長時間の立ち仕事後に生じた腰痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’14年1月28日(施術回数1回)

【現病歴】
昨日長時間立ち仕事をしていたら腰がジンジン痛むようになった。
痛みはあったがその後も仕事を続け、帰宅途中に徐々に悪化してきた。
2年前にはギックリ腰になったころがある。
横になると楽だが、歩くと痛みが悪化し、お風呂に入って体を温めても変化はない。
2年前も足に鍼をしてもらったら、痛みが無くなったそうで、鍼での治療を希望される。

【痛みの確認】
後屈、左側屈・回旋、前屈の途中で痛みが出ます。
前屈しきってしまうと痛みがなくなります。
また痛みのためか、まっすぐに立つことができません。

【施術】
仰臥位で足臨泣を刺激しながら脚を左右に動かす(立位での側屈と似た動き)と、痛みが減ったので、同部位に刺鍼。
更にF5に3~4壮施灸するとこの動きでの痛みが無くなりました。
立ち上がってもらい痛みを確認すると、まっすぐ立てるようになり、前屈での痛みがなくなり、後屈、左側屈・回旋での痛みも減っています。

もう一度足臨泣周囲を丁寧に触診すると、激痛の圧痛点を検出したので、同点にパイオネックス・イエローを貼付。
すると後屈、左側屈・回旋での痛みがなくなりました。

揺らしを行い、肩こり体操をお伝えして治療を終了しました。

10日後に様子を伺うと、少し痛むそうですが、長時間座った後に立ち上がる時くらいだそうなので略治としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です