気温の影響を受ける左右の肩の痛み 30代男性 東京都三鷹市在住

【症例】30代男性 東京都三鷹市在住

【初診日】’15年4月6日(施術回数1回)

【現病歴】
’14年10月にボルダリングやウェークボードを行って以来、左右の肩に痛みがある。
’14年11月に整形外科でレントゲン、CTを撮ったが、筋肉と骨には異常は見つからなかった。
気温が高いと痛みは楽になり、低い時は痛みが増す。
右肩の方がやや痛みが強い。

【既往歴】
10歳:左膝オスグット病
12歳:右足首骨折
13歳:右足首骨折、右股関節骨折
15・16歳:右手首靱帯損傷

【症状の確認】
<肩関節の動き>
前方挙上:右(+)左(+)
側方挙上:右(+)左(±)
水平内転:右(++)左(-)
水平外転:右(-)左(-)
結髪動作:右(+)左(±)
結帯動作:右(+)左(±)

【触診】
IMG_0229
○:圧痛あり
×:圧痛なし
痛みを感じる三角筋部には圧痛はそれほどなく、大胸筋部と大円筋部に圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法に関する希望はなく、鍼治療を受けたことがないそうだったので、マッサージでの施術を提案したところ、承諾いただきました。

仰臥位で圧痛を検出した左右の大胸筋と広背筋を十分にほぐしました。
すると前方挙上での痛みが無くなり、側方挙上、結髪動作、結帯動作で右肩に少し痛みが出る程度まで改善しました。一番痛みがひどかった水平内転も30°以降に痛みを感じるところまで改善しました。

【その後】
’16年1月(初診の8か月後)に膝痛で来院され、「施術の翌日は筋肉痛になったが、肩はその後2~3か月で改善した。」とのことでした。