抱っこで生じた右頚部の痛み 30代女性

【症例】30代女性

【初診日】’17年2月21日(施術回数1回)

【現病歴】
3日前の2月18日の夕方から首が痛くなりだした。
横を向いたり、左に捻ると痛む。
子供を抱っこしたことと、疲労が原因として思い当たる。
痛みの程度は発症時からほぼ平行線で、湿布を貼ったり、睡眠後は楽になる。
新しい仕事を始めてまだ間もないので、なるべく早く痛みを改善させて仕事に集中できるようにしたい。

【既往歴】
20代で自然気胸。

【触診】
IMG_0272
右の天柱穴と肩外兪穴に強圧痛、曲池穴、巨骨穴、合谷穴といった箇所に圧痛を検出できました。

【症状の確認】
頚部の動き
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(+)
※痛みは全て右側に出ます。

【施術】
弱い刺激での施術を希望されたことと、触診時の押圧ですら痛がったことから鍼での施術を選択。
まず伏臥位で圧痛を検出した天柱穴や肩外兪穴を中心に僧帽筋上部線維、曲池穴、合谷穴に単刺術を施しました。
起き上がってもらい頚を左回旋してもらうと、可動域が広くなったものの痛みは「最初と変わらない」とのこと。
座位のまま痛みを感じるという、頚百労穴に運動鍼を施すと、可動域が更に広がり、痛みも「少なくなった」とのこと。
咬筋が右の方が発達していたことと、奥歯も右の方がすり減っていたことから、夜間に食い縛りがあることが考えられ、それが頚の筋肉を硬くしている可能性について説明。
筋肉を柔らかく保つために、頚周りの保温と運動を心掛けるよう指示しました。
説明後に再度頚を動かしてもらうと、少し冷えたせいか痛みが再燃していたので、把握揉捏や手掌軽擦で頚部を刺激して温めると痛みが改善しました。

【その後】
9日後にお電話で「スッカリ良くなった」とご報告いただきました。

抱っこで生じた右頚部の痛み 30代女性」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2017年3月7日 | 【川崎市多摩区】えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です