全体から右へと移行し、右膝痛も伴った腰痛 40代男性

【症例】40代男性

【初回日】2018年1月12日(施術回数2回)

【現病歴】
2018年1月9日から腰に違和感を感じ始め、翌10日にギュッとする痛みが出始めた。
発症当初よりかは痛みは軽くなっている。
疲労が溜まっていたことが原因として思い当たる。
痛みは温めると改善し、前屈みになったりイスなどから立ち上がる時に出る事が多い。
医者には掛かっていない。

【副訴】
左右の膝が去年から痛む。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(±)左(-)
回旋:右(+)左(-)

〈その他〉
立位→座位(-)
座位→立位(-)
靴下を履く動作:右(+)左(-)

前後屈と右回旋、靴下を履く動作で右脚を上げた際に痛みが出ることが確認できました。
当初、痛みが出ると訴えていた、「立ち上がる時」は痛みは確認できませんでした。

【触診】

◎:強圧痛あり
〇:圧痛あり
×:圧痛なし

患部周囲では、痛みを感じるという仙骨部には圧痛は検出できませんでした。
触診範囲を広げると、臀筋の起始部(屈伸穴)に圧痛が検出でき、特に右の中臀筋と大臀筋が重なる辺りに強圧痛を検出できました。
足の甲を押すと、左右共に骨間部に圧痛を検出できました。

【施術】
鍼施術を数回受けたことがあるとのことだったのと、痛みの原因と考えられる臀部には強圧痛があったので、鍼での施術を提案し、了解をいただきました。
まず、うつ伏せになってもらい、圧痛を検出した臀筋の起始部(屈伸穴)と太谿穴、崑崙穴に単刺術を施しました。
次に仰向けになってもらい、先程と同様、触診で圧痛を検出した右足甲の骨間部に単刺術を施し、更に左右の臀筋にペア・ストレッチを施しました。
臀筋が十分にほぐれたのを確認してから、起き上がってもらい、腰の痛みを確認しました。
すると、後屈での痛み、前屈での違和感は残るものの、右側屈での違和感と右回旋での痛みが消失していました。
最後に椅子に座った状態での臀筋のストレッチを指導して初回を終了しました。


《第2回》2018年1月15日(初回の3日後)

【経過】
「1月12日の夜に少し痛くなったが、翌13日から改善を感じるようになった」
「ストレッチなどで温まると改善する」

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(+)
後屈(±)
側屈:右(+)左(-)
回旋:右(+)左(-)

〈その他〉
靴下を履く動作:右(±)左(-)

※痛みは右腰にのみ出ます。

〈膝痛〉
屈伸:右(+)左(±)

【施術】
うつ伏せになってもらい、右を中心に臀部と膝窩にマッサージを施しました。
次に仰向けになってもらい、右を中心に臀部のストレッチと足の甲へのマッサージを施しました。
これで起き上がってもらい痛みを確認したところ、腰は先ほど確認できた痛みは全て消失していました。
ただ、新たにスクワットをすると痛みが出ることが確認できました。
膝は屈伸した時の右膝の痛みが違和感にまで改善していました。
ベッドに腰掛けてもらい、再度屈伸穴周囲にマッサージを施しました。
すると、スクワットでの腰痛が消失していました。
最後に、筋肉をほぐすことで痛みが改善していることから、「なるべく動かした方が早く改善すると思います」と伝え、スクワットや腰回しの体操を指導しました。

【その後】
第2回の7日後、1月22日にも来院いただきましたが、この時には腰も膝も全く痛みがありませんでした。
片脚立ちで、左右の脚の筋力差やバランスの取れ具合を確認すると、左脚で立った際に動揺が大きかったので、左脚を前に出して行うスプリット・スクワットを指導しました。
最後に臀部と下肢へのマッサージ、下肢へのストレッチを施して、施術を終了しました。

全体から右へと移行し、右膝痛も伴った腰痛 40代男性」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2018年8月2日 | 川崎市多摩区|えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です