手のコリから生じた左首肩の痛みとしびれ 50代 男性

【症例】50代 男性 2014年2月11日初診(治療回数2回)

【現病歴】
今年の1月30日から首肩の痛みと腕に響くしびれがある。
10年前から数年に一度同様の症状があるが、原因はよくわからない。
整形外科では頚椎症の神経根症と言われた。
背筋を伸ばすと痛みが強くなる。
寝る時も右を下にしないと痛みが出る。

「初診」
【症状の確認】
首の後屈と斜め右後屈で左肩から腕に痛みが出ます。
前屈、側屈、回旋、斜め前屈では痛みは出ません。

ベッド上で左側臥位、仰臥位になってもらうと左肩に痛みが出ます。
右側臥位では痛みは出ません。

【治療】
左合谷にパイオネックス・イエローを貼付すると、後屈、右斜め後屈ともにいたみが改善しました。
左H6にピソマⅡを貼付すると、更に痛みが減りました。
ここで「左斜め後ろに倒すと痛む」ことがわかりました。

右四トクにパイオネックス・イエロー、右H2にピソマⅡを貼付すると、左斜め後屈の痛みが減りました。

左完骨・腕骨・H4をパイオネックスとピソマで刺激しましたが、痛みは変化しませんでした。

ここで左側臥位・仰臥位になってもらうと、左側臥位は痛みがありませんが、仰臥位では数十秒経過すると痛みが出てきます。

「第2診」
【経過確認】
「一度だいぶ楽になったが、また痛み出した」
「いつも肩の痛みが出だす時の感じに似ている」
「思い当たるような生活の変化はない」
「今は座っているだけでもしびれがある」

【痛みの確認】
やはり初診時と同様、首の後屈、左右斜め後屈で左肩に痛みが出ます。
その他の首・肩の動きでは痛みは出ません。

【治療】
左右合谷・手三里のコリに対してパイオネックス・イエローを貼付する度に、痛みが改善していきました。
更に左崑崙・天ユウ・巨骨への刺激で痛みが改善しましたが、天柱から肩外兪に至るライン上や衝陽では変化しませんでした。

最後には首を左斜め後屈しない限り(座っているだけでは)痛みは出なくなりました。

ご自分で合谷や手三里をマッサージするよう指示し、またその方法をお伝えして治療を終了しました。