月別アーカイブ: 2017年9月

ストレートネックと言われた頭痛を伴う頚痛 30代女性

【症例】30代女性 会社員 川崎市在住

【初診日】’16年10月20日(施術回数1回)

【現病歴】
’16年5月頃から首の辺りに重だるい感じがある。
整体院でストレートネックと言われた。
PC作業時に悪化する気がする。
生活は特に変化は無い。

【随伴症状】
頭全体の痛みもあり、目がぼやけたり、吐き気がすることもあるが、眼科では異常なしと言われた。
視力は裸眼で左右共に0.3程。コンタクト着用で1.2程。

2~3日前から生理前のせいなのか、それとも重い物を持ったからなのかわからないが、腰にも痛みがある。

【既往歴】
特に無し。

【症状の確認】
前屈(+)
後屈(+)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(+)左(+)
斜め前屈・:右(+)左(+)

【触診】
IMG_0294
〇:圧痛あり
●:筋硬結あり(圧痛無し)

頚肩背部や前腕、手部など上半身の至る所に圧痛を検出できました。
上背部脊際は左にのみ圧痛を検出しました。

【施術】
施術方法に関しては特に希望は無く、鍼施術の経験もないとのことだったので、まずはマッサージを施すことにしました。
伏臥位になってもらい、左を中心に頚肩背部、更に左右の前腕部、手部に入念にマッサージを施しました。
起き上がってもらい、頚の動きを確認したことろ、前屈と左右の回旋での痛みが無くなり、後屈で右、左右の側屈で若干の痛みが残りました。

首の症状は大分改善したので、腰の状態を確認することにしました。
仰向けに寝てもらうと、腰に痛みがあるそうなので、股関節揺らしを施すと、この痛みが楽になりました。

睡眠の質を上げるためにも、就寝前に股関節揺らしを行うよう指示して初診を終了しました。

旅行後に発症した側屈と回旋で生じる腰痛 50代女性

【症例】50代女性

【初診日】’15年3月24日(施術回数1回)

【現病歴】
’05年頃から時々腰が気になりだすようになり、昨日からかなり痛むようになった。
痛みは今朝が一番ひどい(来院時間は11時30分)。
最近の出来事だと、3月22日に旅行に行った先で、柔らかいマットレスで寝たことが原因として思い当たる。
1990年頃に育児でずっと中腰だったことも影響しているかもと考えている。
痛みは動いていると楽になる気がする。
腰痛で病院に行ったことはない。

【既往歴】
30代の時、肩の辺りに帯状庖疹が出て、それ以来発疹が出た箇所が時々痛む。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(+)左(-)

〈仰臥位〉
足振り:右(-)左(+)
膝倒し:右(+)左(-)
上体起こし(-)

【触診】
IMG_0293
〇:圧痛あり
✖:圧痛無し

痛みを感じる腰には圧痛は無く、右臀筋の起始部に圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法に関する希望は特に無く、鍼も一度しか受けたことがないとのことだったので、まずは仰臥位で右臀筋に対して入念にストレッチを施しました。
ベッド上で右への足振りと左への膝倒しを行うと、それぞれ痛みが無くなっていました。
起き上がってもらい左側屈と右回旋してもらうと、こちらも痛みが無くなっていました。
時間が余ってしまったので、仰臥位になってもらい頭顔面部へのマッサージと揺らしを施して施術を終了しました。

2週間前から続く右頚痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’15年7月4日(施術回数1回)
※以前に腰痛で来院あり。

【現病歴】
2週間前くらいから首に痛みが出始め、1週間前にはかなり改善したが、また悪化しそうな前兆がある。

【症状の確認】
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(+)
回旋:右(-)左(+)
斜め前屈:右(-)左(+)
※痛みは全て右に出ます。

【施術】
腰痛の際と同様、ストレッチと指圧での施術を提案し、ご快諾いただく。
伏臥位になってもらい、右を中心に頚肩部にマッサージを施す。
十分に筋肉が柔らかくなったのを確認してから起き上がってもらい、症状を再度確認しました。
すると、左への側屈、回旋、斜め前屈での痛みが消失しています。

「首肩の筋肉が固くなっていたことが痛みの主な原因で、筋肉が固くなる原因として夜間の喰いしばりの可能性が高い」ことを説明し、歯の様子を見せてもらうと、右上顎の犬歯が左よりすり減っていることから、「右で喰い縛っている可能性が高く、それが今回の痛みの主な原因だと思われる」ことを説明。
ストレスが喰いしばりの原因なので、極力ストレスを遠ざけるようアドバイスして、施術を終了しました。

「完勝!」17/18リーグ VSアーセナル@アンフィールド

ミッドウィークにCLPOを終えて、中3日で臨むトップ6同士の一戦。
DIPb2-KXoAArKeV
一番のサプライズは神ニョレのベンチ外。


しかしこれは休養のためということでKOP一安心。 続きを読む

横に曲げると痛みが生じる右腰痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’15年5月25日(施術回数1回)

【現病歴】
’15年5月12日に軽いお盆を持った際に体を捻り、それ以来右の腰に痛みを感じる。
発症当初よりは痛みは良くなっているが、治り切らない。
カイロプラクティックに掛かってみたが、「ぎっくり腰の軽い物、時期に良くなる」と言われた。

【疼痛部位】
IMG_0292

【既往歴】
特に無し。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(-)左(-)
靴下を履く動作:右(+)左(+)

〈仰臥位〉
足振り:右(+)左(+)
膝倒し:右(-)左(+)
上体起こし(-)

【触診】
IMG_0291

〇:圧痛あり
✖:圧痛無し

右中臀筋起始部と左屈伸穴付近に圧痛を検出できました。
腰(腰部脊柱起立筋)には圧痛は検出できませんでした。

【施術】
施術方法に関する希望は特にありませんでしたが、鍼は受けたことがないとのことだったので、まずはストレッチでの施術を試みました。
右臀筋に入念にストレッチを施すと、左足振りと左膝倒しでの痛みが無くなっていました。
更に、左臀筋にストレッチを施そうとしましたが、ストレッチの体勢を取ると腰に痛みが出るので、右側臥位で左臀筋にマッサージを施しました。
再び仰臥位になってもらい左臀筋にストレッチを施すと、今度は痛みなく施術できました。
左臀筋をストレッチでほぐした後に、再度ベッド上で腰の状態を確認すると、右への脚振りで痛みが出ます。
再度、右臀筋にストレッチを施すと、この右脚振りでの痛みも無くなりました。
ベッド上での痛みがほとんど無くなったので、起き上がってもらい立位での腰の状態を確認。
左右側屈での痛みは無くなっていましたが、靴下を履く動作ではまだ痛みが残ります。
「かなり楽になった」とのことだったので、初回の施術を終了しました。

【その後】
約1か月後の7月4日に頚肩の痛みで来院された際に腰の様子を伺うと、「右腰は痛みは無い」とのことでした。