2019年1月9日

・症例報告に「バドミントンのハイクリア動作で生じる左腰痛 40代女性」を追加。

・「持久系競技において、高負荷練習の直前に高強度のウェイトトレーニングを行っても、タイムは不変」という意見

「ポイント練習」:高強度の競技練習
「DOMS」:遅発性筋肉痛(俗に言う「筋肉痛」)

競技や個人によって高強度練習直前の高負荷ウェイトトレーニングの影響も変わってくると思いますが、トレーニングを行うタイミングの1つとして参考になるかと。

みんなで筋肉体操
追加筋肉(ムキムキな歯科医)も加わった、シリーズ第2弾!
見逃せない!!!(第1回を見逃したのは見逃して笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です