タグ別アーカイブ: 井穴

腹部の不快感と息の吸い辛さを伴う不安感 20代男性

【症例】20代男性

【初回日】2015年4月(施術回数1回)

【現病歴】
2008年頃から強烈な不安感が出るようになった。
精神的ストレスが原因として思い当たる。

【症状の確認】
深呼吸時、息を吐く時にお腹に詰まり感が出るそうです。
今現在は強烈な不安感は無いそうです。

【触診】
上腹部を触診してみると、みぞおちのすぐ下あたりを押すとしばらく違和感が残ります。

【その他】
サッカーをすると腰が痛くなるとのことだったので、腰の状態を確認しましたが、立位では動きに伴って痛みが出る事はありませんでした。
仰向けになってもらって膝を伸ばすと、腰に痛みを感じます。
ただし、この痛みは膝を曲げると軽くなります。

【施術】
セルフ・ケアが容易になるよう、ピソマでの施術を提案し了解をいただきました。
まず、仰向けに寝てもらい、左右のH5F5にピソマⅡを貼付。
その後、各4点に30回程度タッピングを施しました。
これでみぞおちを押した際の違和感が消失し、息を吸うのも楽になったそうです。

次に股関節揺らしを施すと、仰向けで膝を伸ばした際の腰の痛みも消失しました。

日頃から就寝しようと仰向けになった際に腰に痛みを感じたら、この股関節揺らしでお尻周囲の筋肉をほぐすよう指示して、施術を終了しました。

後ろに手を回す結帯動作が気になる右肩痛 60代女性

【症例】60代女性

【初回日】’17年3月31日(施術回数1回)

【現病歴】
’17年3月の始め頃から右肩が痛くなりだした。
思い当たる原因は特に無い。
肩を動かすと、その後に痛みが悪化する。
お風呂に入って体を温めても、痛みは特に変化しない。
医者には掛かっていない。
以前に左腕が上がらなくなったことがある。

【症状の確認】
前方挙上(±)
側方挙上(±)
水平内転(+)
水平外転(±)
結帯動作(+)

「結帯動作で生じる肩関節の上側の痛みが一番気になる」とのことだったので、この痛みを治療の効果判定の基準としました。

【触診】
IMG_0333
〇:圧痛あり
●:硬結あり
×:圧痛なし

肩関節周囲では肩峰外端の巨骨穴に圧痛を検出できました。
肩甲骨周囲では、肩甲骨内上角の肩外兪穴と肩中兪穴に圧痛を検出できました。
肩甲骨内縁には圧痛は検出できませんでしたが、鎖骨上窩には硬結が確認できました。
また上腕では、三角筋の筋腹部から停止部にかけて圧痛を検出できました。

【施術】
刺さない鍼「ピソマ」での施術を希望され、またうつ伏せの姿勢やジッとしているのが辛いそうなので、座位で施術を行いました。
圧痛を検出した、右肩外兪穴と巨骨穴にピソマⅡを貼付しタッピングを施し、再度結帯動作をしてもらうと、「腕に痛みを感じるようになった」とのこと。
これは「肩の痛みが減ったことで、今までもあった腕の痛みを感じられるようになったと思われます」と説明。
更に、右のH3・5・6にもピソマⅡを貼付し、タッピングを施しました。
再度、結帯動作をしてもらうと、「腕の後ろ(三頭筋)に痛みを感じる」とのこと。
肩周囲の痛みがだいぶ改善したようなので、以上で初回の施術を終了しました。

井穴刺絡図

捻挫と診断された左足首内側の痛み 20代女性

【症例】20代女性

【初回日】’14年2月24日(施術回数1回)

【現病歴】
’14年1月26日に左足首を捻って痛めたが、2週間前の2月10日に再び同じ個所を捻って痛めてしまった。
整形外科では捻挫と言われた。
週に一度の休日の運動が楽しみなので、少しでも早く痛みを無くしたい。

【症状の確認】
片足立ち:左(-)
つま先立ち:両足(+)左(+)

【触診】
痛みを感じる部分は足首の内側だそうで、商丘穴に圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法に関する希望は特に無かったので、再発時にも患者自らで対応できるよう、ピソマでの施術を試みました。
つま先立ちで痛みが生じていたので、ちょうど負担が掛かる左のF1隠白穴とF2大敦穴にピソマⅡを貼付し、30~40回ほどタッピングを施しました。
再びつま先立ちをしてもらうと、両足では痛みが出なくなりましたが、左足だけだとまだ痛みが出ます。
次にF1隠白穴とF2大敦穴のちょうど中間(第2大敦or中央大敦)にもピソマⅠを貼付し、同様にタッピングを施しました。
すると、片脚つま先立ちでの痛みが減りましたが、まだ痛みは残るようです。
更に、より患部に近い太白穴と公孫穴にもピソマⅡを貼付して、片脚つま先立ちをしてもらうと「痛む場所が移動した」そうです。
最後に、ピソマの使い方を指導して(ピソマはテープさえ代えれば何度でも使用できます)、初回を終了しました。

【その後】
3月1日(初回の5日後)に電話で足首の状態を伺うと、「週末の運動にも復帰できたが、今日少し痛めてしまった」とのことでした。

親指の刺激で改善した走った際の脛の痛み 10代 男性

【症例】10代 男性 運動部所属 2013年9月19日初診

【現病歴】
3週間ほど前から走っていると右脛の辺りに痛みを感じ、ひどい時には自転車を漕いでいても痛むことがあった。
整骨院で腰から右足にかけてマッサージや電気治療を受けているが、それほど痛みが改善しなかったので、当院に来院。

【痛みの確認】
片足でのつま先立ちとスクワット動作で痛みが出現。
痛みを感じる部位に圧痛があるが、左とそれほどの差は無い。

【治療】
親指への負荷が増すと痛みが生じていることから、親指の周囲を押してみると、F1に圧痛点があったので、同点にピソマⅡを貼付して更に刺激。
するとスクワット動作では痛みが無くなり、つま先立ちでも痛みも改善したとのこと。

次に指腹部の圧痛点にソマレゾンを貼付。
するとつま先立ちの痛みも無くなり、片足でジャンプできるようにまでなる。

再発時のためにピソマとソマレゾンの使用法を説明して治療終了しました。

【症例】忙しい時に増悪する頭のモヤモヤ感 30代女性

【症例】30代女性 川崎市多摩区在住

【初診日】’13年4月25日(施術回数1回)

【現病歴】
2年ほど前から頭が全体的にダルイ。
当時は仕事が忙しく、仕事を辞めて若干症状は改善された。
今は仕事が忙しい時に辛さが増すが、終わった後や最中はあまり感じない。

【症状の確認】
仰臥位で閉眼してもらうと、座位では感じなかった頭のモヤモヤ感が出てきます。

【施術】
仰臥位で左右H5F5にピソマⅡを貼付し、タッピングを加えると、頭部のモヤモヤ感が消失したそうです。

時間が余ってしまったので、眼精疲労改善の処置を施して、ピソマでのH5F5の刺激、運動を行うよう指示して、治療を終了しました。

井穴刺絡図