キック直後に生じた右腰痛 10代男性

症例報告

【症例】10代男性 サッカー部所属

【初回日】2018年12月21日(施術回数2回)

【現病歴】
12月20日にボールを思いっきり蹴った直後から、右腰に痛みが出始めた。
今日は昨日より痛みは改善している。
明日から2日間ハードな練習が続くので、その前に痛みを改善したい。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(+)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(-)

〈仰臥位〉
単純仰臥位(+)

〈その他〉
ボールのインパクト:右(-)
靴下を履く動作:右(+)左(-)

【施術】
以前にも何度か施術を受けに来ていて、施術はストレッチとマッサージを行っていたので、この日も同様にストレッチとマッサージでの施術を行いました。
また、主に施術すべき部位としては、右股関節周囲の筋肉だろうと推測しました。

まず、仰向けになってもらい、右臀筋にペアストレッチを施しました。
これで単純仰臥位での痛みが改善しました。
次に右を中心に左右の足部にマッサージを施しました。

うつ伏せになってもらい、右の腰臀部と下肢全体にマッサージを施しました。
ここで起き上がってもらい、最初と同じ様に症状の確認を行いました。

後屈(-)
靴下を履く動作:右(+)

後屈での痛みは消失していましたが、靴下を履く動作ではまだ痛みがありました。
一端、ベッドに腰掛けてもらい、足趾端を触診したところ、右F6に圧痛を検出できたので、同点にソフトピソマを貼付を貼付し、10秒ほどタッピングを施しました。
再度、右脚で靴下を履く動作を行ってもらったところ、右腰の痛みは消失していました。


第2回2018年12月25日(初回の4日後)

【経過】
「まだ痛みがあるが、痛み位置が少し下に下がった気がする」
「今日は右の足底にも痛みがある」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(+)

痛む部位が変わったとのことでしたが、痛みが出る動きは初回よりも増えています。

【施術】
初回同様、右股関節周囲の筋肉に問題があるだろうと考え、 まずはうつ伏せになってもらい、右臀筋を中心に臀部下肢、更には天柱穴にマッサージを施しました。
次に仰向けになってもらい、右の鼡径部にマッサージ、左右臀筋にペアストレッチを施しました。

ここで起き上がってもらい、最初と同じ様に症状の確認を行いました。

〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(+)

左回旋での痛みが残りましたが、それ以外は痛みがほとんど無くなっていました。
今後の予定を確認すると、「1月4日までチームとしての活動が無くなる」とのことだったので、その間も股関節周りのストレッチだけは行うよう指示して第2回を終了しました。

【その後】
2019年1月5日に来院頂きましたが、「右腰も足底も問題無い」とのことだったので、略治としました。
またその後も筋力トレーニングや動きの指導を受けに、月に1回程度の頻度で来院してもらっていますが、腰痛を訴える事はありません。

井穴刺絡研究会より

コメント

タイトルとURLをコピーしました