タグ別アーカイブ: 60代

靴下を履く動作で生じる腰痛 60代男性

【症例】60代男性

【初回日】2017年10月21日(施術回数2回)

【現病歴】
2017年8月頃に草むしりを4時間やって以来、腰の痛みが治りきらない。
一日の中だと、起床時の洗顔時に特に痛みがひどい。
一昨日にテニスをやったせいか、今日は痛みがひどい。
痛みは立っていると楽だが、ズボンを履くように腰を曲げると辛さが増す。
医者には掛かっていない。
施術方法は痛みが楽になれば何でも構わない。

【既往歴】
右坐骨神経痛
右鼡径部痛
左下腿三頭筋の筋挫傷(肉離れ)

【その他】
定期的にテニスをやっている。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)※左側屈の方が角度(ROM)が浅いです。
回旋:右(-)左(-)※右回旋の方が角度(ROM)が浅いです。
靴下を履く動作:右(+)左(+)
テニスのボレー動作での踏み込み:右(+)左(+)

【触診】
IMG_0301
〇:圧痛あり

左右の臀筋の起始部と鼡径部に圧痛を検出できました。

【施術】
まず伏臥位になってもらい、圧痛を検出した臀筋の起始部を中心に下肢全体にマッサージを施しました。
次に仰臥位になってもらい、臀部のストレッチを十分に施しました。
起き上がってもらい、施術前に確認した痛みを再度確認してもらいました。
ボレーの踏み込み動作で多少の痛みは出るものの、靴下を履く動作では左右共に痛みが無くなっていました。
最後に座位での臀部のセルフ・ストレッチとスプリット・スクワットを指導して初回を終了しました。

《第2回》’17年10月28日(初回の7日後)

【経過】
「だいぶ良くなったが、ズボンを履く時に右腰にだけ痛みが出る」
「洗顔時の痛みは無い」
「10月26日にテニスをやったが、最中もプレー後もそれほど痛みは酷くない」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(+)左(+)
靴下を履く動作:右(+)左(-)

【施術】
まず伏臥位になってもらい、初回同様、右を中心に臀筋の起始部にマッサージを施しました。
次に仰向けになってもらい、右臀部を中心に下肢にストレッチを施しました。
起き上がってもらい、施術前に確認した痛みを再度確認しました。
すると、左右の回旋、右脚を上げて靴下を履く動作の全てで痛みが無くなっていました。
最後に初回よりもストレッチ効果が高い床での臀部のセルフストレッチの指導と、片脚立ちでのバランス保持力(結果:右<左)を確認して2回目を終了しました。

【その後】
’17年11月4日に来院されましたが、この時には「右腰痛も薄れてきて、11月2日にテニスを2時間やったが、問題無かった」とのことでした。
前回確認できた、「片脚立ちでのバランス保持力の左右差が腰痛の根本的な原因の可能性が高いこと」、「テニスで球際のボールを正確に捉えるためには、両脚共に安定して立てることが重要」と説明した上で、腰痛予防、パフォーマンスアップのために、初回に指導したスプリットスクワットよりも負荷が高い片脚スクワットを指導しました。

仰向けが辛い左腰痛 60代女性

【症例】60代女性

【初診日】’16年10月18日(施術回数2回)
※以前に右踵痛で来院あり。

【現病歴】
9月20日頃から左腰痛が始まった。
整形外科を受診したところ、レントゲンと血液検査を受け、「骨粗鬆症ではない」と言われた。
歩くのは大丈夫だが、仰向けになるのが辛い。
以前から左の腰が痛くなることは何度かあった。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(±)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(+)

〈仰臥位〉
膝を伸ばすと曲げている時よりも痛む

【施術】
施術方法の希望は特に無かったので、まずうつ伏せになってもらい、左を中心に臀部、頚肩部をマッサージ。
仰臥位になってもらうと、膝を伸ばしても腰の痛みが出ません。
更に左中心に臀部のストレッチを施しました。
その後、起き上がってもらい後屈と左側屈の痛みが少し残りましたが、左回旋での痛みが無くなっていました。


《第2診》10月24日(初診の6日後)

【経過】
「左腰はだいぶ良くなって、仰向けに寝れるようになった」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(-)

【施術】
左側屈で左腰に痛みが生じていることから、右股関節の動きに問題があることを想定。
まずうつ伏せになってもらい、右中心に臀部をマッサージ。
次に頚部にマッサージを施しました。
更に仰臥位になってもらい、左右の臀筋にストレッチを施しました。
起き上がってもらい、左側屈してもらうと、左腰痛が無くなっていました。
最後に極力体を動かすよう指示して施術を終了しました。

右大腿後面の攣りを伴う右腰痛 60代男性

【症例】60代男性

【初診日】’16年8月18日(施術回数1回)

【現病歴】
運動を激しくやっていた思春期からずっと右の腰痛がある。
週に2回、鍼施術を受けている。

【随伴症状】
右のハムストリング(大腿後面)がよくつる。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(+)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(-)
※片脚立ちして、遊脚側の股関節を伸展させると、右のみ大腿後面に痛みが出ます。

【触診】
IMG_0289
〇:圧痛有り
×:圧痛無し

臀部、鼡径部共に右にのみ圧痛を検出できました。

【施術】
主訴であった左手首の施術を一段落した後に、本症例に取り掛かりました。
時間もそれほど残っていなかったので、圧痛検出部位である臀部と鼡径部をほぐすために、仰臥位での右臀筋のストレッチを施しました。
起き上がってもらい動きを確認すると、後屈での痛みは消失し、左側屈での痛み、片脚立ちでの股関節伸展時の大腿後面の痛みも改善していました。
セルフでの臀筋のストレッチを指導して、施術を終了しました。

母指圧迫で生じる左手首の痛み 60代男性

【症例】60代男性 鍼灸マッサージ師養成専門学校生

【初診日】’16年8月18日(施術回数1回)

【現病歴】
’16年5月頃から、左の手首がマッサージをする時に痛むようになった。
特に母指での指圧を行うと、痛みが出る。
2週間に1回のペースで、中医学による鍼灸治療を受けている。
授業に支障があるので、一刻も早く痛みを改善したい。

【症状の確認】
〈左手関節〉
屈曲(±)
伸展(±)
回内(+)
回外(-)

〈左母指〉
屈曲(+)
伸展(-)
内転(+)
外転(-)

母指で指圧を行うと痛みが出ます。

【触診】
左母指球部とH1に圧痛を検出。

【施術】
圧痛を検出した左の母指球とH1にピソマⅡを貼付。
しばらくタッピングした後に、再度痛みを確認してもらいました。
すると、母指の屈曲、内転での痛みが無くなっていて、母指圧迫での痛みも改善していました。
ピソマの使用方法を説明し、副訴の腰痛に対する施術に移行しました。

井穴刺絡図

「疲労によるもの」と言われた右腰痛 60代男性

【症例】60代男性

【初診日】2013年11月5日(施術回数1回)

【現病歴】
7日前に荷物を持った時から右腰が痛む。
徐々に痛みは軽くなってきているが、前にかがむ時と立っている時に痛みが出てくる。
楽な格好で座っていると痛みも軽くなる。

受傷直後に医者にかかり、レントゲン上問題無かったので、疲労によるものだと言われ、薬と湿布を1週間分もらった。

【痛みの確認】
立位の前後屈、右側屈・回旋で右の腰に痛みが出ます。
特に前屈から立位に戻す時が最も痛みます。
左側屈・回旋では痛みがありません。
座位では後屈で右腰に痛みが出るだけで、前屈・左右側屈・回旋で痛みはありません。
痛みを感じる部分を押しても気持ちいいだけで、特に痛む点はありません。

【治療】
座った状態で鼡径部の圧痛点を押しながら動いてもらうと、座位での後屈時の痛みが無くなりました。
立位での前屈でも痛みが無くなり、後屈時の痛みは真ん中に移動しました。
右側屈・回旋での痛みは変わらず右腰にありました。

右足臨泣にパイオネックス・イエローを貼付すると、右回旋の痛みが無くなりましたが、右側屈と後屈の痛みは変わりません。
左足臨泣にパイオネックス・イエローを貼付すると、右側屈の痛みが少し減りました。
右崑崙にパイオネックス・イエローを貼付しましたが、右側屈の痛みは変わりませんでした。
右太衝にパイオネックス・イエローを貼付すると、右側屈の痛みが減りましたが、靴下を履く動作で痛みがありました。
操体法のカエルを行うと、右側屈の痛みが減り、靴下を履く動きも痛み無く行えるようになりました。
この時点で「立っているのが楽」とのことでした。

カエルをしばらく行うことを指示して治療を終了しました。

増悪を繰り返したぎっくり腰 60代男性

【症例】60代男性 川崎市多摩区在住 ’14年11月12日初診(治療回数4回※初~3診は往診)

【現病歴】
2日前に竹ぼうきで掃除をしていた際に違和感を感じ、座って休んでいたら、動けなくなった。
8日に1時間ほど普段やらない枝切りで無理な姿勢をとっていた。
去年の10月にもギックリ腰をやっている。
普段から腰がダルく、起床時には奥様に腰をさすってもらっている。

【痛みの確認】
立位では真っ直ぐに立つことができません。
歩くと腰に痛みが生じます。
容易に身動きできない様子だったので、仰臥位の確認のみとしました。
左右の足振り、膝倒し、股関節の屈曲、片足ずつの足上げでは痛みは出ません。
上体起こしと両足での足上げで腰に痛みが出ます。

【治療】
左右の臀筋をストレッチすると足上げでの痛みが改善しました。
股関節揺らしを施すと、足上げの痛みが無くなり、立位、歩行での痛みも大幅に改善しました。
体を冷やさないよう指示して、初診を終了しました。

「第2診」(初診の翌日)
【経過】
「起床時は良かったが、イスにしばらく腰掛け立ち上がった時から重い感じが続いている。ズキッとした痛みは無い。」とのこと。

【痛みの確認】
前屈、後屈、左右側屈、左右回旋での痛みは無く、歩行で重だるさ、両足での足上げ、上体起こしで腰の中央に痛みが生じます。

【治療】
股関節揺らし、臀筋ストレッチを施しましたが、ベッド上での痛みはそれほど改善が見られません。
百会と鼻中を指圧してみましたが、あまり改善が見られません。
再度股関節揺らしを施すと、足上げでの痛みが改善しました。
歩行動作での重だるさもほとんど無くなっていました。
股関節揺らしを励行するよう指示して第2診を終了しました。

「第3診」(初診から2日後)
【経過】
「昨晩右脇腹を痛め、行きつけの接骨院の往診で鍼治療を受けた(夜だったので当院では対応できず)。今朝は痛みは落ち着いている。」とのこと。

【痛みの確認】
前屈、後屈、側屈、回旋では痛みは無く、立位でやや腰椎が前屈気味。

【治療】
股関節揺らしと臀筋のストレッチを施すと、まっすぐ立てるようになりました。

「第4診」(初診から3日後)
【経過】
「ズキッと痛むことは無いが重い。」とのこと。

【痛みの確認】
両足での足上げで右腰に痛みが出ますが、前屈、後屈、側屈、回旋、上体起こしでは痛みは出ません。
側屈では左、回旋では右への可動域が対側に比べて極端に狭いことが確認できました。

【治療】
股関節揺らしと臀筋のストレッチを施すと、上体起こしでの痛みが無くなりました。

【その後】
第4診の1週間後に来院頂きましたが、「ほとんど痛みは無い」とのことでした。
腰が楽になるスクワットと歩き方の話をさせてもらい、治療を終了としました。