1度の治療とセルフケアで消失した1年以上続いた膝痛 20代 女性

【症例】20代 女性 運動部所属 2013年8月19日初診

【現病歴】
プレー中の右膝の痛みが1~2年ほど前からあり、痛みのせいで全力でのプレーができずに困っている。
色々と治療を受けて改善した部分もあるが、まだかなり痛むとのこと。

【痛みの確認】
正座やウンコ座りでは膝に痛みを感じず、片足でのスクワット動作で膝の前面に痛みを感じる。

【治療】
膝を曲げるだけでは痛みが出ないので、膝そのものの問題ではないと思われましたが、膝蓋腱に著明な圧痛があったので、まずはそこにピソマを貼付してみました。
しかし痛みはほとんど改善しませんでした。

次にスクワット動作という足の指への負担が高まった時に痛みを感じているので、右F6にピソマを貼付してみたところ、大幅に痛みが減少しました。

更に圧痛点があった爪の付け根の真ん中にもピソマを貼付したところ、ほとんど痛みが無くなりました。

運動選手なので、痛みが再発する可能性もあることと、ピソマの使用方法を説明して治療を終了しました。

1ヶ月ほど後、状態を聞くと、気づいた時に人差し指をピソマで刺激していたら全く痛みが無くなったそうです。