10年以上患った眼精疲労による頭の圧迫感 40代男性

【症例】40代男性 川崎市多摩区在住

【初診日】’16年3月18日(施術回数1回)

【現病歴】
2000年頃から顔面部と後頭部に圧迫感や重だるい感じがあり、脳への血流が抑えられている感じがする。
疲労やストレス、姿勢が悪い事が原因として思い当たる。
ヨガで40~50分体を動かすと翌日は調子がいい。
PC作業で症状が悪化する。
特に30代の時、夜中にPC作業をすることがあり、その時は特に症状がひどかった。
指圧を受けるとリラックスできて症状が改善するが、翌日には再燃してしまう。

【既往歴】
7~8年前にレーシックの手術を受けた。

【触診】

○:圧痛あり

天柱穴、腋窩部、合谷穴、前頚部に圧痛を検出しました。

【症状の確認】
頚部の前後屈、側屈、回旋に伴う症状の変化はありませんでした。
眼を閉じると開いているよりも圧迫感が楽になるそうです。

【施術】
鍼施術を希望されたので、伏臥位で圧痛を検出した天柱穴や肩背部に単刺術とマッサージ、その後仰臥位で合谷穴への単刺術と頭顔面部のマッサージ、股関節揺らしを施しました。
起き上がってもらい状態を伺うと、「眼を開けていても辛くない」、「腰も楽になった」とのこと。

目を酷使すると症状が悪化する、閉眼で症状が楽になる、天柱穴や眼の周囲を刺激することで症状が改善したことから、眼精疲労によるものの可能性が高いことと、ホットアイマスク等で温めれば再度増悪しても対処可能でしょうと伝えて初診を終了しました。

【その後】
1週間後の3月25日に腰痛を訴えて来院されましたが、「頭の症状は自分でマッサージしたり、ホットアイマスクを使用して楽になっている」とのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です