月別アーカイブ: 2017年2月

B.LEAGUE B2「アースフレンズ東京Z対島根スサノオマジック」

略して「アスフレ対スサマジ」。

DSC_0390
島根のゆるキャラ・しまねっこも多数来場。
鹿児島の時とは異なり、島根のプレイに対する歓声もかなり聞こえました。

DSC_0393
来場者数も1,000人を越えたとか。

DSC_0416 DSC_0418
ガガ様のショーにも負けない「恋ダンス」by Zgirls featuring しまねっこ

動画も↓↓

さてポツポツ試合を振り返ります。

DSC_0421
後半から右肘にテーピングをしながらプレーの#7渡邊選手は、怪我の影響もあってかこの日はFGが2/9と揮わず。

DSC_0435 (2)
キャプテン高山選手の表情もいつにも増して苦しげ。

DSC_0477 (2)
THEアスフレな風景。

DSC_0481
大男同士の肉弾戦。

DSC_0480
DSC_0480 (2)
出場してないけどバッチリカメラ目線の#50マーシャル選手、あざーっす(笑)。

DSC_0510
ディオン君のこういう真面目な所、いいね!!!
で、実際この日のトータルリバウンドは脅威の16!!!でWW。

DSC_0468
島根は監督だけでなく、ベンチの#12寒竹選手も声を出し続けます。

DSC_0471 (2)
第3Qでの大学の後輩#1岡本選手のブザービーターの直後には、センターサークルまで出てくる気持ちの入り様。

DSC_0484

DSC_0497
場内も一時騒然の判定に吠える闘将小野監督と、タイムアウト中に反省会の審判団。

この日、私が一番印象に残ったのは、島根のバック・コート陣。
なんと全員170m台!
DSC_0483

中でも170cmでチーム最小の#1岡本飛竜選手!!!
DSC_0491

DSC_0398

DSC_0500
いつまで続けられるんだろうと思った、驚異的に重心が低いディフェンス!!!
もちろん最後までこの低さでした。

DSC_0424
低い!!!

DSC_0427
これには渡邊選手もたまらず横パスの場面も。

DSC_0517
第4Q途中から東京のPF高山選手とマッチアップした(と記憶している)PG#5山本エドワード選手も173cm。

DSC_0523
15cmもの身長差がありながら激しいディフェンスで高山選手に得点を許しません。

DSC_0407
聖地(指定席3,000円)からはすべすべさんを始めいつもの妨害があるものの、前半はFTを全て決められるいろんな意味で苦しい展開。

DSC_0408 (2)
ガッツリ肩を落として引き上げる聖地の住人達。
ちなみに私は平民なので下界(自由席2,000円)から撮影してます。

動画もアップされてました。

ちなみにオフィシャルのスタッツを確認したところ、前半島根のFTは3本とのこと。
余りの悔しさに2本は記憶がかき消されてしまっている模様(笑)。

試合後の「最後の所で精度の差が出た」との小野監督のコメントどおり、攻めの形は作りながらシュートを決めきれなかったアスフレ。
第3Q終了時には1点リードしていたものの、勝負の第4Qで16点差を付けられ西の雄に2連敗。

DSC_0532
インタビューで唇を噛む小野監督。

DSC_0545
WWの活躍だったディオン君。

DSC_0547
前半だけで3P三本を含む11得点の活躍で、叙々苑お食事券2万円をゲットした#1増子選手。
二の腕の太さ!!!

DSC_0543
池上通訳の訳に不満でも?(笑)

DSC_0570
敗戦後のハイタッチではさすがに笑顔もぎこちない高山キャップ。

☆本日のチアさん
DSC_0456 DSC_0457 DSC_0464
DSC_0461 (2) DSC_0507 (2)
観客席ですれ違ったら、意外と皆さん大きくてビックリ( ゚Д゚)

「リバプール2日目」マッチデイ試合開始まで

「リバプール1日目」チャリティートーク・ショー@アンフィールドからの続きです。

DSC_0212
建物に歴史があるせいかい、何気ない風景でも画になります。

DSC_0214
Liverpool town hall 公会堂みたいな所らしいです。

DSC_0217
前夜に遊び倒したERIC

DSC_0218
マシュー・ストリート昼間ver.。
ちなみにリバプールって日本で言うと金沢くらいの規模の町なんだそうです。

マッチデイのこの日はアンフィールドから徒歩1分の宿に泊まる予定だったので、必要な荷物だけリュックに詰めて、スーツケースはホテルに預けて、バスでスタジアムにゴー!!!
DSC_0223
1月にアーセナル戦を観に来た時にはまだ工事中だったメインスタンドも予定どおり完成。
ただし手前のスペースはまだまだ開発途中の様子。

DSC_0222
THE更地。

DSC_0353
泊まった宿がこちらThe Anfield B&B。
いわゆる民泊です。

どれくらいアンフィールドに近いかっていうと、宿を背にして立つとこんな感じでスタジアムが見えます。
DSC_0232
近っ!!!!!

試合まで時間があったので、スタジアム脇のスタンリー・パークをお散歩。
DSC_0293
DSC_0238
左奥に辛うじてグッディソン・パークが見えますね。
初めてアンフィールドとグッディソン・パークの距離を知った時は眩暈しそうでした。
ご存知ない方は、グーグル先生でご確認を!!!

DSC_0331
スタンリー・パーク自体は、ただ芝生が植わっているだけのだだっ広い公園です。
脇の方に遊具があったっけなぁ。

DSC_0345
公園から望むアンフィールド。
バカでかい屋根ですねぇ。

で当然ここはフットボール発祥の地、イングランドなので芝生の上では子供たちがサッカーに興じてます。DSC_0242

DSC_0247

DSC_0252

DSC_0263 (4)

DSC_0270 (3)

DSC_0299

DSC_0312

DSC_0320 (3)

DSC_0321

DSC_0324

DSC_0325
アグレッシブな女の子、

DSC_0341 (3)
と控え目な男の子。

DSC_0346
子供たちの練習も終了し(大人が試合を観たいから切り上げた可能性大)、人々も徐々にスタジアムへ。

「リバプール2日目」リバプール対レスター@アンフィールドに続く予定。

ヨコハマ・フットボール映画祭2017チャリティーフットサル

IMG_20170212_122837
絶好の日和@みなとみらいスポーツパーク。

DSC_0269
今回の映画祭でも上映されている『U-31』に出演されていて、ブラジル・3部リーグでのプレー経験もある松浦正太郎さん。
バッチリのカメラ目線、あざ~っす。彼の事が気になったそこのあなたはブログをチェフ、じゃなくてチェック!!!

一般参加者の休憩タイムには、松浦さんも参加の日体大FIELDS横浜vs日体大FIELDS横浜のエキシビジョンマッチ。
DSC_0252
DSC_0256 DSC_0262 (2)

DSC_0271

IMG_20170212_140550
チームメイトになった日体大の方と。
被り物は得点者の栄誉です。

20170212
全身完璧チェフのガチキチ・グーナーにして居酒屋バッカスの店長、樋口さんと。
樋口さんとはフットサル終了後、映画上映会場とその道中でこれまたガチキチ・グーナーのサルさんのブログネタを中心にプレミア・トークで盛り上がりました。

DSC_0301
イベント後は未来のなでしこジャパンとの握手会。

C4dlpCeVMAA5oqm
「はっ!!!」の掛け声と共に全体で記念撮影。

DSC_0299(2)
罰ゲームとんずら&『スナカリ』観覧者を除いた面々でモウいっちょ集合写真。

C4hAUUnVYAESGA_
イベント直後には『U-31』の谷監督と松浦さんから、上映会場でも日体大FIELDS横浜で当日いらした方からサインをゲッツ!!!

2日経ったのに、まだ脚が痛いんですけどぉ(笑)。

【16/17プレミア】リバプール対トッテナム・ホットスパー「完勝!!!」

年明けからリーグ戦での勝ちが無く5位まで順位を落としてしまった我がレッズと、直近のリーグ戦9試合負けなしで現在2位と好調なTOT。
いくら相性が良いとは言え、心配になってしまう一戦。
まずはスカッド↓↓↓。
C4ZdFCPWQAADRdL
前節からの変更はジャンをジニの1点のみ。
CBは前節も欠場だったロブレンはまだ間に合わずマティプとルーカス。体調不良だったクラバンがベンチに戻ってきてくれました。
この試合、スタメン選考で一番の注目を集めていたであろうGKは、前節激痛のポロリをしでかしてしまったミニョレが引き続き務めます。個人的にはかなり意外でした。
続きを読む

【16/17プレミア】ハル・シティ対リバプール「そのポロリは・・・。」

前節で首位チェルシーと引き分け、本番の最下位ハルとの大一番。
まずはスカッド。
C303CmeWQAAOVFu
ロブレンが膝の怪我、クラヴァンが体調不良のため欠場です。
マネ、コウチ、フィルミの3枚が久しぶりに揃いました。
続きを読む

【16/17プレミア】リバプール対チェルシー

首位チェルシーをアンフィールドに迎えての一戦はミッドウィークのナイトゲーム。
まずはスカッド↓↓
C3hVkgiW8AAe4_M
負傷で欠場が続いていたクライニーがスタメンに復帰。
FA杯4回戦でアーノルドまで休養させていたのは、カモフラージュだったのでしょうか?

一方の首位チームのスタメン。


右ウィングにペドロではなく、ウィリアンです。
続きを読む

B.LEAGUE B2「アースフレンズ東京Z対鹿児島レブナイズ」

家族の誘いで行ってきました、初B.LEAGUE@大田区総合体育館!!!

試合前・中はこちらの6名が息の合った動きで会場を盛り上げてくれます。
DSC_0094

エスコート・キッズを伴って全選手入場。
DSC_0098

ほどなくティップ・オフ。
DSC_0111

コアなファンが確実にいるようです。
DSC_0113

相手FTのお決まりらしいです。
DSC_0114

#14の腕の太さ!!!
DSC_0116

ここのマッチアップが一番面白かったです。
DSC_0119

DSC_0125
派手なプレーはほとんど無いけど、何故かコートインすると攻撃が活性化する印象が強い東京のキャプテン#35高山選手のディフェンス。

DSC_0134
実は大学を卒業したばかりの24歳なんです、東京の#5ディオン君(笑)。

前日の試合は東京が18点差で勝ったにもかかわらず、主力2人を欠いた影響もあってか接戦へ。
4Q4:46の#5ディオン選手のダンクで逆転すると、会場は大盛り上がり。
しかしそこから流れはなぜか鹿児島へ。
#2マーフィーと#39中薗に連続で3Pを決められ2:46で鹿児島5点リードに。
直後のタイムアウトから東京は#7渡邊を脚が止まった鹿児島の#41松崎とワンオンワンで勝負させます。
すると渡邊は1:59に3P、0:14に2Pと期待に応える活躍で東京は同点に追いつきます。
OTも東京は渡邊に鹿児島の松崎とのワンオンワンを仕掛けさせ、そこから作ったチャンスをものにして勝利を手にしました。
鹿児島は2:46から圧倒的なフィジカルを誇るインサイドの#14マドゥアバムにポストプレーを任せ、一本でもFTを決めれば勝利できたと思いますが、何故かインサイドを使わず3Pシュートやペイント外からのシュートを放っていました。

勝利インタビューに答える小野監督。
DSC_0148

インタビュアーの無茶振りに苦笑いの渡邊選手。
DSC_0162

米軍所属のお友達が観戦に来てくれたお陰かMOMと大活躍のディオン君。
DSC_0163

マッチスポンサーのお弁当屋さんからPS4がプレゼント。
DSC_0164

試合が接戦だったこともあってか、なかなか見応えのある試合だったと思いました。
NBAでのプレー経験がある千葉の富樫選手なんかどんなもんなんだろうな?と生で見てみたくなりました。