【16/17プレミア】リバプール対バーンリー

ボトムハーフの難敵(?)バーンリーとのアンフィールドでの一戦。
前半戦のターフムーアでは見事にやられただけに、しっかりし返しておきたいし、何よりトップ4キープのためにも負けられない一戦です。
まずはスカッド。
C6ue0BMWgAEmti9
怪我が癒えないヘンドとフィルミーノはベンチ外。
疑り深い私個人としては、ヘンドの怪我(骨には異常が無かったとのことなので、重い打撲と思われる)による欠場は、代表ウィークの招集逃れなんじゃないかとすら思っています(笑)。
オリギがスタートから登場で、控えの攻撃的カードがベンちゃんとハリー君のみ。
先制だけはされたくないところです。

一応バーンリーのも。
C6uej5tW0AA5tOb

立ち上がりからバーンリーは、ボールを持ったら前線へのパス、という縦への意識が強い攻撃を仕掛けてきます。
しかも守備時は4-4-2ですが、攻撃時には両サイドハーフも上がってきて、4-2-4の様な陣形を作って攻撃に厚みをもたしてきます。
走力に自信があるチームならでは攻撃に、レッズは7分に守備を崩されて失点を喫します。
右サイドハーフのボイドが上がって作った中盤のスペースに右SBのロートンに侵入され、ジャンのチェックが間に合わず、いきなり最終ラインと対峙させてしまいます。
ロートンにDFラインの裏へのパスを出され、これを大外に走り込んだバーンズにスライディングしながら蹴り込まれます。
652541846
652492268
これにはさすがの神もノーチャンス。
シーン・ダイチェ、なかなかやるよるのぉ。
652484376

ドン引きされると得点できない焦りからか、マネ、コウチがドリブルなどでボールを奪われるというシーンが続きます。
652488208

652497622

しかしバーンリーはラインを高い位置に設定して、ショートカウンターからの2点目を狙いにきているようです。
13分にはマネが裏のスペースを突き、右サイドを駆け上がりセンタリング。
652496246
オリギの頭にはわずかに合わなかったものの、得点の匂いは十分に感じられます。

21分の兄貴のカウンターのピンチを未然に防ぐ走路妨害ファールはイエロー出なくてよかったです。
ララーナの姿がスタンドのロブレンJr以上に見えません。
ララーナはパスをオリギに当ててしまう凡ミスも。周囲が見えてない?

652505822
タッパはフィルミーノよりあるはずのオリギは、駆け引きなしのバカ正直過ぎる勝負を挑んでいるせいか空中戦でほとんど勝てません。

このままリードされて折り返すかとスタンドのファンも用を足すために席を立ち始めた45+1分、左サイドでパスをつないでオリギが得意のエリア左隅でボールを持ちます。
カーブを掛けた高速クロスを中に送ると、ボールはジニの足元へ。
右アウトのダイレクトシュートはミーにブロックされますが、リバウンドを拾うと今度は冷静にGKの動きと反対方向に蹴り込みネットを揺らします。
652504998

ジニはセレブレーションもそこそこに再開を急ぎますが、ほどなく前半終了のホイッスル。
652504174

後半頭からバーンリーはラインをやや下げてきます。
露骨にGKヒートンからのロングボールで空中戦を仕掛けてきます。

60分、コーチからの指示を受けていたベンちゃんがタッチラインに立ち交代を待ちます。
掲示された番号はなんと10。

交代の直後、ベンちゃんの1stタッチを待たずにゴールが生まれます。
オリギのポストプレーからジャンが右脚のミドル。
652509050

完璧に右隅にコントロールされたボールにヒートンは触れず、レッズが逆転します。
652515534

どやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
652511646

この得点でややラインを低くしたレッズに対して、バーンリーは足元でつないで前線までつなげようとしてきたかと思ったら、ハーフェーライン付近からはやっぱりヒートンからの放り込み。

守備での寄せの甘さは気になるものの、ベンちゃんは攻撃時にはキラリと光るプレーありです。

プレスがはまり切らないレッズは、自陣までの侵入を許し続け、マティプとクラバンがシュートやクロスを跳ね返すシーンが続きます。
特に25歳ながらすでに幾多の修羅場を潜り抜けてきたマティプは冷静な対応でピンチを防ぎます。
652551840

79分にレッズはオリギからルーカスのサブで守りを固めます。

89分には珍しくジャンの丁寧な浮き球パスをマネがエリア内で受けますが、シュートはヒートンのセーブに防がれます。

90+3分には自陣左サイドからのスローインをつながれ、ボールはベンちゃんがマークすべき大外のロートンの足元へ。
652534854
KOPの心臓が飛び出るんじゃないかと思った次の瞬間、クラバンの寄せに焦ったのか右SBのシュートはわずかにバーを越えていきます。

その後、ルーカス先輩からのお膳立てをベンちゃんがフイにすると、程なくして試合終了のホイッスル。

バーンリーがドン引きしてこなかったこともありますが、下位チームに対して泥臭く勝利するという、今までに無かった形での勝利をつかみ取りました。
次節は過密日程な上にCLで敗退した直後のシティ戦。
前半から運動量にものを言わせてポゼッションで圧倒→前半のうちに複数得点で、相手の戦意を喪失させるくらいのスカッとする勝ちを見せてもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です