00413

「強く、キレイになる」ロジカル・トレーニング

理想のパフォーマンス、体型をお求めの方へ。
「キレイ」、「強い」には論理(ロジック)があります


【概要】
エクササイズやトレーニングは目的とする筋肉に筋力発揮させる(=使う)「動き」ができているかどうかで、効果や鍛えられる筋肉に大きな差ができてしまいます。
そしてこの「動き」は解剖学という論理で解き明かすことができます。
以下の様な悩みに直面し、エクササイズやトレーニング、或いはスポーツを止めてしまったという方は、ちょっとしたコツを知っていただければ、あとはご自宅などで実践していただくのみです。
※プロアスリートでもない限り、機具いらずの自分の体重(自重)を利用したトレーニングだけでも、十分に効果は得られます。

ぜひ一度ロジカル・トレーニングをご利用ください。

「ご利用例」「利用された方の声」もご参考にしてみて下さい。
無料カウンセリングもお気軽にご利用ください。


【パフォーマンス系】
「早く走る(速いボールを投げる、遠くに飛ぶetc.)ために鍛えるべき筋肉がわからない」
「マシントレでも自重トレでも、胸が鍛えられた実感がない」
「自分のトレーニング方法やフォームが正しいか自信が無い」
「スピードを落とさずに、体重を増やしたい(フィジカルを向上したい)」
「早く走れるようになりたい」

⇒スポーツでのパフォーマンスを高めるには、筋肉の中でも特にBIG3と言われるトレーニングで鍛えられる、胸筋や臀筋といった大きな筋肉を鍛えることがとても重要です。
しかしいくらトレーニングをしていても、身体のポジション(姿勢)が適切でないと、これらの大きな筋肉を鍛えることができません。パフォーマンスが上がらないばかりではなく、怪我の要因になってしまうこともあります。
解剖学的に適切なポジションを身に付け、効率的にパフォーマンスアップを行いましょう。

「臀筋を使ったスクワット」
%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0
http://kintorecamp.com/barbell-squat/より

「関連ブログ記事」
「ジョコビッチ選手のレシーブが強力な理由についての解剖学的考察~構え方とフットワークに関して~」
「サッカー選手に必要な筋肉とその鍛え方「広背筋」」
「体幹トレーニングで体幹部の能力を向上させることは難しい―メッシ選手を題材に―」


【障害の予防】
「身体を鍛えようとトレーニングを始めたら、腰(肩、膝etc.)を痛めてしまった」
「歩いていると真っ先にふくらはぎが辛くなる」
「普段は何ともないのに、走っていると膝が痛くなる」
「捻挫グセが治らない」

⇒体を痛めてしまう原因は「負荷が強すぎる」か「使い方が適切でない」のどちらかです。
「負荷の調整」は意図的に行うことが容易ですが、「使い方」は癖や可動域、筋力の関係で一朝一夕では解結できません。
体のバランスを確認した上で、適切なトレーニングを処方させていただきます。

「関連ブログ記事」
「軸足の存在によって生じる臀筋の左右差とその解消方法~ランニング中に起きる膝痛を題材にして~」
【考察】ジョーダン・ヘンダーソン選手の左踵の痛みが起きていない理由


【美容系】
「ヒップアップのためにスクワットを行っていたら、太ももが太くなった」
「バストアップのために行っていた腕立て伏せで、腕が太くなった」
「自転車を漕ぎ始めたら、脚が太くなった」
「エステに通っても、自分でマッサージしてもふくらはぎが細くならない」
「脚の太さと比較して、お尻の筋肉が少なくペッタンコな気がする」
「体重を減らしてもくびれができない」

⇒太ももやふくらはぎ、二の腕が太くなるのは、大腿骨や上腕骨といった骨が短いという形態的特徴(骨が短いと筋肉が太くなりやすい)の部分と、「お尻や胸の筋肉を使えていない」という運動の癖による部分があります。
「骨」を長くすることはほぼ不可能なので、我々日本人が人種の壁を越えて黒人の様な体型になることもほぼ不可能です。
しかし「筋肉」は誰が何歳から鍛え始めても必ず大きくなるので、お尻や胸といった体幹部近くの筋肉を使いやすいポジション(姿勢)を身に付けることで、今現在よりもメリハリやクビレのある体になることは可能です。

「参考画像」
hip
http://spotlight-media.jp/article/195621434509180598より

「関連ブログ記事」
「ヒップアップに一番効くエクササイズはこれっ!!!」

なお運動による減量(脂肪燃焼)効果は想像以上に微々たるものです。
「ダイエット(正確には減量)のために運動を始めたが、一向に体重が減らない」とお悩みの方は、まずはご飯やパン、お菓子などの糖分を徹底的に抜くことをお勧めします。

参考記事
「フルマラソン完走で無くなる脂肪の量知ってます?」
「究極のダイエット法」
「コーラとかカレーに入ってる砂糖の量って・・・」
「道端ジェシカさんもスワンポールさんも糖質制限食」


【姿勢関連】
猫背や肩の高さの不均衡といった不良姿勢の多くは、骨盤周囲、特に臀筋の柔軟性をストレッチで高めることで即効的に改善します。
下記画像は左がストレッチ前、右がストレッチ後です。
posture

シャツの袖を基準にした補助線とお尻のラインをなぞった補助線を引くと、いかに姿勢が良くなったかがわかりやすいと思います。
posture02

下の画像も左がストレッチ前で、左が後です。
ha-yu03


【持ち物等】
運動に適した服装、飲み物、タオル等適宜ご持参ください。
ご希望の方は画像・動画の撮影も無料で承りますので、体型がわかりやすい服装をご持参ください。

【料金】※’17年8月末まで¥2,000offのサマー・キャンペーン中
・ハーフセッション(30分)¥4,000
2~3種類のトレーニングを習得し、実践は自宅で行いたい方にお勧めです。

・フルセッション(60分)¥8,000
3~4種類のトレーニングを習得し、尚且つある程度の量をその場でこなしてしまいたい方にお勧めです。

※初回は無料のカウンセリング(10分)付きです。
※種目数はお客様の運動能力によって増減します。
※2回目以降は近隣のスポーツ施設等を利用することがあります。

無料カウンセリングもお気軽にご利用ください。


【参考画像】
当トレーニングが理想とする体型や動きを画像を交えながら簡単に説明させてもらいます。

「ウサイン・ボルト選手」
陸上男子100・200mの世界記録保持者
bolt02
https://pedroveranos.wordpress.com/blog-2/usain-bolt-and-marathon-strides/より

「モハメド・ファラー選手」
陸上男子5000m・1万mで五輪と、世界陸上を2連覇中の「長距離の王者」
mo_farah18
https://pedroveranos.wordpress.com/blog-2/usain-bolt-and-marathon-strides/より

「アリソン・フェリックス選手」
陸上女子短距離の選手で、ロンドン五輪と世界陸上大阪大会で三冠を達成。
allyson-felix04
https://www.pinterest.com/tweddledee/allyson-felix/より

ボルト選手、ファラー選手、アリソン選手の三者共に太モモの前側の筋肉(大腿四頭筋)とふくらはぎ(腓腹筋、ヒラメ筋)はそれほど発達していません。
これは大腿四頭筋は膝を伸ばし(伸展させる)、腓腹筋とヒラメ筋は足首(足関節)を伸ばす(底屈させる)作用を持つ筋肉で、「走る」という動作においては推進力を得るために大きく関わる筋肉ではないためです。

またふくらはぎは比較的脚の末端部になるため、高速な運動を要求される個所です。末端部の筋肉が肥大し過ぎると重りとなってしまうため、高速に動かすことが難しくなります。

またボルト選手は195cmという長身、ファラー選手とアリソン選手は脚が長いことも足が速い要因の一つです。
※身長と脚の長さの記録に対する影響は『流れとかたち――万物のデザインを決める新たな物理法則』に詳しく解説されています。

「ジネディーヌ・ジダン選手」
FIFA最優秀選手に輝くこと三度。中心選手としてヨーロッパの主要タイトルをほぼ制覇。
左右の足から繰り出す精度、威力とも強烈なシュートとパス、更にはスピードはそれほどでもないにも関わらず、抜群のボールコントロールでドリブルでもほとんどボールを奪われませんでした。
ジダン07
http://www.taringa.net/posts/deportes/5768742/Simplemente-historia-Yaned-Zinedine-Zidane.htmlより

「羽生結弦選手」
ソチ五輪フィギュアスケート男子シングル金メダリスト。
slide_330833_3390949_free
http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/26/itsuki-machida_n_5038525.html?utm_hp_ref=japan-sports#slide=3555374より

ジダン選手と羽生選手は軸足になる脚(画像では両者とも左脚)を深く倒しても、上半身が安定した状態をキープできています。この軸足の倒れこみが大きくなるほど、サッカーでは深い切り返しが、フィギュアスケートなどの表現運動では滑らかで美しい動きが可能になります。
そしてこの動きが可能になるためにはお尻の横側にある中殿筋がとても柔軟で、かつ筋力も十分にあることが必須となります。

※以上の画像はあくまで当トレーニングで目標とする体のイメージです。
身長や骨格の関係もあり、実践者全員がこういった体型になれるという訳ではありません。


【受講例】
40分以上走ると痛むシンスプリントと診断された左脛痛 16歳男性
2年以上繰り返した左膝痛 16歳男性

【利用された方々の感想】
少しずつ理想の身体になってきています!!安藤様 27歳女性

無料カウンセリングもお気軽にご利用ください。


【関連ブログ記事】

「ランニング関連」
「軸足の存在によって生じる臀筋の左右差とその解消方法~ランニング中に起きる膝痛を題材にして~」
「過剰静止症候群から効率的な走り方まで」
「腸脛靭帯炎(ランナーズニー)が疑われる膝外側の痛み」

「トレーニング関連」
「ジョコビッチ選手のレシーブが強力な理由についての解剖学的考察~構え方とフットワークに関して~」
「サッカー選手に必要な筋肉とその鍛え方「広背筋」」
「体幹トレーニングで体幹部の能力を向上させることは難しい―メッシ選手を題材に―」

「怪我予防関連」
「ストレッチによる腰痛対処法-腰痛の原因は腰にあらず-」
【考察】ジョーダン・ヘンダーソン選手の左踵の痛みが起きていない理由
「捻挫はクセになる?」-大谷選手の捻挫に関する一考察-

「美容関連」
「【ながら美脚・美尻】レッスンNo.1「歩き方」」
「【ながら美脚・美尻】レッスンNo.2「階段の昇り方」」
「【ながら美脚・美尻】レッスンNo.3「自転車の漕ぎ方」」
「【ながら美脚・美尻】レッスンNo.4「正しい足裏の荷重ラインを知る方法」」
「ヒールが高いほど脚が細く綺麗に見える理由に関する解剖学的考察」
「ヒップアップに一番効くエクササイズはこれっ!!!」

「ダイエット(痩身)関連」
「フルマラソン完走で無くなる脂肪の量知ってます?」
「究極のダイエット法」
「コーラとかカレーに入ってる砂糖の量って・・・」
「道端ジェシカさんもスワンポールさんも糖質制限食」


【参考書籍】

【ランニング関連】
『42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」 』
『足が速くなる「ポンピュン走法」』
『無理なく走れる“気”ランニング』
『朝原宣治のだれでも足が速くなる』
『競技者とコーチのための陸上競技ダイナミックス』
『走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記!』

【トレーニング関連】
『スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? アスリートの科学』
『ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉』
『運動科学―アスリートのサイエンス』
『小山裕史のウォーキング革命~初動負荷理論で考える歩き方と靴』
『初動負荷理論による野球トレーニング革命』
『写真でわかるファンクショナルトレーニング』
『クリニカルストレッチ―トレーナー、治療家のための臨床的ストレッチ入門』
『プロメテウス解剖学 コア アトラス』
『流れとかたち――万物のデザインを決める新たな物理法則』
『使える筋肉・使えない筋肉 理論編―筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?』
『使える筋肉・使えない筋肉 実技編―強くて使える筋肉をつくるトレーニング法120』

【美容関連】
『主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる!』
『腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」 肉を食べても酒を飲んでも運動しなくても確実に痩せる!』
『最終ダイエット「糖質制限」が女性を救う!』
『皮膚は考える』
『傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学』

無料カウンセリングもお気軽にご利用ください。