自覚部周囲での刺激で改善した捻挫後の足首内側の痛み 10代男性

【症例】10代 男性 運動部所属 2014年1月20日初診

【現病歴】
5日前の練習中に左足首を捻り、その後走る動作の着地の瞬間に足首の内側の痛みが引かない。
捻った直後は足首の外側が腫れた。
接骨院でアイシングと電気の治療を受けている。

【痛みの確認】
足関節の底背屈、内半・外反では痛みが出ません。
ジャンプすると踵が接地する際に足首の内側に痛みが出ます。
踵には圧痛点は検出できず、足関節内側にいくつか圧痛点を検出しました。

【治療】
患者が自覚的に痛みを感じるという左照海にピソマⅡを貼付してみましたが、ジャンプでの痛みに変化はありません。
圧痛を検出した太谿付近の2箇所にピソマⅡを貼付すると、ジャンプでの痛みが少し改善しました。

まだ痛みは残っていましたが、時間が無かったので、自宅でも自分で圧痛点を見つけて、ピソマで刺激するよう指導して治療を終了しました。