10年前の後遺症による腰痛 30代 男性 東京都在住

【症例】30代 男性 東京都在住 ’14年9月来院(治療回数1回)

【現病歴】
10年くらい前にスノボで腰を捻り、鍼治療で痛みは良くなったが、その後痛むことある。
整形外科で電気治療を受けたが、効果を感じなかった。

【痛みの確認】
前屈と後屈で左右の腰から背中に、左右側屈で左腰に痛みが出ます。
回旋では痛みはありません。

仰臥位では、膝を伸ばすと曲げた状態と比べると腰に痛みを感じます。
膝を伸ばしたまま左右に他動で足を振る(立位の側屈と同じ動き)と、左腰に痛みが出ます。

【治療】
股関節揺らしを行うと、仰臥位で膝を伸ばした時の痛みが無くなりました。
まだ足を振ると左腰に痛みが出ます。

左右臀筋のストレッチを施すと、右に足を振った際の痛みは無くなりましたが、左に振った際の痛みが残ります。

ここで立位での痛みを確認すると、前屈・後屈・右側屈は痛みが無くなっていました。
左側屈のみ痛みが残ります。

痛みが出ない範囲で左側屈してもらい、圧痛を検出した左志室にパイオ・イエローを貼付すると、左側屈の痛みが軽くなりました。

臀筋のストレッチを励行するよう指示して治療を終了しました。

【その後】
1週間後に肩こりで来院された際に様子を伺うと、「次の日だけ痛んだが、その後は痛みは無い」とのことなので、略治としました。

その後も時折体の使い方等をお話させて頂く機会がありましたが、腰痛を訴えられたことは一度だけで、その際もストレッチだけで痛みは消失しました。