眼精疲労による頚痛 30代女性

【症例】30代女性 東京都調布市在住

【初診日】’14年4月15日(施術回数1回)

【現病歴】
’14年4月1日頃から午前中に後頭部が痛くなり始めた。
ほぼ同時に起床時にスッキリしない感じも出始めた。
3月後半にPC作業が多かったので、目の疲れが影響している気がする。
4月の第1週は頭がズキズキして、現在は頚肩の方が辛い。
ストレッチで症状は改善する。
視力は普段はコンタクトを使用して左右共に1.0程度。
裸眼だと右0.5、左0.01程度。
仕事の日と休日で症状差は感じない。
痛みのために集中力が落ちてしまっているので、一刻も早く何とかしたい。

【症状の確認】
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(+)
斜前屈:右(-)左(+)

【触診】
img_0254
〇:圧痛あり
後頭部に圧痛を検出できました。

【施術】
訴えのとおり眼精疲労の影響が考えられたので、まず座位のまま眼周囲の攅竹穴、瞳子髎穴にティソマを当てて刺激しました。
視力表が見えやすくなったことを確認してから、再度頚の左回旋、左斜前屈をしてもらうと両方とも痛みが無くなっていました。
天柱穴にも単刺術を施して、施術を終了。
検眼を1年以上していないとのことだったので、検眼を受けることと普段の生活では眼精疲労に気を付けるよう指示しました。