歪みとは無関係だったと思われる右腰痛 10代 男性

【症例】10代男性 運動部所属

【初診日】’14年1月20日(施術回数1回)

【現病歴】
2013年12月20日から右腰がズキズキ痛みがあり、座っていても痛くなることがある。
現在練習は休んでいる。
整形外科では「椎間板がつぶれている」と言われ、整骨院では「疲労が原因」と言われた。
お風呂に入ると少し改善するが、休息を取ったからと言って痛みが良くなるわけではない。

【痛みの確認】
前屈、後屈、右回旋で右腰に痛みが出ます。
前後屈の方が痛みが強いようです。
左右側屈、左回旋では痛みは出ません。
投球動作でも右腰に痛みが出ます。

今後もセルフケアで対応可能なように、操法しようかと仰向けになってもらうと、下の写真に示すように
体幹部が大きく曲がっていることに気づきました。
yugami
余りに曲がっていたので「真っ直ぐ寝て」と言っても、本人曰く真っ直ぐのつもりとのことでした。

【施術】
股関節揺らしで膝窩のコリを減弱し、膝倒しカエルでニュートラルにしました。
しかし前後屈での右腰の痛みに変化はありませんでした。

次に大腿前面のストレッチをやってもらうと、あっさり前後屈の痛みが無くなりました。
投球動作をしてもらっても痛みが出なくなりました。

【感想とか】
治療後にもう一度仰臥位になってもらうと、下の写真の様に体幹の曲がりは改善しましたが、操体法の直後に曲がり具合を確認し忘れてしまったので、操体法とストレッチのどちらで歪みが改善したかは不明です。
massugu

私の推測では歪みは操体法で改善されたと思われます。
根拠としては、操法の前後で左右の関節可動域がかなり等しくなったからです。

ちゃんと確認してれば「歪みと痛みは関係しない」って言えたのになぁ。
ホントもったいないことしたなぁ(´д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です