盲腸オペ痕による右腰痛 50代女性

【症例】50代女性

【初診日】’2012年10月1日(施術回数1回)

【現病歴】
昨日屋外で一日座っていたら右の腰が痛くなった。

【動作時の痛みの確認】
腰の前屈、後屈、左側屈動作で痛みがあり、ベッドに仰向けになった状態でも痛みがあるが、膝を曲げると痛みが軽くなる。

【治療】
既往歴に盲腸があるので、右F1・F6を刺絡。
これで前屈・後屈・左側屈の痛みがかなり軽減。

次に右F4を刺絡すると、前屈と左側屈の痛みが消失。
後屈時の痛みがまだ残る。

盲腸オペ痕部の圧痛点にパイオネックスを貼付すると、後屈時の痛みも消失。
治療後は「腰がすごく軽くなった」とのこと。

1週間後に肩こりで来院されるが、腰の痛みはほとんど無いとのことなので略治としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です