治らなかった中耳炎からの難聴 30代女性

【症例】30代 女性 2013年8月15日初診

【主訴】
二週間前に風邪をひき、その後中耳炎になり耳に激痛が走った。
一週間前から右耳が聞こえづらくなり、数日前に切開し、痛みは無くなったものの、右耳がほとんど聞こえない。
左耳は小さい頃から聞こえづらい。
「医者には内耳の神経まで炎症が到達してしまっているかも」と言われた。
現在は抗生剤と6種のステロイド剤の点滴を受けている。
難聴専門の鍼灸治療を4回受け、4回目の後は良くなった。【症状の確認】
頭を前後左右に倒したり、振り向いた姿勢で聞こえ具合を確認しても、特に変化はない。

【治療】
耳と関係がある右F3・H5・F5、風邪からの発症とのことなので左右F4をピソマで刺激するも変化無し。
背部で耳と関連があるL2華陀穴や患部周囲の右後頭部・側頭部を刺激しても変化無し。
左右H5F5をピソマで刺激するが変化無し。

当院の治療では変化が望めないことや、難聴そのものが治らない可能性があること、難聴専門の鍼灸院での治療の前後に症状を確認して、効果があるかどうか確認するようお話して治療を終了しました。