1週間前から違和感が出始め、前日に痛み出した左腰痛 50代女性

【症例】50代女性

【初回日】2018年2月19日(施術回数1回)

【現病歴】
昨日2月18日から腰にギュッとした痛みが出始めた。
先週から違和感があった。
今朝は動けなかったが、冷やしたおかげか痛みは改善した。
疲労や仕事でのストレス、運動がここ半年できていないことなどが原因として思い当たる。
医者には掛かっていない。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(+)左(+)

〈仰臥位〉
脚上げ:右(+)左(+)

痛みは全て左腰に痛みが出ます。
前屈は曲げ切った時点と、起き上がる途中の両方で痛みが出ます。

【触診】

◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

痛みを感じる左腰部に圧痛、左の臀部と脇腹に強圧痛と圧痛が検出できました。
右臀部、左右の踵の内外の側面、左足の甲にも圧痛が検出できました。
また、臀筋の筋肉量が左<右でした。

【施術】
患者が鍼施術を希望されたので、うつ伏せでの鍼施術から開始しました。
圧痛を検出した臀筋起始部(屈伸穴)と踵の内外の側面、崑崙穴、太谿穴に単刺術を施しました。
ここで左脇腹の帯脈穴を押圧すると、先ほどより圧痛が弱まったので、同部位にも単刺術を施しました。
次に仰向けになってもらい、先程と同様、触診時に圧痛を検出した左足の甲、右足臨泣穴に単刺術を施しました。
その後、不意に起き上がろうとした瞬間に左腰に痛みが出ました。
左太衝穴に単刺術を追加したところ、この痛むが改善しました。
ここで起き上がってもらい、最初と同じ様に痛みを確認したところ、前屈で違和感があったものの、左側屈、左右の回旋での痛みが無くなっていました。

最後に痛みの原因が筋肉の可能性が高いこと、筋肉を柔らかく保つためには保温する事と動かすことが重要だと説明して施術を終了しました。

1週間前から違和感が出始め、前日に痛み出した左腰痛 50代女性」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2018年8月15日 | 川崎市多摩区|えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です