セルフケアで消失した首の真ん中の痛み 20代 女性

【症例】20代 女性 2013年5月22日初診

【現病歴】

数年前から首に痛みがあり、ここ1ヶ月で悪化している。
気候の変化と仕事が原因と考えている。
整骨院ではコリが原因と言われた。

【痛みの確認】
後屈で首の骨(頚椎)上に痛みが出て、左右の側屈で張り感があります。
前屈、左右回旋では問題ありません。

●初診
【治療】
百会に数回単刺すると後屈の痛みが無くなりました。

手の甲にハペロールをコロコロすると、右側屈は張り感が無くなりましたが、左側屈にはまだ張り感が残ります。

右中渚にパイオネックス・イエローを貼付すると左側屈の張り感が減少しました。

右背部にも痛みがあるとのことなので、そちらも治療して第1診を終了しました。

●第2診
「治療後2~3日は良かったが、仕事をしたら首の痛みが戻ってしまった」とのこと。

【痛みの確認】
後屈での頚椎上の痛みがありましたが、他の動作は問題ありませんでした。

【治療】
仕事で痛みが再発してしまったこと、本人もなるべく通院したくないとのことなので、極力セルフケアの方法を模索しながらの治療を試みました。

首の前屈のストレッチを行うと後屈の痛みが減りました。

百会とその前後をペンで刺激すると、後屈の痛みが「10から3になった」そうです。

更にパイオネックス・ブルーを百会に貼付すると後屈の痛みが無くなりました。

ストレッチの方法と百会の位置を教え、パイオネックス・ブルーを10個購入して頂いて治療を終了しました。

【その後】
1週間後に様子を伺うと、痛み無く過ごされているそうでした。