました。

最後に「今日の施術で痛みは軽くなりましたが、1か月以上も運動に制限があったので、3日後の運動会で急に激しい運動をすると、再発したり別の場所を痛めるリスクが高いです。最終的にやるかやらないかの判断はお任せします」と説明し、初回を終了しました。


《第2回》2018年10月6日(初回の2日後)

【経過】
「前屈みがまだ辛いが、100あった痛みが30くらいまで減り、寝る時の痛みも無くなってきて、だいぶ良くなった」
「明日の運動会は出ない事にしたが、11月中旬に1km走るイベントがあるので、そこまでには回復したい」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(±)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(-)
斜め前屈:右(-)左(-)

※斜め前屈は腰の負担が大きい体勢なので、普段は行わないのですが、通常の動作では痛みが確認できなかったので追加しました。

〈仰臥位〉
足上げ:左右(+)
上体起こし(+)

【施術】
基本的には初回と同様の考えで行おうと思いましたが、より痛みが少ない鍼施術を提案し承諾をいただきました。

まずはうつ伏せになってもらい、屈伸穴などの右臀部と帯脈穴に単刺術を施し、その後、同部位にマッサージを施しました。
仰向けになってもらい、上体起こしと脚上げを行ってもらいましたが、前者は痛みが残りましたが、後者は痛みが消失していました。
更に仰向けのまま右膝を立てた状態で右鼡径部にマッサージを施したところ、上体起こしでの痛みがさらに改善し、「(前回施術前が100だとしたら)今は10~20まで軽減している」とのことでした。

最後に仰向けでの臀筋のストレッチを指導し、「11月に1km走るのは全く問題無いと思います」と伝え、施術を終了しました。

うつ伏せでくしゃみをして発症した左腰痛 10代男性

【症例】10代男性 野球部所属

【初回日】’17年5月20日(施術回数2回)

【現病歴】
5月17日にうつ伏せの状態でくしゃみをしたら、腰に激しい痛みが出た。
それ以前からも違和感はあった。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(++)
後屈(+)
側屈:右(±)左(-)
回旋:右(±)左(±)

※前屈での痛みが激しく、立っただけでも違和感があります。

<その他>
投球動作でも痛みが出ます

【施術】
まず仰向けで左の臀筋にペアストレッチを施しました。
次に仰向けのまま、左の臀筋の起始部を触診すると、いくつか圧痛点を検出できたので、同部位にマッサージを施しました。
起き上がってもらい、最初と同じように症状の確認を行いました。

〈立位〉
前屈(±)
後屈(-)
投球動作(-)

※投球動作での痛みの改善が主目的だったので、痛みがそれほど酷くなかった側屈と回旋は確認を省略しました。

投球動作での痛みがほとんど無くなったので、以上で施術を終了としました。
最後に「筋肉が硬くなったことによる腰痛の可能性が高いから、硬くならないようにこまめに動かすことと、冷やさないように気を付けること」を説明して初回を終了しました。

《第2回》’17年5月24日(初回の4日後)

【経過】
「5月21日に投球練習している時から痛み出し、その後、走った時に悪化した」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(-)

〈その他〉
投球動作(+)
仰向け寝(+)

投球動作での痛みが初回と同様にありますが、前屈での痛みは初回ほどではありません。

【施術】
初回と同様に、まずは左の臀筋にペアストレッチを施しました。
しかし仰向け寝での痛みがほとんど改善しませんでした。
「このまま臀筋にアプローチを続けても、大幅な改善は見込めないだろう」と判断し、「どこか別の部位に大きな問題があるのかもしれない」と考え、臀部の次に腰痛との関わりが深いと考えている、鼡径部を触診してみました。
すると、腸骨窩部、筋肉で言うと腸骨筋の辺りに強圧痛を検出できました。
そこで仰向けのまま左膝を立てた体勢になってもらい、同部位に対して腸骨筋が軟らかくなり、かつ圧痛が改善するまでマッサージを施しました。

「腸骨筋(右)の位置」※骨盤を前から見ています。

『プロメテウス解剖学アトラス初版』より

マッサージ後に再び仰向け寝してもらうと、この体勢での痛みが無くなっていました。
次に起き上がってもらい、最初と同じように症状を確認すると、以下の様になりました。

〈立位〉
前屈(±)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
※回旋は当初から痛みが無かったので省略。

〈その他〉
投球動作(-)

投球動作での痛みが無くなっていたので、以上で施術を終了し、最後に鼡径部のストレッチの指導をして第2回を終了しました。

【その後】
同年6月12日(第2回の19日後)に別の症状で来院した際に腰の状態について伺うと、「腰の痛みは無い」とのことだったので略治としました。

立ったり座ったり動作する際に生じる右腰痛 20代女性

【症例】20代女性

【初回日】’16年11月5日(施術回数1回)

【現病歴】
11月1日にぎっくり腰の様な痛みが右腰に出て、同3日に整骨院でマッサージを受けた。
翌11月4日に鍼施術も受けたが、痛みが取り切れない。
座った状態から立ち上がったりする際に痛みが出る。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(+)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(±)左(-)

〈体位変換〉
座位→立位(+)
立位→座位(+)

〈仰臥位〉
膝を伸ばすと曲げている時よりも痛む
足振り:右(+)左(+)
上体起こし(+)

動作時痛は全て右の腰に痛みが出ています。

【触診】
IMG_0322
◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

左右の大臀筋の起始部に強圧痛、右の仙骨孔部と鼡径部に圧痛を検出できました。

【施術】
2年前の腰痛時と同様、施術方法に関して特に希望は無いとのことだったので、前回と同様にストレッチとマッサージでの施術を試みました。
まず、仰向けで右の臀筋にストレッチを施し、右臀筋をほぐしました。
股関節の可動域が増したのを確認してから、仰向けで膝を伸ばしてもらうと、先ほどまでこの体勢で生じていた腰の痛みが無くなっていました。
次にうつ伏せになってもらい、右の臀部を中心に腰下肢にマッサージを施しました。
十分に筋肉がほぐれたのを確認してから起き上がってもらうと、仰向けになる直前(=上体起こしの姿勢)で右腰に痛みが出ました。
次に触診時に圧痛を検出した右の鼡径部にマッサージを施したところ、上体起こしでの痛みが腰の中央に移動したそうです。
痛みがだいぶ減ってきたので、起き上がってもらい立った状態での痛みを確認させてもらいました。

体位変換では座位→立位、立位→座位共に痛みが無くなっていましたが、左側屈と右回旋での痛みが残っていました。
痛みの範囲が狭まっていたようなので、痛む場所を聞きながら触診すると、右の仙骨孔部の圧痛と自覚的な圧痛部位がほぼ重なりました。
立位のまま同部位にマッサージを施すと、左側屈と右回旋での痛みが消失しました。
最後に再発予防のための臀筋のセルフストレッチの方法を指導して、施術を終了しました。

あぐらができない右鼡径部痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’17年5月13日(施術回数3回)

【現病歴】
’17年2月頃から徐々に右の鼡径部が痛み出すようになった。
今までにこういった痛みが出た事はない。
痛みで目が覚める事はない。
医者には掛かっていない。

【副訴】
’17年4月中旬に10kgの物を持ち上げようとしたら、右手首を痛めた。

【既往歴】
20歳の頃に顎関節症で手術。
30歳頃からバセドー病の薬を服薬している。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(+)左(+)

歩行(-)
腿上げ(-)
正座(-)
あぐら(+)

〈仰臥位〉
右股関節屈曲(+)

【触診】
IMG_0288
◎:強圧痛
〇:圧痛
✖:圧痛無し

右の側臀部と大腿内側に強圧痛、右の臀部と鼡径部、足甲部に圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法の希望は特に無かったものの、触診時にやや痛みに敏感な様子だったことと、股関節の屈曲で痛みがあったので、より痛みが少ない鍼での施術を提案し、了承いただきました。

まず腹臥位で右臀部に単刺術とマッサージを施しました。
仰臥位になってもらい、臀筋のストレッチを試みましたが、施術による痛みが強く断念。
代わりに、右の足甲部と大腿筋膜張筋筋腹部への単刺術、右の鼠径部と内転筋群へのマッサージを施しました。

起き上がってもらい、症状を確認したところ、あぐらと左右の側屈での痛みが減り、回旋での痛みは無くなっていました。


〈第2診〉’17年5月26日(初診の13日後)

【経過】
「鼡径部はだいぶ良くなり、あぐらの時だけ気になる程度」
「ストレッチをするようにしたせいか、日が経つにつれて改善していった」
「右手首の方が気になる」

【施術】
この日は右手関節の施術に終始。


〈第3診〉’17年6月16日(初診の34日後)

【経過】
「右手首、右鼡径部共に日常生活で大きな支障はない」

【症状の確認】
「右鼡径部」
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(-)

あぐら(+)

〈仰臥位〉
パトリックテスト(+)

【施術】
右大腿筋膜張筋筋腹部にマッサージを施しましたが、パトリックテストでの痛みに変化はありませんでした。
次に、臀筋のストレッチを痛みが強烈に出ない程度に施したところ、パトリックテストでの痛みが無くなりました。
起き上がってもらいあぐらの姿勢を取ってもらうと、良くはなりましたが、まだ痛みが残ります。
片足でのスクワットをしてもらうと、左の方が動揺が大きかったので、普段から左脚で立って、筋力のアンバランスを改善するよう指示。
臀筋のストレッチを指導して、最後に伏臥位で頚肩背部に軽くマッサージを施して、施術を終了しました。

もし、左脚の筋力が向上して、左右のバランスが整っても鼡径部の痛みが取り切れない場合には、再度来院いただくようお願いしました。

抱っこによって生じた急性腰痛 20代男性

【症例】20代男性

【初診日】’14年2月2日(施術回数1回)

【現病歴】
昨日の夜から急に腰が痛み出した。
疲労と生後2ヶ月の子供を抱っこしたことが原因として考えられる。
一昨年、引越し作業でギックリ腰になったが、それは1週間休んだら治った。

【痛みの確認】
立位では後屈で左腰に、右側屈で腰の中央に痛みが出ます。
前屈、左側屈、左右回旋では痛みは出ません。

仰臥位ではSLRと股関節を屈曲させる時、下肢を自力で挙上させると腰に痛みが出ます。
右のソケイ部に圧痛があります。

【治療】
仰臥位で右ソケイ部を指圧すると、股関節屈曲での痛みが無くなり、SLRでの痛みが背骨上のみになりました。
右崑崙にパイオネックス・イエローを貼付すると、SLRでの痛みが無くなりました。

伏臥位で左右の膝を屈曲させると、右膝屈曲で腰に痛みが出ます。
右足臨泣にパイネックス・イエローを貼付すると、この痛みが無くなり、立位での後屈も痛みも無くなっていました。
まだ右側屈での腰の中央の痛みがあります。

左足臨泣・太衝へのパイオネックス、左F5’・2’へのピソマⅡそれぞれで右側屈での痛みが減弱しました。

左側屈のストレッチをしてもらうと、若干痛みがぶり返してしました。

伏臥位で腰陽関と下命門にパイオネックス・イエローを貼付すると、カエルでの痛みが無くなり、ベッドの昇降、寝返りでの痛みが無くなりました。

臀部の刺激で著効した腰の奥の痛み 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’14年3月5日(施術回数1回)

【現病歴】
3年前の出産後から不定期に腰痛になり、腰痛時は同時にお尻付近のシビレもある。
今回は昨年12月から腰周囲がしびれ、左足後面全体に電気が走ったような痛みが出たりダルさがある。
運動量と痛みの程度に関連は無いように感じている。
自転車から降りる瞬間に激痛が走る。

【痛みの確認】
腰の前屈で左足に、左側屈で左脇腹に、仰臥位で左腰に痛みが出ます。
後屈、右側屈、左右回旋、立位から座位への動作、座位から立位への動作では痛みがありません。

痛みを感じる場所を押しても痛みは無く、「その奥の方が痛む」とのことですが、大臀筋の起始部(屈伸穴付近)に激痛の圧痛点があります。

【治療】
右側屈のストレッチを行うと、左側屈の痛みが軽減し、股関節揺らしを行うと仰臥位の痛みが無くなりました。

ここで再度、前屈動作をしてもらうと、前に倒しきった時点では痛みが無くなりましたが、倒していく途中で左腰に痛みがあります。
座位で靴下を履く動作をしてもらうと、左足を上げた時だけ左腰に痛みがあります。

要するに腹圧が高まった時に痛みを感じているようです。

左屈伸部3点にパイオネックス・イエローを貼付すると、靴下履くように脚を持ち上げた時の痛みが軽減しました。

座位で腰椎を伸展させるとまだ左腰に痛みが出ます。
ソケイ部を指圧しながら伸展してもらいましたが、痛みに変化はありませんでした。

屈伸部にもう1点圧痛点を検出し、そこにパイオネックス・イエローを貼付すると、座位での後屈、靴下を履く動作での痛みが無くなりました。

左臀部の筋緊張が今回の腰痛に原因だと思われること、自分で左臀部をさすったり、ストレッチするよう指導して治療を終了しました。

【感想】
最近こういった前屈の途中で痛みを感じる方を診る機会が多く、そのほとんどが屈伸部の刺激で改善しています。
腹筋と臀筋での前後のバランスのくるいによる腰痛なのでしょうか。

施術当日の夜に再発してしまった左腰痛 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’14年1月4日(施術回数1回)

【現病歴】
大晦日に腰に激痛が走り、1月3日には何とか動けるようにはなったが、家事がほとんどできず困っている。
体を温めると痛みは楽になるが、椅子に座っていると痛みが悪化する。

【痛みの確認】
立位で腰の前屈、後屈、右側屈で左の腰に痛みが出ます。
左側屈、左右回旋では痛みはありません。
座位で前後屈しても左腰に痛みが出ます。
痛みを感じている部分を押しても痛む点は特に無く、むしろ気持ちいい程度でした。

【治療】
座位が辛いとのことなので、操体法による治療を試みました。
股関節揺らしでは腰に痛みはなく、膝倒し、カエルでも痛みはありませんでした。
再度ベッド上で前後屈してもらうと、まだ左腰に痛みがありました。
ソケイ部を母指で押すと痛みがあったので、押圧したまま前後屈してもらうと左腰の痛みが軽くなったので、そのまま前後にゆっくり3回動いてもらいました。
母指の押圧を無くした状態で、ベッド上での前後屈で痛みがないことを確認してから立った状態で動いてもらうと、先ほど痛みがあった前後屈、右側屈、座位での痛みが消失していました。
約4日間ろくに動いていないので、2~3日は控えめに動くこと、股関節揺らしを励行するよう指導して、治療を終了しました。

4日後に様子を伺うと、治療当日の夜に痛みがぶり返してしまったそうです。

立っていても座っていても反らすと痛む腰痛 20代女性

【症例】20代女性 運動部所属

【初診日】’13年9月22日(施術回数1回)

【現病歴】
空中で無理に体を反らす動作を繰り返していたところ、2週間前から腰全体が痛くなった。
ウォーミングアップやお風呂で体を温めても痛みは良くならない。
接骨院では反り腰が原因だと言われた。

【痛みの確認】
立位で腰を後ろに反らすと痛みが出ます。
前屈、側屈、回旋動作では痛みがありません。
座位で腰を反らしても痛みが出ます。
腰を押しても痛む点は特にありませんでした。

【治療】
腰を押しても痛む点が無く、座った状態で腰を反らして痛みが出ることから、鼡径部付近に問題があると考え、座った状態で鼡径部の圧痛点を押しながら再度動いてもらう。
すると腰の痛みが無くなったそうなので、そのまま前後に3回動いてもらいました。
座ったまま指を離してもう一度反ってもらうと、左だけまだ痛みがあるとのこと。

今度は左の鼡径部だけ押しながら、同様に動いてもらうと、残っていた左腰の痛みも消失しました。
立った状態で腰を反らしても痛みが無くなっていたので、再発した場合は鼡径部を自分でマッサージするよう指示して治療を終了しました。

寝違え以来1週間続いた左腰痛 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’13年9月21日(施術回数1回)

【現病歴】
1週間前に寝違えてから左腰に重たい痛みがあり、足にシビレも感じる。
一日の中では寝起きが最もつらく、お風呂に入ると少し良くなる。

【痛みの確認】
立位の前屈と左側屈で右腰に、後屈、右側屈で左腰に痛みが出ます。
左側屈、右回旋では痛みがありません。
座位で腰を反らしても左腰に痛みが出ます。

【治療】
座位で左ソケイ部を指圧すると、後屈時の痛みが右腰に移りました。
右外衝陽にパイオネックスを貼付すると、後屈時の痛みの「位置が変わった」そうです。
更に右志室にパイオネックス・イエローを貼付すると、後屈、前屈、右側屈、左回旋での痛みが無くなりました。

9日後に右肩の痛みで来院されましたが、腰の痛みはほとんど無いとのことでした。

坐骨神経痛と言われた後屈時の左腰痛と座位での右足のしびれ 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’13年5月18日(施術回数1回)

【現病歴】
今年の4月から左腰が痛み出し、座っていると右足のふくらはぎまでしびれてくる。
数年前から度々腰痛になることはあったが、1週間でよくなることがほとんどで、今回の様に長引くことは無かった。
整形外科では「背骨の一番下がつぶれている」、「坐骨神経痛」と言われ、電気治療を受けた。
ここ1週間は痛みで寝れていない。

【痛みの確認】
後屈、右側屈、右回旋で左の腰に痛みがあります。
座っていると右足がしびれてきます。
前屈、左側屈・回旋、座位から立位への移動、単純仰臥位と仰臥位での左右への膝倒しでは痛みやしびれは出ません。

【治療】
股関節揺らしと、腹臥位で左膝を屈曲させると腰に痛みが出たので、左衝陽へのパイオネックス・イエローでこの痛みを改善しました。
立位での後屈、右側屈の痛みは変わりません。

左右F6’へのピソマⅡでは後屈時の痛みには変化が無く、左右孔最へのソマセプトで痛みが左から真ん中に移動しました。
右側屈(-)、左側屈(+)となりました。

左足臨泣にパイオネックス・イエローを貼付しましたが、側屈の痛みは変化しませんでした。

百会とその前後に単刺すると、痛みが背骨の脇に移動しました。
最後に鼡径部を指圧すると、この痛みも無くなり、座位でのしびれも消失していました。
「座るのが楽」とのこと。

痛くなったら鼡径部を自分で押すこと、こまめに体を動かすことを指導して治療を終了しました。

ソファーからの立ち上がりが辛い腰痛 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’13年4月16日(施術回数1回)

【現病歴】
今朝机を動かす際にピキッとなって以来左右の腰が痛む。
イス、特にソファーから立ち上がるのがつらい。
夕方になっても痛みは変化しない(20時に来院)。
温まると少し楽になる感じがする。

【痛みの確認】
前屈、後屈で痛みがあり、特に後屈はかなりの痛みがある。
側屈、回旋では戻す時に痛みがあり、イスから立ち上がる動作では、手を膝につかないと痛みで立ち上がれない。
腰を押しても痛む点は特にありません。

【治療】
股関節の揺らしで膝窩のコリが減少、左右F5で仰臥位での左への膝倒し(-)、操体法の膝倒しで右への膝倒しも(-)。
しかし前屈・後屈での痛みはあまり変化が無い。

百会・太陽への鍼、左右F6・F6’F4へのピソマ、左右衝陽・外衝陽・崑崙の指圧を行うも痛みはそれほど変化しません。

座位で後屈した際にも痛みがあることから、足ではなく体幹部に問題があると思い、ソケイ部を押してみると左右ともに激痛の圧痛点がありました。

そこを親指で抑えながら後屈してもらうと、痛みがかなり減ったので、少し指圧を続けました。

その後立ち上がって痛みを確認すると、後屈で少し痛みがあるものの、その他の動きでは痛みが無くなりました。

後屈の痛みも、前屈のストレッチ、左右足三里・孔最へのパイオネックス・イエローで、本人曰く「日常生活には支障ないくらいの痛みになった」そうです。

2日後に様子を伺うと、すっかり良くなり日常生活も支障なく過ごせているそうなので略治としました。