親指の刺激で改善した走った際の脛の痛み 10代 男性

【症例】10代 男性 運動部所属 2013年9月19日初診

【現病歴】
3週間ほど前から走っていると右脛の辺りに痛みを感じ、ひどい時には自転車を漕いでいても痛むことがあった。
整骨院で腰から右足にかけてマッサージや電気治療を受けているが、それほど痛みが改善しなかったので、当院に来院。

【痛みの確認】
片足でのつま先立ちとスクワット動作で痛みが出現。
痛みを感じる部位に圧痛があるが、左とそれほどの差は無い。

【治療】
親指への負荷が増すと痛みが生じていることから、親指の周囲を押してみると、F1に圧痛点があったので、同点にピソマⅡを貼付して更に刺激。
するとスクワット動作では痛みが無くなり、つま先立ちでも痛みも改善したとのこと。

次に指腹部の圧痛点にソマレゾンを貼付。
するとつま先立ちの痛みも無くなり、片足でジャンプできるようにまでなる。

再発時のためにピソマとソマレゾンの使用法を説明して治療終了しました。