眼睛疲労と筋肉のコリによる首肩の痛み 20代 男性

【症例】20代 男性 2013年6月11日初診(治療回数1回)

【現病歴】
1~2ヶ月前から仕事内容が事務作業が増えたためか、肩首が凝り固まっている。
胸が開きづらいように感じている。
特に最近1ヶ月は症状がひどい。
仕事中はそれほどでもないが、仕事終わりや夜につらさがある。

【痛みの確認】
首を右斜め前屈、左斜め後屈すると左首に痛みがあります。
首を前後屈、側屈、回旋させても、肩関節を前方・側方挙上、水平内転・外転させても痛みはありません。

【治療】
眼睛疲労と症状がリンクしているので、眼睛疲労時に押したくなると言う左右攅竹をティソマで刺激。

刺激直後に「はっきり見えるようになった」そうで、右斜め前屈は痛みが無くなり、左斜め後屈も痛みが改善しました。

「痛む場所がはっきりしてきた」そうなので、患部を触診すると、左肩井・肩外兪に圧痛を検出したので、同点にパイオネックス・イエローを貼付すると、左斜め後屈の痛みは無くなりました。

ここで両手を同時に前方挙上すると、左背部に痛みが出ることが新たに分かりました。
左衝陽にパイオネックス・イエローを貼付すると、この痛みも無くなりました。
痛みが無くなったところで、前胸部、前脛部と前腕橈側をストレッチすると更に胸が開くようになりました。

眼睛疲労からくる首の痛みが考えられるので、永松眼科クリニックで宮下さんの検眼を受けるよう支持して治療を終了しました。

10日後に様子を伺ったところ、「首肩の痛みは無い」とのことでした。