【16/17プレミア】リバプール対チェルシー

首位チェルシーをアンフィールドに迎えての一戦はミッドウィークのナイトゲーム。
まずはスカッド↓↓
C3hVkgiW8AAe4_M
負傷で欠場が続いていたクライニーがスタメンに復帰。
FA杯4回戦でアーノルドまで休養させていたのは、カモフラージュだったのでしょうか?

一方の首位チームのスタメン。


右ウィングにペドロではなく、ウィリアンです。

633192684
633196132
白熱必死の試合は開始前から断続的に雨が降る中での試合となりました。

開始早々、クライニーがマッチアップのアロンソに強烈なタックルを見舞います。

この日のレッズの布陣は守備時はいつもの4-3-3ですが、攻撃時はほとんど2-5-3のような形。
最終ラインは、マティプとロブレンの2CBに左SBのミルナーが入る形が基本で、クライニーは高めの位置取り、ヘンドも最終ラインまでは降りてきません。
CBの二人のミスが即失点につながるというリスクはあるものの、少しでも中盤を厚くして攻撃を活性化しようという狙いでしょうか?

レッズがボールを保持して敵陣内でのプレーが続く中、ブルーズにカウンターを喰らいます。
アザールに上手いこと体を使われて、エリア外で競ったララーナがファールを取られFKを与えてしまいます。
ウィリアンがボールをセットし、誰もがウィンガーのキックを予想していた次の瞬間、ダビド・ルイスがボールに向かって猛然とダッシュ。
633196634
633197728
インサイドで蹴られた無回転のボールが右ポストの内側に当たり、そのままネットに吸い込まれます。
クラッテンバーグが笛を鳴らしていたにもかかわらず、ボールから目を切っていたミニョレの動きを見逃さなかった強かなプレーでした。
ただでさえ守備が堅いチェルシー相手に痛過ぎる失点です。

翌日の2月いっぴから帰還するレジェンドからもきついコメントが。

個人的にはクロスを気にして背が大きくない選手が壁に入っていたのが気になります。

29分にもウィリアンに際どいFKを放り込まれるなど、セットプレーは要注意です。
レッズもセットプレーでは「変化を付けてからのファーへの放り込み」という、スタンフォードブリッジでも見せていたブルーズ守備陣の弱点を突いた攻撃を仕掛けます。
しかもこの日の兄貴が蹴るボールはスピード、コース共にいつも以上のクオリティです。

49分、レッズにビックチャンス。
自陣でボールを奪い、コウチが起点となってカウンターが発動。
最後はゴール前でフリーのフィルミーノにつながります。
しかし力んだのか、ダイレクトで叩いた右脚のシュートはクロスバーの遥か上を通過。

58分には好調チェルシーの唯一と言っていい弱点を突いた攻撃でゴールを奪います。
敵陣右サイドでララーナが打ったミドルの跳ね返りをヘンドがファーにクロス。
これをエリアまで駆け上がってモーゼスとアスピリクエタの緩いマークの裏を突いてフリーだった兄貴がヘッドで折り返すと、ディフレクトしたボールがこれまた中盤から駆け上がっていたジニが頭で叩き込みます。
633200752

633200322
633202960
633202780
シティ戦でのヘッドといい、大事な試合でいい仕事してますねぇ。

これにはミニョレのプレーにお冠だったレジェンドも大興奮。

しかしこの歓喜の瞬間に、テレビ画面には映らなかったものの、チェルシーサポーターがいるスタンドからビール瓶が投げ込まれていました。


ジニに直撃でもしてたら大変なことになっていたはずです。
最低最悪な行動です。

最終ラインまで下がらないものの、この日のヘンドは至る所に顔を出してピンチの目を摘み取ってくれました。

633199720
最終ラインの手前でコスタと競り合い、
633196654
左WBのアロンソと競り合ったかと思ったら、
633196822
ケーヒルにも襲い掛かります(セットプレー後かもしれませんけど)。

633197722
もちろんカンテとのマッチアップも抜かり無しです。

極め付けはペドロに最終ラインの裏に抜け出された時のこのスライディング。
633209936
633205998
ペドロに先着されていたら1点ものでったでしょう。

さてそのペドロが71分にアザールに代わって投入されると、ブルーズの狙いどおりペドロのスピードを活かしたカウンターを喰らう場面が増えます。

633204356
レッズも75分にコウチから前半のアップ時に左膝にアイシングらしきものを当てている姿が見え、ファンをヒヤヒヤさせたマネへのスイッチで攻撃の活性化を狙います。

この日何度も紙屑の如く競り合いで倒れ続けていたコスタがマティプに倒され(た様に見せかけて)、クラッテンバーグはPKの判定。
絶体絶命のピンチでしたが神ニョレ降臨!!!
633204134

C3h87WoW8AADm2W

コスタが蹴ったボールもショボかったですが、
633205498
失敗後に握手を求めてきたコスタをあしらったミニョを取り敢えず褒めておきましょう。

90分過ぎには自陣でカンテにボールを奪われペドロに際どいシュートを打たれますが、これは左にアウト。
直後、クラインからマネへの楔が通り、ループのパスをフィルミーノがゴール正面でヘッドしますが、クルトワの正面を突きます。

このまま試合終了。

633207032
試合後、我がボスはルイスと談笑。
スタンド下ならまだしも、ピッチ内でこんなことができちゃうあたり、肝っ玉が座ってるわ。

首位との差を縮めるチャンスを物にできなかったのは優勝を狙う上では痛手したが、久しぶりにエネルギッシュなレッズの試合を見れました。
次戦は鬼門の「最下位」ハルとのビックマッチ。
確実に勝って、熾烈なトップ4争いをリードしたいところです。

【16/17プレミア】リバプール対チェルシー」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【16/17プレミア】ハル・シティ対リバプール「そのポロリは・・・。」 | 【川崎市多摩区】えばと鍼灸マッサージ院

  2. ピンバック: 【16/17プレミア】リバプール対トッテナム・ホットスパー「完勝!!!」 | 【川崎市多摩区】えばと鍼灸マッサージ院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です