薬を飲んでも治らなかった腕の痛みが一回の治療でやわらいだ H・M様 50才 女性 パート

voice_hi-mi

薬を飲んでも治らなかった腕の痛みが一回の治療でやわらいだ

H・M様 50才 女性 パート

主訴:左前腕・肩・腰の痛み

整形外科に行ってもただ「筋の痛み」で薬を飲んでも治らなかった腕の痛みが一回の治療でやわらいだのに驚きました。広範囲での痛みが治療を重ねるたび、ピンポイントで痛みの場所がわかるようになり、通院が楽しみになりました。
いろいろな動きをさせられますが、「痛みがどういう時に起きるのか」を、きちんと見てくださるので、日常生活でどこをどう気をつければよいかもよくわかります。


院長江波戸より

H・M様

「患者様の声」へのご協力ありがとうございます。

「腕の痛みが一回の治療で和らいだのには驚いた」とのことですが、
「痛み」治療はたいていの場合、その場で改善することができます。
むしろ「その場で改善しなかったら、その治療は効果無し」と考えております。

ただこのことは決して「整形外科or薬はダメ」という意味ではありません。
現在の「痛み治療」の教育が間違っているために、
「整形外科」に行ったり薬を飲んでも痛みがよくならないのです。

よく整形外科で痛みの原因としてあげられる「神経の圧迫」や「軟骨の摩耗」では、生理学的に考えて痛みは起こりえません。
※詳しくは当院HP「ヘルニアについて」「半月板の異常で痛みは起きるのか!?」をご覧下さい。

従ってかかっていた整形外科の診断もあながち間違いではないと思われます。
ただ「筋の痛み」に対する有効な治療法を持ち合わせていなかったのです。

ちなみに整形外科医さんは骨折や捻挫、脱臼といった外傷性疾患をもともと診ていた科なので(それだけでは食べていけないから腰痛とかも診だした?)、そういった疾患は今でも得意分野です。

これから痛みが再発した際も、お伝えしたケア法でまずは対処してみてください!