手指のシビレを伴う右首痛 60代女性

【症例】60代女性

【初回日】2018年4月7日(施術回数2回)

【現病歴】
2018年4月1日の起床時に左右の指先にシビレを感じ、その後首にも痛みを感じるようになった。
その後、首の痛みは徐々に悪化している。
思い当たる原因は特に無い。
医者には掛かっていない。
痛みがよくなれば、方法は何でも構わない。

【副訴】
右腕を横から上げると違和感がある。

【症状の確認】
<頚>
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(+)左(+)
斜め前:右(+)左(+)

<肩関節>
外転(±)

<手指のシビレ>
グーパー動作:右(±)左(-)

【触診】

○:圧痛あり
×:圧痛なし

後頭部と右肩(肩外兪穴と巨骨穴)、右腕(曲池穴、合谷穴、魚際穴)に圧痛を検出できました。

【施術】
やや押圧刺激に対して痛みを感じているようだったので、鍼とマッサージでの施術を提案し了解をいただきました。
まず、うつ伏せになってもらい、右を中心に頚肩部の圧痛検出部位に単刺術とマッサージを施しました。
次に仰向けになってもらい、右前腕から手部までの圧痛部位に、先程と同様に単刺術とマッサージを施しました。
ここで右手をグーパーしてもらうと、僅かに感じていたシビレが無くなっていました。
更に頚を動かしてもらうと、
前屈(-)
後屈(-)
側屈:左(+)
回旋:右(±)左(-)
となっていました。

右肩を外転した際の違和感も消失していました。

残った左側屈時の右肩の痛みも、座位で右肩井穴を押圧しながら、頚を動かしてもらったところ、左側屈での痛みと右回旋での違和感が消失しました。

最後に「今回の痛みは筋肉が硬くなってしまったことによるものの可能性が高いので、意識的に頚肩を動かしてください」と伝えて初回を終了しました。


<第2回>2018年4月16日(初回の9日後)

【経過】
「右手のシビレは出なくなった」
「右の首肩に張り感を感じる」

【症状の確認】
前屈(+)
後屈(-)
側屈:右(±)左(+)
回旋:右(-)左(+)
斜め前:右(-)左(+)
初回に較べると痛みの出る動きが減っています。

【施術】
まずは初回と同様、右を中心に頚肩部に単刺術とマッサージを施しました。
首周りの筋肉が柔らかくなったのを確認し、起き上がってもらい、最初と同様に痛み具合を確認ました。
すると、前屈と左側屈で右後方の痛みが残るものの、右側屈、左回旋での違和感と痛みが消失していました。
座ってもらったまま、右の肩外兪穴と肩井穴を指圧したまま首を動かしてもらったところ、これらの痛みも消失しました。
その後、右の肩井穴と肩外兪穴にピソマⅠを貼付しました。
最後に仰向けになってもらい、手足にマッサージを施して、第2回を終了しました。

【その後】
腰痛や、腰痛予防のための体操指導に3か月間で計6回通ってもらいましたが、頚の痛みを訴えることはありませんでした。

手指のシビレを伴う右首痛 60代女性」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2018年10月2日 | 川崎市多摩区|えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です