高血圧と塩分のウソ・ホント

「高血圧にならないために塩分の摂取は控えましょう」

まことしやかに口にされるこの言葉ですが、実は高血圧と塩分の摂取量には相関関係が無いことが、いくつかの研究から発表されています。

詳細はこちらの記事をご参照下さい。

もちろん高血圧の原因を「塩分の過剰摂取」とする研究も存在します。

なぜ相反する結論が導かれるかというと、全く同じ研究が行われても、その結果を「有効」と判断するか「無効」と判断するかは多くの研究では結局人間の判断によるからです。

減塩によって血圧が下がる等の効用が存在することは一部で認められているのですが、それをどんなに僅かなものであっても「有効」と判断するか、「無効」と判断するかはその人・研究者の主観頼みなのです。

抗がん剤の治療にも同様のことが言えるのですが、そちらは別の機会に書きたいと思います。

実際に鍼灸臨床を行っていても、下肢の循環障害(しびれ、冷え)といった高血圧の要因となるような方の治療を行っていると、甘い物の過剰摂取がその原因であることが多いです。

高血圧を気にされている方は、服薬や減塩の前に、野菜を多く摂る、甘い物、脂っこい物の摂取を控える。
この2点を是非お試しください!!!

「高血圧について」も是非ご参照下さい。

「2016年12月26日追記」
その後、血圧を上げる複数の要因のうち、血管内皮を傷つけ血流を悪化させるのは「高血糖」状態が主要因ということがわかりました。
従って、現在では甘い物や炭水化物に含まれる糖分を避ければ血圧は下がると考えています。
脂っこい物(脂質を多く含むもの)はいくら摂取しても血糖値は上がらず血管内皮を傷つけません(トランス脂肪酸のみ、傷つける可能性あり)。
このことから塩分同様、脂質の摂取によって高血圧を招くと考えることは理論的に無理があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です