腰椎圧迫骨折後の寝返り時の腰痛 女性

【症例】女性

【初診日】’14年1月29日(施術回数1回)

【現病歴】
去年腰を痛めて整形外科で腰椎圧迫骨折と診断され牽引などの治療を受けている。
背骨の痛みは無くなったが、骨盤のあたりの痛みが治らない。
日常生活中では寝返りする時に痛みが出て目が覚めてしまう。

【痛みの確認】
立位での前後屈、左右側屈・回旋では痛みが出ません。
「寝返りで痛む」とのことなので、仰臥位で膝をたて、左右に倒してもらうと右に倒した時のみ腰に痛みが出ます。
患部周囲には圧痛点は検知できません。
下の写真が施術前の痛みが出る体勢です。
TS3V0067

【施術】
いきなり膝倒しをやってもよかったのですが、まずは股関節揺らしを行ってみました。
2分ほど揺らして再度膝を左右に倒してもらうと、痛みが無くなっていました。
下の写真が施術後に痛みが無くなった状態での、膝を倒した状態です。
TS3V0071
上の写真と比較すると、ズボンの横の縫い目が施術後の方が上に上がっていますし、右の大腿も見えるくらいに倒せるようになったのがわかるかと思います。
寝る前に布団の中で股関節揺らしを行うようお話しして施術を終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です