運転で悪化する腰痛 40代男性

【症例】40代男性 川崎市多摩区在住

【初診日】’15年3月4日(施術回数1回)

【現病歴】
’15年1月20日頃から左の腰が痛むようになった。
痛みはやや悪化している。寝ていて痛みで目が覚めることはない。
思い当たる原因はない。
整形外科ではレントゲンで撮影し、骨には異常はないと言われた。
立ち続けたり、長時間運転していると悪化する。

【既往歴】
30歳頃に糖尿病と診断された。
現在は服薬などはしていない。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(-)左(±)
回旋:右(-)左(±)

〈仰臥位〉
足上げ:右(-)左(-)左右(+)
上体起こし(+)

【施術】
施術方法の希望は特に無かったので、まずは左臀筋のストレッチを施し、筋肉を十分にほぐしました。
左右両方の脚を膝を伸ばした状態で上げてもらうと、先ほどよりも痛みが減っているそうです。

次に伏臥位になってもらい、左屈伸部にパイオネックス・イエローをを3か所貼付しました。
再び仰向けになってもらい、左右両方の脚上げをしてもらうと、またしても腰の痛みが減っているそうです。

更に左足臨泣穴にもパイオネックス・イエローを貼付し、右臀筋のストレッチを施し、起き上がっても症状を確認しました。
すると前後屈、左側屈、左回旋での左腰の痛みが無くなっていました。
長時間の立位や運転中の腰の痛みを日常生活の中で確認してもらうよう話して、初診を終了しました。

【その後】
1週間後の3月11日に左肩の痛みで来院されましたが、「運転で腰が痛むことは無かった」そうです。