側湾が原因と診断された腰痛 川崎市多摩区在住 50代 女性

【症例】50代 女性 2014年4月8日受診(治療回数1回)※他疾患で来院済み

【現病歴】
40代の頃に腰痛を発症し、整形外科で側湾症によるものだと言われた。

【痛みの確認】
立位で腰を右側屈させると右腰に痛みが出ます。
前後屈、左側屈、左右回旋では痛みが出ません。

【治療】
股関節揺らし、膝倒し、カエルを行うと、右側屈での痛みが無くなりましたが、右側屈しながら30°ほど右回旋を加え、そこから立位に戻ると右腰に痛みが出ます。

痛みが出る姿勢になってもらい、右屈伸穴にパイオネックス・イエローを貼付すると、この痛みもなくなりました。
揺らしを施して治療を終了しました。

1週間後に頚の痛みで来院された際に様子を伺うと、「次の日に引っ張られる感じがあったが、それ以降は全く痛まない」とのことなので、略治としました。

治療前後で側湾の具合も確認したのですが、それほど変化はありませんでした。

こちらの症例同様、痛みと歪みは関係性が低かったことが予想されます。