あぐらができない右鼡径部痛 40代女性

【症例】40代女性

【初診日】’17年5月13日(施術回数3回)

【現病歴】
’17年2月頃から徐々に右の鼡径部が痛み出すようになった。
今までにこういった痛みが出た事はない。
痛みで目が覚める事はない。
医者には掛かっていない。

【副訴】
’17年4月中旬に10kgの物を持ち上げようとしたら、右手首を痛めた。

【既往歴】
20歳の頃に顎関節症で手術。
30歳頃からバセドー病の薬を服薬している。

【症状の確認】
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(+)左(+)
回旋:右(+)左(+)

歩行(-)
腿上げ(-)
正座(-)
あぐら(+)

〈仰臥位〉
右股関節屈曲(+)

【触診】
IMG_0288
◎:強圧痛
〇:圧痛
✖:圧痛無し

右の側臀部と大腿内側に強圧痛、右の臀部と鼡径部、足甲部に圧痛を検出できました。

【施術】
施術方法の希望は特に無かったものの、触診時にやや痛みに敏感な様子だったことと、股関節の屈曲で痛みがあったので、より痛みが少ない鍼での施術を提案し、了承いただきました。

まず腹臥位で右臀部に単刺術とマッサージを施しました。
仰臥位になってもらい、臀筋のストレッチを試みましたが、施術による痛みが強く断念。
代わりに、右の足甲部と大腿筋膜張筋筋腹部への単刺術、右の鼠径部と内転筋群へのマッサージを施しました。

起き上がってもらい、症状を確認したところ、あぐらと左右の側屈での痛みが減り、回旋での痛みは無くなっていました。


〈第2診〉’17年5月26日(初診の13日後)

【経過】
「鼡径部はだいぶ良くなり、あぐらの時だけ気になる程度」
「ストレッチをするようにしたせいか、日が経つにつれて改善していった」
「右手首の方が気になる」

【施術】
この日は右手関節の施術に終始。


〈第3診〉’17年6月16日(初診の34日後)

【経過】
「右手首、右鼡径部共に日常生活で大きな支障はない」

【症状の確認】
「右鼡径部」
〈立位〉
前屈(-)
後屈(-)
側屈:右(-)左(-)
回旋:右(-)左(-)

あぐら(+)

〈仰臥位〉
パトリックテスト(+)

【施術】
右大腿筋膜張筋筋腹部にマッサージを施しましたが、パトリックテストでの痛みに変化はありませんでした。
次に、臀筋のストレッチを痛みが強烈に出ない程度に施したところ、パトリックテストでの痛みが無くなりました。
起き上がってもらいあぐらの姿勢を取ってもらうと、良くはなりましたが、まだ痛みが残ります。
片足でのスクワットをしてもらうと、左の方が動揺が大きかったので、普段から左脚で立って、筋力のアンバランスを改善するよう指示。
臀筋のストレッチを指導して、最後に伏臥位で頚肩背部に軽くマッサージを施して、施術を終了しました。

もし、左脚の筋力が向上して、左右のバランスが整っても鼡径部の痛みが取り切れない場合には、再度来院いただくようお願いしました。

あぐらができない右鼡径部痛 40代女性」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 2017年7月1日 | 【川崎市多摩区】えばと鍼灸マッサージ院

  2. ピンバック: 1か月続いた右手首の痛み 40代女性 | 【川崎市多摩区】えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です