子供を抱き上げて発症した左腰痛 30代男性

症例報告

【症例】30代男性

【初回日】2017年11月20日(施術回数1回)

【現病歴】
2017年11月14日に子供(10kg)を抱き上げた際に痛み出した。
痛みは温めると改善し、中腰になったり重い物を持つと悪化する。
整形外科ではレントゲンを撮った上で「ゆっくり治しましょう」と言われた。
痛み自体は発症当初よりも改善している。
近々ヨーロッパに旅行するので、それまでに何とかしたい。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(+)左(-)

靴下を履く動作:右(-)左(-)

【触診】

〇:圧痛あり
×:圧痛なし

痛みを感じる左腰には圧痛が検出できない一方、左右の臀筋の起始部に圧痛を検出できました。
特に右には複数の圧痛がありました。

【施術】
鍼施術の経験が無いとの事だったのですが、触診時のリアクションからは、特に臀部のマッサージを受けるのが苦手な様子だったので、ストレッチでの施術を提案し了承を頂きました。
まず、仰臥位で左右の臀筋にストレッチを入念に施しました。
立位での体幹部の右回旋とほぼ同じ動作の左膝倒しを行ってもらったところ、左腰の痛みはありませんでした。
更に、左右の足部にマッサージを施しました。
その後、起き上がってもらい、立位での右回旋を行ってもらったところ、当初の左腰の痛みは消失していました。
最後に「温めたりストレッチする事で痛みが改善した事から、今回の痛みの原因としては、筋肉が硬くなっていた事が大きな要因だったのでしょう」と説明し、床と椅坐位での臀筋のストレッチを紹介・指導して、施術を終了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました