一穴で消失した後屈・座位での右腰痛 10代男性

【症例】10代男性

【初診日】’14年1月20日(施術回数1回)

【現病歴】
半年前から右の腰が特にぶつけたりした訳でもないが痛む。
部活をしているのでその疲労が考えられるとのこと。
座る姿勢で痛みが増悪する、痛みの程度は発症時からあまり変化がない、練習はできている、そうです。

【痛みの確認】
立位で腰を後屈、左側屈させると右の腰に痛みが出ます。
前屈、左右回旋、右側屈では痛みは出ません。
座るとすぐに痛みが出ます。
座ったままの前屈、後屈では痛みはありません。

【治療】
右大腿部全面のストレッチをしてもらいますが、後屈に痛みには変化がありませんでした。
右衝陽にパイオネックス・イエローを貼付すると、後屈、左側屈、座位での痛みが消失しました。
運動をしているので動きに無理があると再発することがあることと、大きな筋肉を使った方が理想的な動きであることを説明し、再発時も自分で衝陽のあたりをマッサージするよう指導して治療を終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です