2016年10月4日

ブログ更新「介護予防教室 落合元気くらぶで「腰痛について」お話してきました」

活動履歴を更新

症例報告「疲労、寝不足、ストレスで発症・悪化する右耳鳴り 30代女性」追加

聖女ではなかったマザー・テレサ 「洗脳看護」「カルト施設」、その実態とは!?
無宗教の人から見ると「洗脳」とか「カルト」にしか見えない「死ぬこと、痛みに耐えることを賛美する」行動でも、「敬虔なカトリック教会の修道女」であった彼女としては病人に対して全力で尽くしただけなんだと思います。
「教会がイメージアップのために利用した」のは、無理やりの「奇跡」の下りで十分に感じられると思います。
「権力を持った組織」が腐敗しやすいのは世の常ですし。

「純粋に教えに従う」という部分はISと共通ですが、一方はノーベル平和賞で片やテロ組織として空爆対象。
実際一歩間違えれば、「聖女テレサ」も「劣悪な環境で大した治療を施さないとんでもない施設の開設者」となる可能性があった訳ですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です