「ヘルニア予備軍」と診断された右鼡径部から大腿に広がる痛み 40代男性

【症例】40代男性

【初回日】2018年10月4日(施術回数2回)

【現病歴】
2018年8月末日の起床時から右の脚の付け根(鼡径部~大腿部)に痛みを感じるようになった。
思い当たる原因としては、前日の夜に開脚の柔軟体操をしたことくらいしだが、これも今年の始め頃から習慣として行っていることなので、いつもと違うことをやった訳ではない。
普通に立っている分には全く問題はない。
前屈みになったり、しゃがんだりすると痛みが出る。
日によっては、寝る時にも痛みが出る。
9月20日頃に整形外科を受診し、レントゲン検査の結果「ヘルニア予備軍」と言われ、安静を指示された。
週末(3日後)に子供の運動会があり、親として参加するプログラムがあるので、できればそこに参加したい。
症状がよくなれば方法は何でも構わない。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(±)左(-)
回旋:右(-)左(-)

しゃがむ(+)
腿上げ:右(-)左(-)

〈仰臥位〉
足上げ:右(-)左(-)
上体起こし(+)

〈側臥位〉
右(-)左(+)

【触診】

◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

右の大腿部には圧痛が検出できなかった一方、右の鼡径部と側腹部、臀部に圧痛を検出できました。
特に右側腹部は強圧痛でした。

【施術】
「痛みを感じる部分は脚の付け根(鼡径部)から太腿(大腿部)とのことですが、腹圧が掛かる運動をした際に痛みが生じているので、押して痛かった部分の筋肉には腹圧を上げる働きがあるので、そういった筋肉をストレッチやマッサージで柔らかくすれば、痛みは軽くなると思います」と説明。
また触診時のリアクションから、やや圧刺激に敏感な様子だったので、まずはストレッチで臀部の筋肉をほぐし、その後にマッサージで臀部をほぐすことを提案し、承諾をいただきました。

まず仰向けになってもらい、右臀筋にストレッチを施しました。
可動域が増し、筋肉が柔らかくなったのを確認してから、次にうつ伏せになってもらいました。
この体勢で右臀部と側腹部にマッサージを施しました。
もう一度仰向けになってもらい、右足部にマッサージを施しました。
起き上がってもらい、最初と同じ様に痛みの確認をしました。
前後屈共にまだ痛みがありましたが、しゃがむ動作では痛みが無くなっていました。
ベッドに腰掛けてもらい、右の鼡径部周囲を触診すると大腿筋膜張筋の筋腹部にも圧痛が検出できたので、同部位と鼡径部にマッサージを施しました。
再度、前後屈をしてもらうと、前屈での痛みは消失し、後屈も痛みが残るものの、可動域は増していました。
更に左側臥位での痛みも消失していました。

最後に「今日の施術で痛みは軽くなりましたが、1か月以上も運動に制限があったので、3日後の運動会で急に激しい運動をすると、再発したり別の場所を痛めるリスクが高いです。最終的にやるかやらないかの判断はお任せします」と説明し、初回を終了しました。


《第2回》2018年10月6日(初回の2日後)

【経過】
「前屈みがまだ辛いが、100あった痛みが30くらいまで減り、寝る時の痛みも無くなってきて、だいぶ良くなった」
「明日の運動会は出ない事にしたが、11月中旬に1km走るイベントがあるので、そこまでには回復したい」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(±)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(-)
斜め前屈:右(-)左(-)

※斜め前屈は腰の負担が大きい体勢なので、普段は行わないのですが、通常の動作では痛みが確認できなかったので追加しました。

〈仰臥位〉
足上げ:左右(+)
上体起こし(+)

【施術】
基本的には初回と同様の考えで行おうと思いましたが、より痛みが少ない鍼施術を提案し承諾をいただきました。

まずはうつ伏せになってもらい、屈伸穴などの右臀部と帯脈穴に単刺術を施し、その後、同部位にマッサージを施しました。
仰向けになってもらい、上体起こしと脚上げを行ってもらいましたが、前者は痛みが残りましたが、後者は痛みが消失していました。
更に仰向けのまま右膝を立てた状態で右鼡径部にマッサージを施したところ、上体起こしでの痛みがさらに改善し、「(前回施術前が100だとしたら)今は10~20まで軽減している」とのことでした。

最後に仰向けでの臀筋のストレッチを指導し、「11月に1km走るのは全く問題無いと思います」と伝え、施術を終了しました。

「ヘルニア予備軍」と診断された右鼡径部から大腿に広がる痛み 40代男性」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2018年11月2日 | 川崎市多摩区|えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です