タグ別アーカイブ: 中臀筋

【推論】ロシアW杯で好調なロナウド選手がCL決勝で不調だった原因

現在ロシアで開催されているW杯。
日本代表の活躍によって、巷でも大きな話題になっていますが、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手も6月26日現在4得点で、得点王と1点差など好調なプレイで話題になっています。
そんなロナウド選手ですが、5月26日に行われたチャンピオンズ・リーグ(CL)の決勝では、下記動画の4:08から始まる決定機でミスしてしまうなど本調子とは程遠いパフォーマンスでした。

しかしCL決勝の5月26日からわずか20日後のW杯開幕戦、6月15日のスペイン代表との試合では試合終了間際のFKを決め、ハットトリックにを達成するという離れ業を演じてみせました。

本稿ではロナウド選手がCL決勝で不調だった原因と、わずか20日間という短期間でコンディションを大幅に改善できた原因について、以下の流れで推論を進めていきます。

0.結論
1.動画からわかるCL決勝当日の左脚の異常
2.静止画から確認できる決勝当日の左脚の異常
3.左脚のどこに異常があったのか?
4.なぜCL決勝当日に左脚を怪我してしまったのか?
5.なぜW杯では好調なのか?
6.まとめ
7.想像力を膨らませると・・・
続きを読む

運動で徐々に悪化する左踵痛 10代男性

【症例】10代男性 サッカーチーム所属

【初回日】2018年2月13日(施術回数4回)

【現病歴】
2018年2月5日から左の踵の内外の両側が痛み出すようになった。
前日、いつもとは異なり夜に2時間練習を行ったことと、2017年11月末に左踵を骨折して1月末に復帰したばかりという2点が原因として思い当たる。
サッカーは普段は週に2~3回、平日に1時間半、土日などの休日は半日か全日の練習を行っている。
サッカー以外にも、平日に2回レスリングを行っている。

痛みは走っていると徐々に悪化する。
2月10・11日にサッカーをしたが、やはり悪化した。
寝ている時は痛みは無い。
医者には掛かっていない。

2017年11月の左踵の骨折は鉄棒をしていてぶつけた際のもの。
腫れが酷くなく、2週間経っても痛みが引かなかったため、病院に行ったところレントゲン撮影で骨折が見つかり、シーネ固定をした。

【副訴】
今回の左踵の怪我以前にも、右脚を怪我することがよくあった。

【症状の確認】
立位(-)
片脚立ち(+)
片脚つま先立ち(+)
※痛みがひどかったので、片脚ジャンプは行わず。

<足関節の他動運動>
屈曲(-)
伸展(+)
内反(-)
外反(-)

【触診】

◎:強圧痛あり
×:圧痛なし

踵の両脇に強圧痛を検出できました。
足の甲には圧痛はありませんでした。

【施術】
まず座位で圧痛を検出した左踵の両脇、太谿穴と崑崙穴にピソマⅠを貼付し、タッピングを施しました。
ここで片脚立ちをしてもらったところ、痛みが無くなっていました。
片脚でつま先立ちすると、まだ痛みが出ます。

太谿穴、崑崙穴それぞれの周囲3点にも更にピソマⅠを貼付しました。
これで片脚つま先立ちでの痛みも無くなりました。
ここで初めて片脚ジャンプをしてもらうと、やはり痛みがありました。
最後に「患部を保温すること」、「片脚ジャンプで痛みが出なくなったら運動を再開する」よう指示して、初回を終了しました。


《第2回》2018年2月19日(初回の6日後)

【経過】
「痛みはかなり引いてきた」
「2月14日にサッカーを1時間行ったが、最中も翌日も痛みはそれほど出なかった」
「17日にプール、18日にフラッグフットボールをやったが、今現在それほどひどくはない」

【症状の確認】
片脚つま先立ち(-)
片脚ジャンプ(+)
足関節の他動での伸展(+)
※痛みは踵の外側に感じるそうです。

片脚立ちでのフラツキ:右>左

【施術】
座位で患部周囲を触診すると、崑崙穴に圧痛を検出できたので、同点とそのすぐ脇に1点、計2点にピソマⅠを貼付。
これで他動での伸展時の痛みが少し軽くなりました。
更に範囲を広めて触診すると、左申脈穴部2点に圧痛を検出できました。
ただ初回にピソマを貼った後、「チクチク感を感じた」そうなので、同2点には素材が軟らかくより低刺激なハペパッチを貼付しました。
これで他動での伸展の痛みが無くなりました。
立ち上がってもらい、片脚ジャンプをしてもらうと、痛みが「10あったのが3に減った」そうです。
更に触診を行い、圧痛を検出した金門穴にもハペパッチを貼付したところ、片脚ジャンプでの痛みが「1まで痛みが減った」そうです。

最後に、以下の4点を説明して第2回を終了しました。

「今回の痛みの根本的な原因は、右脚で安定して立てないことだと思われます」
「以前によく右脚を怪我していたというのも、原因はこの右脚で安定して立てないことだと思われます」
「左踵の痛みは減っていますが、『右脚で安定して立てない』という、根本的な原因がまだ改善していないので、怪我以前の様な量・強度での運動を再開すると再発の危険性があります」
「強度のコントロールは難しいと思うので、1週間ずつ運動量を増やしてください」


《第3回》2018年2月27日(第2回の8日後)

【経過】
「2月25日午前中にサッカーをして、翌26日に痛みが悪化した」
「26日はレスリングをしたが、今日は26日程の痛みは無い」

【症状の確認】
片脚ジャンプ(+)

<他動での足関節の運動>
伸展(-)
伸展+内反(+)

片脚スクワットでのフラツキ:右>左

【施術】
座位で患部を触診すると、左崑崙穴に周囲に圧痛を検出できたので、同部位にハペパッチを4枚貼付しました。
ここで足関節を伸展+内反すると、痛みが無くなっていました。
立ち上がってもらい、片脚ジャンプをやってもらうと、「10から5に痛みが減った」そうです。
「25日にサッカーをして、昨日26日に痛みが悪化したとのことですが、その痛みも今日には改善しているので、当初の痛みが減ったことで、今までできかなった強度の運動ができるようになったことで一時的に起きた痛みで、大きな問題ではない可能性が高い」ことを説明。

【運動指導】
右脚の筋力不足を改善するための運動として、スプリット・スクワットを指導。
この運動でも右の方が左よりもフラツキが大きいことを実感してもらいました。
自宅で毎日お風呂に入る前に右脚だけ10回行うことを約束して、「痛みの改善とは異なり、筋力の向上には時間が掛かる」ことを説明し、3週間後に予約を取ってもらい、第3回を終了しました。


《第4回》2018年3月20日(第3回の21日後)

【経過】
「痛みはだいぶ良くなってきた」
「3月17日に一日サッカーをした際に、午後から痛みが出てきた」

【症状の確認】
片脚つま先立ち(-)
片脚ジャンプ(±)
片脚サイドジャンプ(+)
足関節の他動での伸展+内反(-)
※痛みがかなり無くなってきたので、負荷が高い運動として「片脚サイドジャンプ」を追加しました。

片脚スクワットでのフラツキ:右>左

【施術】
座位で左踵を触診すると、崑崙穴に圧痛を検出できたので、同点にハペパッチを貼付。
立ち上がってもらい、片脚サイドジャンプをしてもらうと、痛みが無くなっていました。

【運動指導】
スプリット・スクワットのフォームを確認すると、右脚で実施した際に骨盤が傾ていることが確認できました。
このフォームだと、片脚立脚時の安定性を高める、中臀筋を中心とした股関節外転筋群に十分な刺激が入らないので、本人にも骨盤の出っ張り(腸骨稜)を触ったまま実施してもらい、傾きを実感してもらった上で、「骨盤が水平を保ったままやるように気を付けて」とアドバイスして、第4回を終了しました。


《第5回》2018年4月9日(第4回の20日後)

【経過】
「この3週間、ずっと痛みは無い」
「午前、午後と1日中サッカーする機会もあったが、痛みは出なかった」

痛みが無いとのことだったので、施術は無しにして運動指導のみ行いました。

【運動指導】
スプリット・スクワットのフォームを確認すると、前回指摘した骨盤の水平は保てているものの、右脚で実施した際に、左右の足の隙間(歩隔)が広がっていて、そのせいか右膝が内側に倒れてしまっていました。
板の間の目地を目印に、右脚で実施した際の方が歩隔が広がっていることを実感してもらった上で、「左右の足の隙間を開けずにやってごらん」とアドバイス。
これで、膝が内側に入る代償動作も無くなりました。
更にスクワット・ポジションでのサイドステップも指導して、「今現在の運動強度でも痛みの再燃が無いので、この2つの運動をしておけば、当面再発することはないと思います」と説明。
第5回にして無事治療院通いを卒業してもらいました。

【雑感】
痛みの改善はもちろん、発症の原因についてもかなり早期に克服できた、「当初の計画通りに進んだ」症例だと思います。
指示した運動を自宅でもしっかりやってくれていたことも、フォームを確認した際に十分に伝わってきました。
親御さんに見守られての実施だったとは思いますが、本人の努力には感謝しかありません。

なお、リバプールFCのジョーダン・ヘンダーソン選手も、詳細な部位こそ不明ですが慢性的な左踵の痛みに悩まされています。
しかもヘンダーソン選手は右利きということもあり、本症例と同様に「左脚で立つ方が安定している」ことが画像などからも確認されます。
以上から、「脚の筋力、特に片脚立ちした際に体(骨盤)を安定させる筋力に左右差がある場合、安定して立てる側の踵を痛めやすい」のではないかと疑っています。
ヘンダーソン選手の体の状態について、詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

階段を昇るのが辛い右腰痛 40代女性

【症例】40代女性

【初回日】’15年11月7日(施術回数1回)

【現病歴】
’15年10月下旬から右の腰が痛み出した。
7年間やっているエアロビで捻ったことが原因として思い当たる。
発症当初よりは痛みは改善してきている。
痛みはマッサージを受けると改善し、動かないでいれば痛みは出ない。
逆に走ったり、階段を昇る動作で痛みが出る。
医者ではレントゲン撮影で「骨には異常が無い」「中臀筋の痛み」と言われ、湿布と鎮痛剤が処方された。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(+)左(-)

〈階段昇降〉
昇:(+)
降:(-)

〈仰臥位〉
足振り:右(-)左(+)
膝倒し:右(-)左(+)

【触診】
IMG_0325
◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

痛みを感じている右腰には圧痛は検出できませんでした。
逆にお尻の横側(側臀部)の上方、筋肉で言うと「中臀筋の起始部」辺りに強圧痛と圧痛を検出できました。

【施術】
マッサージや体操での施術を希望されたので、まずうつ伏せになってもらい、圧痛を検出した部位を中心に臀部全体にマッサージを施しました。
十分に筋肉がほぐれたのを確認して、施術前と同様に痛みの確認を行いました。
すると、階段を昇る動作でまだ痛みが残るものの、それ以外は痛みが無くなっていました。
階段を昇る動作での痛みも「10あった痛みが3まで減った」とのことです。

最後に、今回の腰の痛みの原因について「医者の診断どおり、筋肉、特にお尻の筋肉が硬いことが根本的な原因の可能性が高い」と説明し、筋肉を軟らかく保つために「意識的に体を動かすこと」をお勧めして、初回を終了しました。

横に曲げると痛みが生じる右腰痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’15年5月25日(施術回数1回)

【現病歴】
’15年5月12日に軽いお盆を持った際に体を捻り、それ以来右の腰に痛みを感じる。
発症当初よりは痛みは良くなっているが、治り切らない。
カイロプラクティックに掛かってみたが、「ぎっくり腰の軽い物、時期に良くなる」と言われた。

【疼痛部位】
IMG_0292

【既往歴】
特に無し。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(-)左(-)
靴下を履く動作:右(+)左(+)

〈仰臥位〉
足振り:右(+)左(+)
膝倒し:右(-)左(+)
上体起こし(-)

【触診】
IMG_0291

〇:圧痛あり
✖:圧痛無し

右中臀筋起始部と左屈伸穴付近に圧痛を検出できました。
腰(腰部脊柱起立筋)には圧痛は検出できませんでした。

【施術】
施術方法に関する希望は特にありませんでしたが、鍼は受けたことがないとのことだったので、まずはストレッチでの施術を試みました。
右臀筋に入念にストレッチを施すと、左足振りと左膝倒しでの痛みが無くなっていました。
更に、左臀筋にストレッチを施そうとしましたが、ストレッチの体勢を取ると腰に痛みが出るので、右側臥位で左臀筋にマッサージを施しました。
再び仰臥位になってもらい左臀筋にストレッチを施すと、今度は痛みなく施術できました。
左臀筋をストレッチでほぐした後に、再度ベッド上で腰の状態を確認すると、右への脚振りで痛みが出ます。
再度、右臀筋にストレッチを施すと、この右脚振りでの痛みも無くなりました。
ベッド上での痛みがほとんど無くなったので、起き上がってもらい立位での腰の状態を確認。
左右側屈での痛みは無くなっていましたが、靴下を履く動作ではまだ痛みが残ります。
「かなり楽になった」とのことだったので、初回の施術を終了しました。

【その後】
約1か月後の7月4日に頚肩の痛みで来院された際に腰の様子を伺うと、「右腰は痛みは無い」とのことでした。

「捻挫はクセになる?」-大谷選手の動きに見る「捻挫を繰り返す原因とその解決方法」-

【目次】
1.「捻挫はクセになる」?
2.足関節捻挫を繰り返す原因「股関節の内転不足」
3.大谷選手の「クセになっている」右足関節捻挫
4.上半身の動きからわかる大谷選手の右中臀筋の状態
5.なぜ肩の動きで中臀筋の状態がわかるのか
6.なぜ右足ばかり痛めてしまうのか?
7.大谷選手の捻挫グセは治るのか?有効な予防法とは
8.まとめ


1.「捻挫はクセになる」?

スポーツの現場などでは、足関節の捻挫を繰り返してしまう選手に対して「捻挫はクセになる(から治りにくい)」という言葉を聞くことがあります。
そしてクセになる原因としては、「関節を固定する靭帯が緩んだままになる」「しっかり固定ができていない」とか「がに股気味に歩いている」といった説明がなされることが多いようです。
しかし、本当にそういった原因で、捻挫を繰り返してしまうのでしょうか?
今回は足関節捻挫、特にその多くを占める内反捻挫が起こる原因や、繰り返してしまう身体的要因について、大谷翔平選手を始めとしたプロスポーツ選手の画像を見ながら、解剖生理学とバイオメカニクス的観点から考えていきたいと思います。

「足関節の内反・外反」
足関節内外反
http://muscle-guide.info/sokkan_2.htmlより

naihan
http://www.cramer.co.jp/1510-2/より
※「足関節の靱帯の損傷(捻挫)」について詳しくは足関節捻挫,前距腓靭帯損傷のリハビリ治療をご覧ください。


2.足関節捻挫を繰り返す原因「股関節の内転不足」

いきなりですが、筆者の考えです。
捻挫を繰り返してしまう主な原因は、「患側の中臀筋が弱かったり、硬かったりすることによる股関節の内転不足」だと考えます。

「中臀筋(右)」
中臀筋
http://www.musculature.biz/40/44/post_169/より

「股関節の内転・外転」
股関節内外転

下の画像の左足の様に、足関節を内反捻挫しやすい体勢になった瞬間、必ず同側の股関節も内転を強いられています。
ジェラード01-13

上の画像の様に「股関節の内転角度が十分に深く取れる」と、「足関節の内反捻挫のリスクが下がる」のです。
この理由について、野球よりも横方向への動きが激しく、より捻挫のリスクが高いスポーツであるサッカーを行いながらも、公式発表上「捻挫」での欠場が一度もないスティーブン・ジェラード選手と、捻挫を繰り返してしまっている選手の画像を比較ながら解説していきます。
※記録はtransfer marktのページより。

まず、ジェラード選手の画像です。

「股関節(左)が十分に内転した状態」
652106210
上図の左脚の様に、股関節を深く内転することができると、膝から下(下腿)と地面が作る角度を小さくすることができます。すると、下の画像の様にキック後などに足関節の内反を強制されるような状態になっても、足関節の内反角度を小さくすることができます。
つまり、股関節を深く内転することで、足首の外側の靱帯が受けるダメージを軽減することができるのです。

「足関節の内反を強制される直前の状態」
153427093
この瞬間の後、足関節の内反動作が始まり、足の甲が地面に着くまで強制的に内反されます。

「足関節(左)が内反し切った状態」
181454899
この瞬間までに「股関節内転」が十分にできていると、その分だけ「足関節内反」の角度を小さくすることができ、捻挫のリスクを低くすることができるのです。

次に、「股関節内転」の角度を十分に取ることができず、足首の外側の靱帯を痛めている、つまり捻挫を繰り返している選手の画像も貼付します。
こちらのジョエル・マティプという選手は、’16年の7月以降だけで7・11・12月の計3度「左足関節の靱帯を痛めた」とクラブを通じて発表されています。
666176958
606990638
※’16年になって左足首の怪我の頻度が増した原因や、右足関節を捻挫しない理由等、より詳しくはこちらのページをご覧ください。

キックした瞬間のマティプ選手の左股関節の内転角度をジェラード選手のそれと比較すると、内転角度が浅いことがわかるかと思います。
この状態で下の画像の様に足関節の内反が始まってしまうと、足の甲が地面に着くまでの足関節の内反角度が大きくなってしまい、足首の外側の靱帯を大きく伸ばしてしまいます。
645550937
※この画像では、マティプ選手は全身を左に傾けることで、「足関節内反」の角度を小さくしています。

つまりマティプ選手は、「捻挫」を起こしやすい股関節、特に中臀筋の状態だということがわかります。

以上から、「中臀筋が柔軟かつ強靱で、股関節を深く内転することができれば、足関節捻挫のリスクを低くすることができる」ということがわかります。
反対に、足首の怪我だからと言って患部にばかり気を取られて、股関節、特に中臀筋の状態を改善させないでいると、いつまで経っても捻挫を繰り返してしまう、つまり「捻挫がクセになる」という現象が起きてしまうのです。


3.大谷選手の「クセになっている」右足関節捻挫

「クセになっている捻挫」を患っているスポーツ選手に、プロ野球の大谷翔平選手がいます。
ここでは、彼が捻挫を繰り返してしまっている原因について考えていきたいと思います。
まずは大谷選手の捻挫がどれくらい「クセになっているか」についてです。
下記の2つの記事によると、高校時代から右足関節の捻挫を繰り返していて、昨年の日本シリーズの際にも痛めていたことがわかります。

大谷、深刻な古傷「右足首」真相 花巻東時代から捻挫癖、WBC辞退どころか将来も危うい2017.02.03

当時(※2013年4月13日・オリックス戦(ほっともっと)でも、右翼守備で飛球を追った際ファウルゾーンの芝の切れ目で同じ右足首を捻挫)、「高校(花巻東)時代から軽い捻挫で足首を痛めることが何度かあった」と明かしていたが、ここにきて古傷が再発した格好だ。

WBC欠場の大谷翔平、自滅の理由は「足首の爆弾」と「キックボクシング」

大谷は昨年10月の日本シリーズ第4戦に“3番DH”でスタメン出場した際、1塁ベースへの走塁で右足首を捻挫しています。その時は、患部に分厚いアイシングを施しながらも、“足首が緩いので、いつも冷やしているんです”と軽傷をアピールしていました。

オフシーズンを挟んでも、前年10月に負った右足首の痛みが治りきなかったために、今回のWBCの辞退につながってしまいました。
しかも右足首をかばいながら出場し続けたためか、4月8日には左大腿二頭筋の肉離れ(筋挫傷)を負ってしまったそうです。
下の画像の内出血具合からすると、それなりに重度の筋挫傷であることが伺えます。

大谷「僕からは何も言えない」今度は左脚肉離れ…離脱4週間か
左大腿肉離れ痕
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6236948より


4.上半身の動きからわかる大谷選手の右中臀筋の状態

結論から述べてしまうと、大谷選手が捻挫を繰り返している最大の原因は、やはりマティプ選手と同様「中臀筋(大谷選手は右)が弱い」ことだと思われます。

「右中臀筋(再掲)」
中臀筋
http://www.musculature.biz/40/44/post_169/より

大谷選手の右中臀筋が左よりも弱いであろうことは、彼の走動作から伺われます。
打撃直後の走動作から、大谷選手の左右の中臀筋の状態を確認していきます。
左右の一歩目の着地から離地までの上半身、特に左右の肩の先(肩峰)を結んだライン(以下「肩のライン」)にご注目下さい。
※バットを放した直後の右脚の着地から離地を「右脚1歩目」とし、以降「左脚1歩目」「右脚2歩目」とします。

1/4倍速でスロー再生しても、わかりにくと思いますので、コマ送り画像も掲載していきます。
※You Tubeの動画は「,」と「.」の操作でコマ送りできます。

「右脚1歩目➀」
大谷・右脚着地01

「右脚1歩目⓶」
大谷・右脚着地01-2

「右脚1歩目③」大谷・右脚着地01-3

「右脚1歩目➃」
大谷・右脚着地01-4

「右脚1歩目⑤」
大谷・右脚着地01-5

「右脚1歩目⑥」
大谷・右脚着地01-6

次に「左脚1歩目」の着地から離地までのコマ送り画像です。

「左脚1歩目➀」
大谷・左脚着地01

「左脚1歩目⓶」
大谷・左脚着地01-2

「左脚1歩目③」
大谷・左脚着地01-3

「左脚1歩目➃」
大谷・左脚着地01-4

「まだよくわからない」という方のために、コマ送りのスライドショーを載せます。
※画像中央下部の➡をクリックしてください。

まずは右脚の1歩目(6コマ)。

スライドショーには JavaScript が必要です。

次に左脚1歩目(4コマ)。

スライドショーには JavaScript が必要です。

「肩のラインの左右差」はいかがだったでしょうか?
「右脚の着地から離地までの間、肩のラインが右側に傾いている」のが確認できるかと思います。反対に、左脚の着地から離地までの間の肩のラインの傾きは、それほど大きくありません。
ちなみにこの「肩のラインの左右差」は「2歩目」、「3歩目」でも、ほぼ変わらずに見られます。
この「右脚の着地から離地までの間、肩のラインが右側に傾いている」ことが、「大谷選手の右中臀筋の筋力が弱いこと」を示しているのです。


5.なぜ肩の動きで中臀筋の状態がわかるのか

次に「肩のラインの傾きで中臀筋の状態がわかる」理由についてです。
実はこの左右の肩の先(肩峰)を結んだラインが傾く動きは、中臀筋に十分な筋力が無い時に生じる典型的な動き(代償動作)です。歩行時にもこういった肩の動きが出現すると「ディシェンヌ跛行」と呼ばれ、中臀筋が弱い、もしくは麻痺している歩行とされます。
下図の右端cが右中臀筋が弱く、上半身が右に傾くディシェンヌ跛行している状態です。対して、左端のaは中臀筋の筋力が十分にあり、上半身が真っ直ぐにして立てている状態です。
IMG_0274
『プロメテウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系 初版』p.476より

先ほど「左足の捻挫を繰り返している選手」として取り上げさせてもらった、マティプ選手にも同様の兆候が見られます。
※こちらは単独の静止画です。

523351127
捻挫を繰り返してしまっている左脚で着地した際には、左中臀筋の筋力が弱いために、代償動作として上半身が大きく左側に倒れています。

523351125
対して、捻挫をしていない右脚で立った時には、右中臀筋は筋力が十分にあるために、上半身の傾きはありません。

※上記2点の画像は’12年9月のもので、このシーズンも翌シーズンもマティプ選手は試合を欠場するような捻挫はしていません。しかし2年後の’14年10月には、後に右第5中足骨の疲労骨折が判明する右足の怪我(非接触での負傷)を負っています。従って、この時期から怪我の前兆として、左中臀筋の筋力低下があったとしても、不思議ではありません。
※※「第五中足骨骨折」や「足底筋膜炎」、「シンスプリント」といった怪我は、足関節捻挫や膝痛とは反対に、安定して立てる(=中臀筋が強い)方の脚に発症してしまうことが多いようです。
参考記事「【考察】ジョーダン・ヘンダーソン選手の左踵の痛みが起きていない理由」
「トライアスリートの膝関節痛の原因となった股関節」

以上より、大谷選手は右の中臀筋が、左よりも弱いことが考えられるのです。
恐らく、この「右中臀筋の筋力不足」をトレーニングなどで改善できていないことによって、高校時代から現在に至るまで右足関節の捻挫を繰り返してしまっている、と私は考えます。
ここまでの「捻挫を繰り返してしまう原因」についてまとめると、以下の流れになるのではないかと思います。

「足関節捻挫を繰り返してしまうのは、中臀筋が硬くて弱いために『股関節の内転角度を深くした状態で立つことができず、下腿と地面が作る角度が大きい状態で、足関節を内反してしまう』という、極めて捻挫しやすい体の状態のまま運動を再開していることが、主な原因として考えられる」


6.なぜ右足ばかり痛めてしまうのか?

次に右の中臀筋の筋力が不十分で、左は(捻挫しない程度には)十分な筋力があるという左右差が生じてしまったかについて考えていきます。

ご存知のとおり、大谷投手は右投げ左打ちです。
特に投球動作と打撃動作の下の画像の瞬間は、左の中臀筋が筋力を発揮することで実現できるポジションです。497851916
622133102

特に下半身の動きがより大きく、かつ左右差がある「右投げ」の影響で、鍛えているつもりが無くても、勝手に左中臀筋が発達したと思われます。
筋力差が生まれてしまったことによって、走動作の様な一見左右対称に見える運動中も、より筋力が強い左脚に頼った動きになってしまい、尚更、右中臀筋の筋力が低下してしまったと思われます。
つまり、野球というスポーツをプレイしていることで、無意識の内に右中臀筋の筋力低下が生じてしまい、右足関節の捻挫を繰り返してしまうようになったのです。
高校生以降から捻挫を繰り返すようになったのは、第二次性徴後に性ホルモンの影響によって筋肉が発達しやすくなったこと、つまりより左右差が生じやすくなったことが関係していると思います。
ちなみに、アスリートではない一般の方でも、利き腕と利き足の関係から、利き腕が右の人の多くは、左脚の方が安定して立てます(=中臀筋が強い)。

467506014

469895934

542466494

631427642

反対に、左利きの方の場合、下の画像の様に、右脚で立った方が安定するケースが多いです。
673569748

※利き腕と利き足、軸足(安定して立てる脚)の関係について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。


7.大谷選手の捻挫グセは治るのか?有効な予防法とは

もちろん「右中臀筋の強化」によって、大谷選手の「捻挫グセ」は改善することができるはずです。またマティプ選手やほぼ全てのアスリートの「捻挫グセ」についても、捻挫を繰り返してしまっている側の中臀筋を鍛えれば大丈夫です。
今までも多少意識的に、中臀筋をトレーニングしていると思われる画像もありました。
634327938
97be2e345bef2d1c11a9dd7101acd35c-233x300
※こちらは左中臀筋を鍛える動きになります。

しかし、走動作で確認できたように、現在の大谷選手は右中臀筋の筋力が不足しています。体重が97kgもある大谷選手(wikiより)は、今後はバーベルを担ぐなど、より負荷が高い中臀筋のトレーニングに取り組む必要があると思います。

ちなみに「中臀筋のトレーニング」などで、動画や画像を検索してもらえれば色々と出てくると思いますが、個人的には足の裏をしっかり地面についた状態(クローズドキネティックチェーン、CKC)で行うシングルレッグ・スクワットやシングルレッグ・デッドリフトがお勧めです。

「シングルレッグ・スクワット(右脚)」
single-leg-squat-with-leg-at-the-back
http://munfitnessblog.com/legs-workout-17-single-leg-squat/より

※クローズド・キネティックチェーンについて詳しくはこちらのサイトの「オープンキネティックチェーンvs.クローズドキネティックチェーン」以降をご覧ください。

ちなみに、中臀筋を鍛えると、ヒップアップ効果美脚効果(膝頭のすぐ上と、膝から下が細くなる)もあることを付け加えさせてもらいます。
IMG_0206 - コピー
589687448
陸上女子短距離でロンドン五輪と世界陸上大阪大会で三冠を達成したアリソン・フェリックス選手を始め、陸上競技のトップ選手は、「臀部が発達し、膝から下が細い」という、美しく、かつ走動作に最適な体型をしていることがほとんどです。
詳しくは、拙ブログ記事「ヒップアップに一番効くエクササイズはこれっ!!!」をご覧ください。


8.まとめ

足関節捻挫を繰り返してしまう原因や対処法について、再度まとめます。
捻挫を繰り返してしまうのは、「中臀筋が硬くて弱いために『股関節の内転角度を深くした状態で立つことができず、下腿と地面が作る角度が大きい状態で、足関節の内反を繰り返してしまう』という、極めて捻挫しやすい体の状態のまま運動を再開しているため」だと筆者は考えます。大谷選手、マティプ選手が片方の足の足関節捻挫を繰り返してしまっているのも、原因は同様です。
反対に、ジェラード選手の様に股関節を深く内転することができるようになれば、足関節内反捻挫のリスクを低くすることができます。
筋肉はトレーニングなどで刺激すれば、柔軟かつ強靱になるので、中臀筋を鍛えるトレーニングを行えば「捻挫グセ」は改善することができます。
また「捻挫を予防するため」の中臀筋のトレーニングについては、「地面に立った状態で中臀筋が筋力を発揮する」必要があるので、地面に足を着いた状態(CKC)で行うことが、最も有効だと思われます。
大谷選手の場合は右脚、マティプ選手は左脚のシングルレッグ・スクワットorシングルレッグ・デッドリフトを重点的に行うことで、捻挫の予防ができるだけでなく、片足立ちの安定性が高まることによるパフォーマンスアップも期待できます。

筆者の考察が正しいかどうか等はどうでもいいのですが、「日本の宝」である大谷翔平選手がしっかり治療とトレーニングを積んで、今後は捻挫を繰り返さなくて済むようになることを切に願います。

トレーニング等の直接指導もロジカル・トレーニングにて対応しています。ご興味ある方や、捻挫を始めとした「クセになっている」怪我でお悩みの方などは、お問い合わせなどからご連絡ください。

「関連記事」
トライアスリートの膝関節痛の原因となった股関節
軸足の存在によって生じる臀筋の左右差とその解消方法~ランニング中に起きる膝痛を題材にして~
【考察】ジョーダン・ヘンダーソン選手の左踵の痛みが起きていない理由
マティプの右腕が気になるあなたへー右腕のポジションと左足首の怪我の関係ー
体幹トレーニングで体幹部の能力を向上させることは難しい―メッシ選手を題材に―
「ヒップアップに一番効くエクササイズはこれっ!!!」

【2018年4月28日追記】
2018年から米メジャーリーグに活躍の場を移している大谷選手ですが、画像などを確認した限り、本記事で指摘させてもらった「右股関節の問題」はほぼ克服している様に見えます。
まず。右股関節の内転角度について、バッティングフォームから確認してみます。

2018年4月4日時点

2016年11月11日時点

右股関節内転の可動域が、2018年の方が日本にいた2016年11月時点よりも大きくなっています。

次に「右中臀筋の筋力不足」の根拠としてあげさせたもらった「肩のライン」です。
下の2つの画像は2018年3月29日時点のものです。

背景の外野手の動きからすると、大谷選手は左脚、右脚の順で連続して着地している画像だと予想されます。
画像からは、本記事本編で指摘したような肩のラインの左右の差はかなり小さくなっている様に見えます。

去年1年間、フル出場できない間にかなり集中的にトレーニングできたと思われますが、これだけ的確に弱点を鍛えてきたのには驚きです。
恐らく、トレーナーの指導だけでなく、大谷選手本人もかなり考えてトレーニングをしたものと思われます。
本日、ベースタッチの際に左足首を軽く捻ったそうですが、一塁を駆け抜けようとした際に、接触をさけようとしてベースを踏み外しただけなので、数日中にも復帰して、また打って投げての大活躍を見せてくれることでしょう。

受傷時の動画:Ohtani breaks bat, tweaks ankle

【2018年10月31日追記】
英文ですが、「片脚立ちの安定性が低いと、捻挫の危険性が増大する」という論文がありました。

Single leg balance test to identify risk of ankle sprains

簡単に紹介すると、以下の様になります。

高校1校(選抜チーム)と大学3校(大学間対抗レベル)から、男性アメリカンフットボール競技者100名、男性サッカー競技者50名、女性サッカー競技者54名、女性バレーボール競技者26名の計230名を集め、シーズン前に片脚バランス(SLB)テストを実施。
SLBテストは「裸足で片脚立ちして、遊脚は膝を曲げ立脚に接触しない、骨盤は地面に対して平行、眼は壁のある一点に固定しその後10秒間つむる。この10秒の間に、左右の脚が接触したり、遊脚が地面に着いたり、腕がスタートした位置から動いた場合、検査員はそれを記録。初回のテストで10秒静止できなかった場合、もう一度テストを行い、この2度目のテストが採用された。左右どちらかの脚、もしくは両方の脚で10秒間静止できなかった場合、SLBテスト陽性となる」と定義。
調査期間中に足関節を捻挫したアスリートは28名。そのうちSLBテストが陽性だった者は19名、陰性だった者は9名だった。
交絡変数を調整したところ、SLBテストが陽性だった者が捻挫する相対危険度は2.54となる(SLBテスト陽性者の捻挫リスクは、陰性者の2.54倍)。SLBテスト陽性で、かつ足関節にテーピングをしない者の捻挫の相対危険度は8.82。
以上から、SLBテストは足関節捻挫を予測するテストとしての信頼性も価値も非常に高いと言える。

論文では、結論で「SLBテストが怪我の予測方法として役立ったが、怪我のリスク増大に関係する正確なメカニズムはよくわからないままである(≒片脚立ちを安定して行う為のメカニズムは不明)」とあります。
しかし、ここまで呼んでくれた方ならお分かりかと思いますが、「片脚立ちを安定させるのは、主に中臀筋を始めとした臀筋群」であることは、解剖生理学からも生体力学からも明らかです。