親指の刺激で改善したジャンプ時の脛の痛み 20代 女性

【症例】20代 女性 運動部所属 2013年9月22日初診

【現病歴】
3週間前の合宿時から左脛の内側の表面が痛む。
ウォーミングアップで痛みは楽になるが、無くなるということは無い。

【痛みの確認】
片足での爪先立ち、ジャンプで左脛に痛みが出る。

【治療】
患部の三陰交、蠡溝付近に圧痛点があったので、同点にパイオネックス・イエローを貼付するも痛みは変化無し。

足の親指の先に激痛の圧痛点があったので、そこにソマレゾンを貼付すると、爪先立ちでの痛みが減少。

更にF1とF2の中間に圧痛点があったので、そこにピソマⅡを貼付すると、爪先立ち・片足ジャンプともに痛みが消失。

「脛そのものの問題による痛みではない」ことと、ピソマの使用法を説明して治療を終了。