腰を刺激せずに著効した疲労による腰痛 50代女性

【症例】50代女性

【初診日】’13年4月30日(施術回数1回)

【現病歴】
4日前の仕事終わりに左腰に違和感を感じだし、その後日に日に痛みが増している。
昨日が痛みのピークだった。
人を抱えて運ぶ作業がここ2~3日続いたことが原因として考えられる。
動き始めが特に痛む。
整形外科にはかかっていない。

【痛みの確認】
後屈で腰全体、右側屈で腰の中央、左側屈で右腰、左右回旋で左腰に痛みが出ます。
前屈では痛みはありません。

【治療】
左足臨泣へのパイオネックス・イエローで右側屈、右F5へのピソマⅡで左回旋での痛みが減りました。
百会に単刺術を施すと左回旋での痛みは無くなりました。

操体法を試みようと仰向けになったもらい、股関節揺らしと膝倒しをしようとすると、全ての動作で痛みがありました。

百会にもう一度単刺術すると、左右の膝倒しが楽になりました。
左右尺沢へのソマセプトと、再度の百会の単刺で膝倒しでの痛みは無くなりました。

ここで立位での動作を確認すると、左右側屈と靴下を履くように右脚を上げると、右腰に痛みが出ますが、それ以外は痛まなくなっていました。

右崑崙にパイオネックス・イエローを貼付しましたが、右側屈の痛みに変化はありません。

右足臨泣にパイオネックス・イエローを貼付すると、左側屈が痛くなくなりましたが、まだ右側屈で痛みが出ます。
左陽稜泉にパイオネックス・イエローを貼付すると、右側屈での痛みが無くなり、右脚を上げても痛みは出なくなりました。

少し休んだだけで筋肉は衰えていること、仕事には徐々に復帰するよう指導しました。
帰り際「楽になった」と仰っていただきました。

3日後に様子を伺うと、翌日に少し痛みが出たそうですが、それ以降は痛みがないとのことだったので略治としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です