タグ別アーカイブ: 右大腿

肉離れ後に治りきらなった階段昇降で生じる右大腿痛 40代男性

【症例】40代男性

【初回日】’17年5月25日(施術回数2回)

【現病歴】
’17年5月21日に運動していて走った際に、右太ももに「ブチッ」という感覚があり、それ以来攣った様な感じが続いている。
5月22日に整骨院に掛かり「軽い肉離れ」と言われた。
現在は平地を歩く分にはマシになってきたが、階段は昇降どちらも痛みが出る。
イスなどに座って、患部が座面に当たっても痛みがある。
6月11日に試合があり、できればそれまでにこの痛みを何とかしたい。

【既往歴】
ここ5年間で、左右の太ももの裏や右ふくらはぎをそれぞれ1回ずつ計3回肉離れしている。

【症状の確認】
前屈(+)指床間距離28cm
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(+)左(-)

ランジ:右(+)左(-)
階段:昇(+)降(+)
座位:(+)

【触診】
IMG_0336
◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり

下肢の広範に渡って圧痛を検出できましたが、特に右の臀筋の起始部、膝窩、下腿外側に強圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法に関する希望は特に頂かなかったのですが、鍼施術はかなり以前に2回程度受けただけということだったので、マッサージとストレッチでの施術を提案し、了解をいただきました。
まず、うつ伏せになってもらい、圧痛を検出した臀部と下肢に対してマッサージを施しました。
次に起き上がってもらい、下肢のストレッチを患側の右を中心に左右共に施しました。
筋肉が十分にほぐれたことが確認できた後、起き上がってもらい、最初と同じように状態の確認を行いました。

前屈(-)指床間距離12cm
回旋:右(-)

ランジ(+)
階段:昇(-)降(-)
座位:(-)

ランジでの痛みは残りましたが、それ以外の動作による痛みは無くなっていました。

最後に「今回の痛みの原因は、受傷前に筋肉が硬くなってしまっていたことの可能性が高いこと」と「回復を早めるためには、足を保温し血流を確保すること」、「6月11日の試合で怪我を再発させないためにも、無理の無い範囲で運動を再開すること」を指示して初回を終了しました。

《第2回》’17年6月1日(初回の7日後)

【経過】
「階段の昇りで多少痛みは出るが、平地の歩きでは全く痛みも無く、だいぶ状態は良くなっている」
「2日に一度、3kmの道のりを往復している」
「自重でのスクワットを週に3回、10回を2セット行っている」

【症状の確認】
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(-)

ランジ(+)
階段:昇(+)降(-)

【施術】
前回の施術でかなり痛みが改善したようなので、同じ方向性での施術を試みました。
まず仰向けになってもらい、右臀部の筋肉をほぐすペア・ストレッチをほどこしました。
臀部の筋肉が十分に柔らかくなったのが確認できた後、起き上がってもらい、ランジと階段昇りをしてもらいました。

ランジは「10あった痛みが2~3に減った」そうで、階段昇りでの痛みは消失していました。

だいぶ痛みが改善したので、セルフケアとなる臀筋のストレッチを指導させてもらいました。
更に片足立ちでの動揺を確認すると、右の方が大きかったので、右片足立ちでのスクワットを指導して第2回を終了しました。

【その後】
’18年2月2日に首肩周りのコリ感で来院された際に、右太ももの状態を伺うと、「結局’17年6月11日の試合は出れなかったが、その後、右の太ももに痛みが再発することは無かった」とのことでした。