様々な原因からのぎっくり腰 43歳女性

【症例】43歳女性

【初診日】’12年9月17日(施術回数1回)

【現病歴】
昨日の朝に腰を痛め、家事をこなすのが苦痛。
思い当たる原因としては冷蔵庫の一番下の棚から物を取り出そうと腰を無理に曲げたこと。

【動作時の腰の痛みの確認】
前屈は45度程度で痛みがあり、後屈はほとんどできない。
側屈は左右ともに痛みがあり、捻っての痛みはありません。

【治療】
単純な筋肉の問題と考え、まず左右のF4・F5を刺絡。
これだけで前屈と右側屈時の痛みが消失しました。

次に虫垂炎の既往があったので、手術痕部の圧痛点にパイオネックス・イエローを貼付しました。
これで後屈時の痛みがなくなり、可動域も改善しました。

操体法を3種行うと左側屈時の痛みも無くなりました。

操体法3種とF4・F5へのお灸を指示して治療終了しました。

帰り際に「治療前は痛みで前屈みになっていたが、今はまっすぐ立てる」と仰る。

4日後に症状の経過を伺った際には、「かなり楽」とのことなので略治としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です