【16/17リーグ杯】バートンアルビオン対リバプール

ミッドウィークの二部のバートンとのカップ戦。
スカッドはオフィシャルの画像で!
Cqj9WoZXgAAypg2
直近のリーグ戦からの変更点はクラヴァン→マティプ、ワイナル→ジャン、スタリッジ→オリギ、コウチ→マネです。
コウチは遠征に帯同していないようですが、リーグ戦でもありうる顔触れで臨んできました。

開始からレッズがボールを保持しますが、3分いきなりきわどいプレーです。
PA内にパスを通されチェックにいったロブレンが脚を掛けて倒したように見えましたが、ノーホイッスルの判定。
594393340
ロブレンの脚はボールには触れておらずいきなりPKとなってもおかしくないシーンでした。

7分、中央でボールを持って前を向いたマネからPA内に走り込んだオリギにスルーパスが出ますが、左脚のシュートは相手GK正面でゴールはなりません。

11分、右に開いたララナからのクロスにフィルミが頭で合わせますが、相手GKのファインセーブでゴールはなりません。

15分、レッズが両サイド深くまで攻め込み、最後はPA内で右からえぐったマネのクロスをオリギがヒールで流し込み、レッズが先制します。
594389598
ラインをやや高めに設定するバートンに対して、レッズはボロ戦よりも楽にプレーしているように見えます。

20分、PA脇左でボールを持ったヘンドからゴール前のララナにドンピシャのクロスが入りますが、ヘッドは枠を外れます。

22分、相手GKのスローイングをマネがカットすると、右サイドを駆け上がったクラインにパス。
クラインが中央へ高精度のクロスを上げ、フィルミがヘッドで押し込み、早くもレッズが追加点です。
594389940

この後もレッズが一方的に攻め込みますが、しっかりブロックを作って守る相手になかなか決定機を作れません。

31分、右のマネからクロスが上がり、フィルミが脚を伸ばしますが枠を捉えられません

45分、ハーフェーライン付近のフィルミからラインの裏に走り込んだマネに浮き球のスルーパスが出ますが、相手DFが触ったこともあってトラップし切れず決定機とはなりません。

このまま前半終了となります。

後半も交代無しで臨みます。

前半よりも引いて守る相手に対して、レッズも両サイドは高い位置を取るものの、マティプ、ロブレン、ジャンはほとんど上がらずにカウンターの備えます。

61分、左CKをララナが蹴り込むと、競り合いの中で相手選手がオウンゴール。
珍しくセットプレーからの得点でした。
594393552

64分、ララナからワイナル、フィルミからスタリッジに余裕のスイッチ。

67分、接触が無い状況でジャンが脚の痛みを訴えながら倒れ込みます。
594423804
ゲームには復帰しますが、スチュワートがアップを開始します。

70分、スタリッジが多分今シーズン初めて可能性を感じる枠内シュートを放ちますが、ファインセーブに遭います。
594395110
直後、やはり大事を取ってジャンからスチュワートにスイッチ。

78分、敵陣右サイドでマネから駆け上がったミリーにパスが通ると、グラウンダーのクロスをスタリッジが中央で押し込みます。
594395206
マネ:ミリー:スタリッジ=3:5:2くらいの貢献度の得点かと思いますが、ともかく悩めるエースの今シーズン初ゴールです。

83分、エースが今度は自らの力でゴールです。
右サイドを深くえぐったマネから中央のスタリッジにパスが通ると、ワントラップから素早く振り抜いた左脚のシュートは、コース、スピード共十分で相手GKはノーチャンスでした。
594394718

あとは怪我人を出さずにクリーンシートでと思った87分、なんと今度はオリギが脚を気にしながらしゃがみ込みます。
ボスがポジショニングの指示を与えます。

5点リードされた状況でもホームチームは週末が気になるのか、全員が自陣に下がって守ってくれるので、レッズも体力温存できます。

バートンまで駆け付けたサポ達が余裕のYMWAを歌いながらタイムアップ。

週末はWHLでの難敵スパーズ戦。
下位クラブとの試合とは全く異なる強度の試合になるでしょうから、週末に向け気合いの入れなおしが要るでしょう。

☆おまけ
バートンはマージサイドと違って暖かそうです。
594391814

【16/17リーグ杯】バートンアルビオン対リバプール」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【16/17プレミア】トットナム対リバプール | えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です