患部の刺激で改善した右前胸部痛  20代 男性

20代 男性 2013年7月18日初診

【現病歴】
1週間前に自転車から落車して以来、右胸骨から大胸筋、脇、肩甲骨に痛みがある。

医者では骨には異常はないと言われた。
マッサージで少し良くなったが、未だに動かすと痛みがあり動きも悪い。

冷やすと痛みが引くが、温めても痛みに変化は無いそうです。

【痛みの確認】
首を前屈、左側屈、右回旋、右斜め前屈させると右前胸部に痛みがあります。
後屈、右側屈、左回旋、左斜め前屈、左右斜め後屈では痛みはありません。

右腕を前方挙上、側方挙上、水平内転、水平外転、結髪・結帯動作すると右前胸部・腋窩・背部に痛みがあります。

痛みを感じる胸骨の脇や鎖骨の下を抑えると激痛の圧痛点があります。

【治療】
右鎖骨下の圧痛点5点にパイオネックス・イエローを貼付すると、首と肩を動かした時の胸の痛みが減りました。
背中の痛みがより気になるようになったそうです。

圧痛を検知した右督兪・言意言喜(イキ)にパイオネックス・イエローを貼付すると、背中の痛みが無くなり、脇の痛みが気になるようになりました。

これまた圧痛を検知した右淵腋周囲3点にパイオネックス・イエローを貼付すると、脇の痛みが無くなり、右腕を水平外転した際の右胸の痛みだけが残りました。

右胸骨際の圧痛点5点にパイオネックス・イエローを貼付すると、更に胸の痛みが減りました。

右H1・F3にピソマⅡを貼付しましたが特に変化はありません。

次に仰臥位で膝を揃えて左に倒してもらうと右胸に痛みが出ます。
操体法の膝倒しを行うとこの痛みが少し減りました。
更に圧痛を検知した胸骨際にソマセプトを貼付すると、膝を倒した時の痛みが無くなりました。

仰臥位から起き上がろうと頭を持ち上げると痛みが出るそうなので、右完骨・胸鎖乳突筋上の圧痛点3点にパイオネックス・イエローを貼付すると、頭を持ち上げた際の痛みも無くなりました。

4日後に状態を伺うと痛み無く日常生活が送れているそうだったので略治としました。

【感じたこと】
鍼灸は経絡というものを考えて遠隔から痛みなどの症状を改善することがありますが、受傷機転で患部の筋肉等の損傷が考えられる場合は、愚直に患部周囲を触診して、圧痛点に刺激を入力していくのが効果的だなと感じた症例です。