椎間板ヘルニアと言われた前屈時の左腰痛 30代男性

【症例】30代男性

【初診日】’13年4月28日(施術回数1回)

【現病歴】
6年くらい前に一度腰痛になり、その際は牽引と温熱療法で良くなったが、1年くらい前からまた痛み出した。
力仕事のある職場になってから痛みが出るようになった。
動かすと痛いが、座ったり寝ていれば痛みはない。
医者では椎間板ヘルニアと言われ、整形外科、カイロプラクティック、鍼治療に通ったが良くならない。
現在仕事は週3日に減らしてもらっている。

【痛みの確認】
前屈で左腰に痛みがあるが、後屈、側屈、回旋では痛みはありません。

【治療】
後屈動作を何度かやってもらうと、前屈の痛みが少し和らぎました。
仕事柄、痛みの再発が起こりやすいと考え、操体法による治療を試みました。
股関節揺らし、膝倒し、カエルを行いましたが、前屈の痛みは改善しませんでした。

左小趾先端を触診すると指腹部に著明な圧痛を認めたので、同点にピソマⅡを貼付しました。
すると前屈時の痛みが消失し、「いつもの固さだけになった」そうです。

ピソマの使用方法を伝え、操体法を励行するよう指導して治療を終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です