20150413143814

甘い物の害 -しびれの原因として-

最近の日本では巷に甘い物が溢れかえっています。

果物の糖度も昔に比べるとかなり高くなっていると聞きます。

そしてスイーツブームなどもあり甘い物を食べるのが習慣化しています。

しかし生活習慣病のひとつである糖尿病は「血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病名(from wikipedia)」とありますように糖分の摂り過ぎが原因です。

(ブドウ糖というのはもちろん糖分のことです。)

「そんなことわかっているよ」とおっしゃる方もいるかと思います。

しかし鍼灸の臨床をしていて、「足がよくつる」、「足がしびれる」といった糖尿病に一般的な症状を訴える方に「甘い物(糖分)を控えて下さい」と言うと「そんなこと初めて言われた」という方がほとんどです。

上記のような足の症状は、血糖値が高くなくても(検査で異常と言われなくても)、身体が異常を示しているサインです。

もし、足がよくつる、しびれる、という方は一度甘い物(糖分全般)を控えてみてください。

それでも症状が改善しないという方は、一度当院を受診してみて下さい。

また、インスリンを注射しても血糖値が下がらない、もしくは症状が改善しないという方がいらっしゃったら一度当院を受診してみて下さい。

(2011年5月2日ブログ掲載の記事を再掲)