Generated by  IJG JPEG Library

【16/17プレミア】リバプール対マンチェスター・ユナイテッド

メインスタンドが拡張されて初めてのナイトゲームはなんとユナイテッド戦。
まずはスカッドから!!!

cu_qg-aw8aaay-1

負傷で出場が危ぶまれたララナとジニですが、ララナはベンチ入りできたものの、ワイナルはベンチ外となりました。

並びはこんな感じでしたかね。

カリウス
クライン、マティプ、ロブレン、ミルナー
ヘンド、ジャン
マネ、フィルミノ、コウチ
スタリッジ

弱い、じゃなくてユナイテッドのスカッドです。

cu_pt0pxgaaiac7

怪我のマルシャルがベンチ外、マタとリンガードがベンチスタートです。

615202888

予想通り立ち上がりから両チーム共気合いの入ったプレーが続き、レッズがボールをキープする時間が続きます。

6分、自陣でFKを与えてしまいますが、直接狙ったイブラのキックは大きく外れていきます。
615191274

10分にはセンターライン付近からジャンが裏に抜け出したスタリッジにロングパスを出しますが、ストライカーはボールを足元に納めることができません。
615197244

15分過ぎからはユナイテッドに攻め込まれるシーンが続きます。
レッズは中盤でのパス回しに小さなミスがあり、積極的に攻め上がることができません。

615201354

このあたりがバチバチです。だいたいエレラがファールで止めに来てましたが。

24分、左からこの試合初めてラッシュフォードにクロスを上げられますが、カリウスが横っ飛びで弾き出します。

29分、今度はレッズにこの試合初のクロスです。
右からヘンドがストレートのボールを上げてフリーのフィルミがヘッドしますが、デヘアの正面を突きます。

ここからレッズが攻め込む時間が続きます。

35分にはコウチが敵陣エリア内でボールを持ち、1度ロストした後更に奪い返しますが、シュートまでたどり着けません。

39分にはマティプが持ち上がり、フィルミとのワンツーで攻め上がりますが、折り返しが合わずにボールはゴールラインにを割ります。

44分、スタリッジがエリア左脇でバイリーに後方からタックルを受けFKを得ます。
このプレーでバイリーにイエローです。
このFKをコウチが直接狙いますが、コースが甘く難なくデヘアにキャッチされます。

45+1分、ヘンドのエレラへのタックルに対してヤングが抗議してイエローが出ます。

中盤でのパス交換やトラップ後のターンにいつもほどのスピードがないレッズは、ボールは保持できるもののアタッキングエリアまでボールを運びきれず、シュートシーンがあまり見られません。

後半、両チーム共メンバー変更無く臨みますが、ララナのアップが進みます。

49分、ロブレンからのバックパスをカリウスがポグバに渡してしまいます。
イブラへのパスがオフサイドになり助かりますが、危ないシーンでした。

615199978

54分、自陣左サイドからヘンドのチェックをいなしたポグバにクロスを上げられイブラにヘッドを許しますが、枠内には飛ばされず事なきを得ます。

615201070

57分、敵陣でコウチがエレラに倒されFKを得ます。
ミルナーがつついてからコウチがドリブルを仕掛け、シュートコースを作りにいきますが、ディフェンスに引っ掛かってしまいます。

59分、マティプがドリブルで上がり、エリア内のジャンにスルーパスを通します。
混戦の中から最後はジャンがタイミングをずらした左脚のシュートを放ちますが、デヘアが横っ飛びのビッグセーブ。

615202072

60分、スタリッジからララナへのサブ。
フィルミがトップに入り、ここからレッズがボールを支配し、ユナイテッドを全員自陣に引かせるシーンが続きます。

71分、コウチがミドルを右ポスト付近に飛ばしますが、デヘアが左に飛びながら右手で弾き出すビッグセーブでまたしてもゴールならず。

615199064

このセーブにはアンフィールド、テレビの前で観戦しているKOP同様に「信じられない」といった表情のリトルマジシャン。

72分には浮き球のルーズボールに対してミリーとラッシュフォードが空中で交錯し、倒れ込んだミリーがうつ伏せのまましばらく身動きしません。
審判もすぐに担架を要請していたので、脳振盪を起こしていたのだと思います。
615199610
ラッシュフォードも足を攣った様子です。

75分、エリア脇でジャンがポグバと競ってララナにつなぎます。
フィルミへのスルーパスはオフサイドでしたが、もう少しでゴールです。
615202106

77分、ユナイテッドは脚を攣ったラッシュフォードからルーニーへのサブ。

81分、この試合初めてブリントのCKでしたが、前節のレスター戦では高精度のキックを供給した左脚はこの日は精度を欠き、ゴールエリアの外に入ったボールではさすがのビッグヘッダー、アフロ君でもネットは揺らせません。

84分、ジャンからの楔パスをコウチが右アウトで浮き球のオサレパス。
フィルミが全力スプリントでエリアに走り込みますが、解説の川勝さんの指摘通り、わずかにトラップが並走したバレンシア側に流れてしまいボールを掻き出されてしまいます。

そして前半から上下に広いエリアでプレーしていたフィルミはこのプレーで脚を痛めてしまいます。

615202770

85分、フィルミからオリギ、ミルナーからモレノへのダブル・サブ。
このあたりからレッズの攻撃がややトーンダウンします。

615211654
指揮官への猛アピールが急務なお二人の競り合い。

90分、ジャンへのアフタープレーでイブラがイエロー。

90+1分、フェライニにイエロー。
直後にヤングからショーへのサブ。

最後はボスが声を張り上げて選手を鼓舞するものの、ドン引きの相手に対してエリアまで侵入することもできず、試合終了のホイッスル。
攻撃的なリンガード、マタを使わなかったモウリーニョの狙いどおりの試合展開に、ワイナルを欠きララナが後半からしか出場できなかったレッズがはまってしまったといったところでしょうか。
デヘアのセーブも憎たらしいくらい素晴らしかったです。
私の最大の心配だったレッズ最大の弱点であるセットプレーの守備では、ブリントのキックが精度を欠き助かりました。

その次くらいに心配していたマンチェスター出身の審判による笛もほとんど問題無かったと思います。

615201540

次節のウェストブロム戦は直後のリーグカップ・トッテナム戦が控えるだけに、メンバー選考から注目です。
それにしてもベストメンバーだったら勝てたと思える内容だっただけに、ララナとワイナルの怪我、特にワイナルは代表で色々とあっただけに勿体なかったです。
あと個人的にはクラバンの左SBなんかも試してほしいですね。
また週末を楽しみにしましょう!

【16/17プレミア】リバプール対マンチェスター・ユナイテッド」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【16/17プレミア】リバプール対サンダーランド | 【川崎市多摩区】えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です